秋の実いろいろ

紅葉や黄葉もうつくしいが、
秋の実を見ると豊かな気持ちになる。
c0128628_1911765.jpg

西洋でよく見たサンザシを、東京薬科大のキャンパスで
たくさん見た。いろいろな薬効があるのだろうなぁ。
サンザシ【山査木 バラ科 Cretaegus cuneata 中国原産】
c0128628_1911322.jpg

aamuiさん、これが、ヘビウリの実です。↓


c0128628_191299.jpg

長いものになると2mにもなるとか。

ぐにゃぐにゃになっていましたよ。

ユーモラスです。
食べた人のコメントによれば、たいしておいしいものではなかった
ようよ。ぅふふ。

c0128628_19133465.jpg

ナツメ【棗 クロウメモドキ科 Ziziphus jujube 中国原産】
リンネさんが命名したそうだが、まるで、判じ物!
ツィツィフス ジュジュべ・・・誠に変な名前である。

今年3月に台湾で、棗の実を食べた。青くて爽やかな果物だった。

女性の健康に良いと言われていて、中国人の友人から乾燥した
実をよくちょうだいする。韓国人の友人からは、高麗人参をいただく。
以前より、よほどくたびれて見えるのかしらん。
ま、年をとったのだから、難しいことは考えずにありがたくちょうだい
しておく。
c0128628_19142642.jpg

カラタチ【枳殻 ミカン科 Poncious trifoliata】
北原白秋の「からたちの花」が自然と口から出てきてしまう。
♪♪  からたちの花が咲いたよ
      白い白い花が咲いたよ
      (中略)

   からたちも秋はみのるよ
      まろいまろい金のたまだよ

   からたちのそばで泣いたよ
      みんなみんなやさしかったよ ♪♪

私の記憶では、大学そばの土手にこの実がなっていた。
今は、どうなっているだろうか・・・。
いままで出会った人々は、みんなみんなやさしかったよ・・・
ほんにその通りと、しみじみと歌ってみる。
c0128628_19175078.jpg
この蛾は
ホタルガ
と言う。






私がこれを見たのは、
驚くことなかれ、
池袋駅の近くのビルの壁。
ゆっくりと壁を這って
おりました。
食草は、
ヒサカキというから、
近くの神社か花屋さんから、
逃げ出した個体かもしれない。

頭が赤、体が白黒で
めちゃくちゃモダンな
ディザインだ。

昼間に活動する種類のガ。

西洋では、チョウとガを区別しない。私もどちらも興味対象なの
で今後とも区別をしないことにします。

大都会のド真ん中でこんなガに会えて非常にうれしかった。
ホタルガ【蛍蛾 マダラガ科 Pidorus atrtus】
[PR]
by tamayam2 | 2010-10-24 19:25 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by 寧夢 at 2010-10-24 22:05 x
実家に棗の木があるらしいのですが・・・私にはよくわからない。
老父が体にいいぞとくれたのですが、一体どこに?
ホタルガ・・・光るわけではないのですね。デザインでこの名?

さて、映し込みをアップしました。
(しばらくしたらやっぱり消そうかな・・・)
Commented by kawazukiyoshi at 2010-10-24 23:50
中央アジアで食べた棗は美味しかったですよ。
いまだに忘れられません。
少し元気になりましたよ。
でも
本当は眠いばかりです。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2010-10-25 14:51
◆寧夢さん、
ナツメの効能は、いろいろあるみたいですが、アジア
の方々が女性に良いとおっしゃるところを見ると、
婦人科の系統か、鎮静剤の効果があるのかもしれません。
ホタルガは光るわけではなく、全体の色合いがホタル
に似ているということのようです。写真の写り込み、
発見しましたよ(*^.^*)
Commented by tamayam2 at 2010-10-25 14:56
◆ kawazukiyoshi さん、
奥様がご自宅に戻られてほっとなさったことでしょう。
他のたくさんの皆様とともにご快癒をお祈りしており
ます。ナツメのような野趣あふれる果実は乾燥した土地
で、旅人の喉を潤してくれるのでしょう。
先生のお元気な声を聞けて、とてもうれしいです!
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-10-25 16:05
こんにちは
棗の名前はリンネさんが命名したのですか!
早口言葉によろしいですね。(笑)
乾燥したものしか知らなくて・・・

ヘビウリは迫力ありますね~
おしゃれなホタルガさんのお食事はヒサカキでしたか!
都会でも充分生きていけますね。
Commented by sumiko33m at 2010-10-25 20:14
こんばんは!
そちらも実ものが色々有りますね
でもやはり、こちらでは見かけない物が多いですね。
サンザシは初めて見ました、こちらには無いのかも?
Commented by あさこ at 2010-10-25 21:02 x
ご無沙汰していました。このブログ、ほんとに癒されます。赤が私の気を引くということは、今、私、激しい気分なのでしょうか。
Commented by tamayam2 at 2010-10-26 07:32
◆ kimiko_shibata1 さん、
リンネさんもお忙しかったのでしょう(笑)
いま、ウチのプランターのスミレに褄黒ヒョウモンの
幼虫がたかっています。冬の前に食べつくす勢いです。
スミレが無くなったらどうしようかと気をもんでいます。
蛹になってくれるといいのですが。
Commented by tamayam2 at 2010-10-26 07:35
◆ sumiko33m さん、
サンザシは寒いところでも育つと思いますが、きっと
大木なのかもしれません。ドイツでは、街路樹になって
いたり、生垣にもよく使われていました。北国ならでは
の紅葉、実もの、見たいですね。
Commented by tamayam2 at 2010-10-26 07:38
◆あさこさん、
まさに東奔西走中ですね。川越にはお祭りの広告を
見て行きたいと思っていましたが、今年も行きそびれ
ました。忙中閑あり・・・またバス旅行したいですね。
10月が終わろうとすると、バタバタと一年が過ぎ行く
感じになります。
<< 植物園と温室 ハローウィンの季節 >>