タテハモドキ

前回、~モドキという言葉について書きました。

そうそう、最近見た蝶の中に、タテハモドキという
視覚的にびっくりの蝶がいました!
何がびっくりだって?
一目見たらだれでも忘れられません。
ギョロ目がいっぱいついているのです。
c0128628_22213934.jpg

タテハモドキ【立羽擬 タテハチョウ科 Junonia almana】
英名 peacock pansy

c0128628_2222533.jpg

モデルにタテハチョウという蝶がいるのではなくて、
タテハチョウ科という科の中にこの蝶が属しているのです。
何がモドキなのだ!?
(この科に入れたくない何か深い事情があるのかな・・・)

目玉がびっくりの蝶にクジャクチョウというのがいます。
ちょうど、お彼岸のころ、ドイツでも、北海道でも
見たことがあります。

このようなギョロ目は、鳥に対して威嚇するためと言われて
いますが、人間だってドキッとします。
過去ログ:2008年9月 クジャクチョウ

チョウたちは、4日、多摩動物園の中にある昆虫生態園で撮った
ものです。タテハモドキと同様、本来は、先島諸島など南洋に住む
蝶ですが、そこまで行かなくても見られます。
この生態園では、一年中こうした蝶が飼育され、温室の中を
舞っているのです。
c0128628_22224356.jpg

スジグロカバマダラ【筋黒樺斑 タテハチョウ科 Salatura genutia】
これの親戚、オオカバマダラ(英名 Monarch )は、北アメリカから
メキシコまで渡りをする蝶として有名です。
過去ログ:2007年10月 オオカバマダラ
[PR]
by tamayam2 | 2010-10-07 18:17 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by tabikiti at 2010-10-07 19:20
此れだけのギョロ目だと驚きますね~

私も目が落ちそう、何て云われた事があるぐらいギョロ目ですが
負けました~^^
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-10-07 20:17
ギョロメにびっくり!面白い生物がいるのですね。
オオカバマダラは世代交代しながら渡りをしますね。
一度見てみたい光景です。
Commented by tamayam2 at 2010-10-07 22:08
◆ tabikiti さん、
はっは、私は tabikiti さんとご面識がありませんが、もし
お目にかかるとしたら、すぐわかりますね。ギョロ目の
方を探せばいいのね。(*^v^*)♪
Commented by tamayam2 at 2010-10-07 22:15
◆ kimiko_shibata1 さん、
どうやって長い旅路が可能になるのか。。。とても
とても不思議な話です。私も見てみたいです。
米国東海岸では、ごく普通に見られるチョウですが、
そのチョウがなぜ旅に出るのか???この生態園は
1967年の開園されたのですが、その6年前から
日高先生のご助言があって準備されてきたと読みました。
素晴らしいことです。
Commented by ふく at 2010-10-07 23:15 x
韃靼海峡を渡るんでしょうかね。
Commented by tamayam2 at 2010-10-08 08:48
◆ふくさん、
「てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った」・・・
 これが有名な一行詩ですね。韃靼海峡は間宮海峡の
 ことですから、ちょっと寒すぎるでしょう。
日本ならやはり台湾、沖縄~九州へ渡るのでしょう。(^^♪
Commented by nenemu8921 at 2010-10-08 20:14
こんばんわ。
すてきなモドキを見つけましたね。(^^♪
やはり、軽やかに、蝶のように……、おでかけ虫の成果ですね。
生態圏、行ってみたいなあ。




Commented by tamayam2 at 2010-10-10 09:24
◆ nenemu8921 さん、
東京の西端ですが、とてもいいところです。
ぜひお出かけください。本当は、植物だけに留めて
おくべきでしたが、このごろは、チョウWatchingも
忙しくなりまして・・・。nenemuさんからの良い
影響があると思いますよ。(^^♪
Commented at 2011-09-29 08:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-01 19:00
♡ HKHSSさん、
>くにある1本の木全部に蝶がぶら下がっていたのを偶然発見・・・
私なら、どんなに喜んだことでしょう。この蝶は、本当に偉い蝶です。
どうしてそういう習性があるのか・・・本当に不思議です。
デトロイトの近くの五大湖を渡るときには、風向きや風の強さなど
を見て渡るのが適当でないときには、じっと岸で待っているそう
です。日本では自然の状態で見かけることが少ないです。
蝶を見にアメリカに行きたいですよ。
<< 南国のチョウ キンモクセイの香りに誘われて >>