鎌倉 鶴岡神宮にて

今年2月、とても寒い日に鎌倉を散歩した。
過去ログ:如月 初雪 鎌倉散歩
c0128628_917236.jpg

そのとき案内してくれた友人が、晩秋の鎌倉散歩を
計画してくれたので、15日に出かけた。
その前日APEC会議が終了し、オバマさんら要人が
鎌倉を訪問したと聞いていたが、この日は、
のどかな秋の日。
c0128628_9175113.jpg

鶴岡八幡宮では、七五三の晴れ着を着た子どもたちを
見かけた。カメラを片手に、ご両親やおじいちゃん、
おばあちゃんが子どもにポーズをとらせている。
なかなかじっとしていない子どもたち・・・。
朱色の神宮の建造物や七五三の晴れ着、
大輪の菊の展示会・・・秋らしい風情です。


c0128628_9183635.jpg
八幡宮の
階段の下、
左わきには、
有名な大銀杏
があった。





















1219年、三代将軍源実朝が、その大銀杏の木の陰に隠れて
いた公卿に急襲されて落命したといういわくつきの銀杏。
樹齢800年~1000年と言われていた。

その大木が、今年3月10日のしっとりと水分を含んだ雪の
重みで倒れてしまった。老木の太い幹の一部は、洞になって
いたという。しかし、その後、幹の脇からひこばえが出て、
老木が蘇ったと、ニュースになった。

今は、幹のまわりに縄が張り巡らされ、“再生銀杏”は、
こんもりと葉を茂らせ順調に育っているように見えた。
人間だったら、こうは行かないだろうが、植物の再生力は、
本当にすばらしい!
c0128628_919577.jpg

鎌倉駅に行く細い路地には、昔ふうのものを商う商店
が並んでいた。これは、アンティークの着物を扱う店。
赤い七五三のおべべだろうか、田舎の男の子が
着たような絣模様の着物も店先に掛かっていた。
c0128628_9201672.jpg

神宮のヒノキの木にまとわりついたカズラの類。
c0128628_920435.jpg

この日、眼にしたいろいろな赤や朱色。
日本的な秋の色です。
[PR]
by tamayam2 | 2010-11-19 09:23 | たび | Comments(6)
Commented by tabikiti at 2010-11-19 09:53
6枚の写真で晩秋の鎌倉を散歩できました~


植物の生命力は本当にすごいですね。
私は何故か
朱・深緑・黒にとても日本を感じます^^

Commented by 寧夢 at 2010-11-19 12:25 x
いいですねえ、七五三。我が家は家族の一大事と重なって、
うやむやに終わらせてしまったのが心残りです。
きちんと着物を着せてあげたかったなあ・・・。

日本の赤、日本の秋・・・。
Commented by kawazukiyoshi at 2010-11-19 12:44
銀杏の樹が再生しているとは素晴らしい。
昔々の大昔に、大仏と一緒に見たことがあります。
植物はすごい。
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2010-11-19 15:17
◆ tabikiti つぁん、
鎌倉の秋の色を楽しんでいただけてよかった
です。>朱・深緑・黒にとても日本を感じます^^
お宮さんの朱色、深い緑、黒い縁取り・・・
日本の色ですね。
Commented by tamayam2 at 2010-11-19 15:20
◆寧夢さん、
ウチも実は、孫娘が三歳でした。アメリカで
貸衣装を借りて真似事をしたと・・・聞き、
赤面しました。本来なら、おばあちゃんが着物
など用意してやるのがスジだったのかもと。
そういう日本のシキタリにすっかり疎くなって
暮らしています。いいのよ。そのとき、そのときの
事情に応じてやれば。
Commented by tamayam2 at 2010-11-19 15:26
◆ kawazukiyoshi さん、
みんな一度は、大仏のお顔を拝顔したことが
あるのですね。"・・・美男におはす夏木立かな”
晶子でしたが、少し金属の継ぎ目にシミがみられ
やはり年相応にやつれられたかなと思いました。
大銀杏は、まだ小銀杏ですが、あと百年もすりゃ、
中銀杏ぐらいにはなるでしょう。
<< 長谷大仏 界隈 老人のヒゲ >>