秋の野草たち

先月群馬県に行ったとき、野原でよく見かけたのは、
マルバルコウソウ
c0128628_17505064.jpg
 
小さいアサガオのような赤い花が目についた。
半ば野生化しているようで、周辺の草にからみついていた。
もしかしたら、ヤッカイ者扱いにされているのかも。
マルバルコウソウ【丸葉縷紅草 ヒルガオ科 Quamoclit coccinea】
c0128628_1753015.jpg

こちらは、植物園で見たルコウソウ
ルコウソウ【縷紅草 ヒルガオ科 Ipomoea quamoclit】
葉が羽のようで、涼しげ。花は、きれいな星型。
園芸植物としてマルバ~より、格が上そう。
縷」という漢字の意味は、細い糸だそうです。
理由を縷々(るる)述べるとか、一縷(いちる)の望みを託す などの
「縷」でした。
ぅわ~博識ぶって、はじゅかし(*^.^*)
c0128628_17543582.jpg

野原でよく見たホシアサガオ
ホシアサガオ【星朝顔 ヒルガオ科 Ipompea triloba】
この植物の左手前の葉が丸まっていますね。
中を確かめたわけではありませんが、中にはチョウの幼虫
が身をひそめているのかもしれません。日高 敏隆先生のご本を
読んだものですから、落ち葉の下、葉の裏などが気になって
しかたがありません。ある種のチョウは、葉がある内に幼虫を
蛹にするためいろいろなシェルターを考えます。

いつも不思議に思っていることですが、
昔よく見かけた蓑虫(ミノムシ)はどうしちゃったのでしょうかね。
私が植物観察を始めてから見たことがありません。

野菊のような秋の花々が、秋の野の主役です。
みな同じように見えますが、ちゃんと名前があります。
c0128628_17562297.jpg

ゴマナ【胡麻菜 キク科 Asterglehni var. hondoensis】↑入笠山
c0128628_17564061.jpg

シオン【紫苑 キク科 Tartarian aster】↑八王子市


c0128628_17574085.jpg
アキノノゲシ
平山城址
 八王子市
【秋の野芥子
キク科
Lactuca indica】













学名から見ると、上からホンデュラス、
モンゴル、インドが原産国
のようですね・・・
これらは、とても日本的な花
に見えますが。(^^♪h
c0128628_17591613.jpg

あっ、こんなところにアオガエルが!
彼らもそろそろ冬眠態勢に入りますね。
[PR]
by tamayam2 | 2010-10-19 18:03 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by tabikiti at 2010-10-19 18:12
マルバルコウソウ
近くの踏み切りで止まると、この花が車の窓から見えます。
可愛い花だけど名前が分からなかったんですが、あら不思議
グットタイミング~
野に咲く小さな花はササクレた心をふと和ませてくれます~^^

Commented by tamayam2 at 2010-10-19 18:50
◆ tabikiti つぁん、
good timingでしたね。名前がわからないと気になり
ます。名前がわかるとホッとしてちゃんとお付き合い
ができる感じです。名前は大事ですよね!
Commented by keicoco at 2010-10-19 22:26 x
ルコウソウは実家の玄関に這わせていました。母は近所の方がそばを通ると、種を差し上げたり、母と父が二階と下で、ひもを這わせたりしていました。父が亡くなる1年前にはそのひもを私が片づけたりもしました。この花を見たとたんに思い出しました。秋は何か物悲しくなります。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-10-20 07:21
おはようございます。
植物の和名について、ちょうど標高480mさまとお話ししたところです。
和名を調べる事は面白いですね。なかなか難しい所もありますが(オケラは昔、ウケラであって朮と書く・・・なんて)

なにやら幼虫の隠れ家のような丸まった葉が気になりますね。
そういえば今年の春は「落し文」を見かけませんでした。
とっても忙しかったので・・・・・
Commented by tamayam2 at 2010-10-20 17:12
◆ keicoco さん、
お久しぶりです!ご実家の玄関を飾っていたルコウソウ。
家庭があったときには気づかないことですが、その家庭
生活が過去のものになって追憶の中に生きるようになる
と、いっそう鮮やかに思い出されますね。小さい花です
が、懐かしい花です。
Commented by tamayam2 at 2010-10-20 17:18
◆ kimiko_shibata1 さん、
>オケラは昔、ウケラであって朮と書く・・・
こういうトリビアを考えるのが好きです。雑学ですが
時々ジグソーパズルのように、なんかパッと絵柄が
つながることがあるのです。ふふ
私もオトシブミを見なかったですね。このホシアサガオ
には、たくさんの丸まっている葉がついていました。

Commented by ふく at 2010-10-20 21:39 x
長女が小学校の時はまちょっきりといっていたのが
後ではまきちょっきりとわかったとき
妙に腑に落ちたことなど思い出しました。
Commented by aamui at 2010-10-20 23:20
るこうそうの漢字教えてくださりありがとうございます 瑠紅草
だと思っていました 立派な菊よりゴマナや小菊見たいな菊が秋を感じますね
Commented by tamayam2 at 2010-10-22 07:09
◆ふくさん、
ハマキチョッキリの仲間は、葉を1枚ではなく何枚も
巻くそうです。その中で幼虫が育つのですが、その
巻いたものを揺籃(ようらん)と言うようです。虫の
ゆりかごですね。♪ゆりかごの歌♪を思い出します。(^^♪
Commented by tamayam2 at 2010-10-22 07:13
◆aamuiさん、
漢字の世界は面白いですね。瑠の字は、瑠璃(青いガラス)
の意味のようです。小菊の種類はたくさんあって・・・
名前がわからないものもたくさんあります(汗)
<< オケラにもいろいろございますが・・・ スカイツリーが見える場所 >>