9月の終わりに 新宿御苑(1)

昨日29日、久しぶりの好天気に誘われ、新宿御苑に
ヒガンバナを見に出かけた。

今年は、ヒガンバナがお彼岸に間に合わなかったと
話題になったが、Blogでヒガンバナの画像がUp
され始めたので、こころ動いた。
c0128628_10331375.jpg

野原に自然に生えているヒガンバナ
チカラシバ、白ミズヒキ、ツユクサの見える茂み。
c0128628_10341294.jpg

赤い花のほかに白のヒガンバナも咲いていた。
秋の光の中ですくっと立っているこの花は、この世のもの
とは思われないほど妖しい。そして、すぐ姿を消す。
c0128628_10345385.jpg

もうすっかり花が枯れたアガパンサスカナブンが!
近くに寄ってさわって見ると、このカナブンはもう死んでいた。
c0128628_10353167.jpg

名残のアガパンサス
アガパンサス【 ユリ科 Agapanthus  南アフリカ原産】


c0128628_10365690.jpg
目の高さで
見られる
ヒマラヤ杉
下枝。













c0128628_10372467.jpg


















若い球果の撮影に熱中していたら、
「あら、これ何!?!」と、女性が叫んだ。
下を見ると、地面に落ちたヒマラヤ杉の葉が、
前夜の雨に流されとみえて、
自然の模様を描いていた。
めずらしい模様を、未知の方と眺めて楽しんだ。
c0128628_10381291.jpg

この日見たチョウは、たくさんあるが、
茂みの中で、
ジャノメチョウの仲間。
c0128628_10383746.jpg

イチョウの大木で休んでいたクロアゲハ
c0128628_1039376.jpg

ゴマのそばにいたハチ。
この季節は、ハチクモが大活躍だ。
by tamayam2 | 2010-09-30 08:52 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by 寧夢 at 2010-09-30 20:50 x
暑かった大阪も秋分の日から1週間遅れで彼岸花満開。
赤よりも、生物の時間に見せてもらった上
品な白の彼岸花が忘れられません。

田んぼにはスズメ避けの網がかけられるようになりました。
今日は一日涼しい雨の日でした。
あさっての土曜日は娘の運動会。その日はいい天気でありますように。
Commented by tamayam2 at 2010-10-01 09:31
◆寧夢さん、
大阪でも一週間遅れたのですか!真っ白や少しクリーム
色のヒガンバナも素敵ですね。こんなに派手なのに、
あっという間に姿を消してしまうのが、また不思議。
お嬢さんの運動会、楽しみですね。ウチのほうじゃ、
運動会を春にやっているようですが、やっぱり秋の
ほうが似合っているわ。二人三脚でいっしょに走るの?
Commented by Yozakura at 2010-10-01 17:46 x
tamayam2
 彼岸花は赤色に決まっている!----と思っていたのですが、「白い彼岸花」もあるんですね。驚きました。
 先月下旬は26日の日曜日、荒川沿いの土手の傍らで、あちこちに固まって咲いているのを見かけました。

 あの、地面からスット伸びあがった茎の先に花弁----と呼んでで宜しいのですか?----がガバッと群れて広がっているのを見ると、まるで文楽人形の頭のようで、「何時みても、絵になる花だ」と納得です。お元気で。
Commented by tamayam2 at 2010-10-02 08:22
◆Yozakuraさん、
>まるで文楽人形の頭のようで・・・そういう形容は
面白いです。言い得て妙ですね。荒川沿いにも
群生していましたか。私は、ヒガンバナが自然の
環境の中でワァーと咲いているのを見るのが好きです。
なかなか都会でそういう光景に出会えませんが・・・
<< 9月の終わりに 新宿御苑(2) 入笠山 >>