入笠山

入笠山(にゅうかさやま)1955mは、
山梨県富士見町と長野県伊那市にまたがる山。
17日、信州からの帰途、ロープウェイを利用し登ってみた。
ロープウェイを降りた地点がすでに1730mの湿原地帯。
(そこからの200mが本当の登山です)
c0128628_14333120.jpg

遠くに八ヶ岳の山々、富士山が見える。
この日は、白い夏の雲が山々の姿を覆っていた。
c0128628_14242135.jpg

ウメバチソウは、初めて見た湿原の花。
ウメバチソウ【梅鉢草 ユキノシタ科】


c0128628_14464732.jpg
これも
初見の花。
目立たない
花。


名前は
似ているが
イカリ草とは
別の花。

ハナイカリ
【花碇 
リンドウ科】















c0128628_14492582.jpg

写真 左:スジグロシロチョウ【シロチョウ科】
   右上:エゾリンドウ【リンドウ科】
   右下:クマザサの山道で見たキノコ

湿原にはノハラアザミ、エゾリンドウがいっぱい。
夏を惜しむかのように花々の間をチョウが舞う。
夏の終わりのチョウはゆったりしていて、逃げない。
c0128628_1428411.jpg

これは、ウラナミシジミ(下)チャバネセセリ(上)だろうか。
c0128628_14283838.jpg

山道の薄暗いところには、
キツリフネ【黄釣り舟 ツリフネソウ科】
c0128628_14353018.jpg

ホソバトリカブトが群生していた。
ホソバトリカブト【細葉鳥兜 キンポウゲ科 猛毒】

この山は、登山の人、野草を見に来る人のほか、
マウンテン・バイクで麓まで滑走する若者たちの人気スポット。

若者たちは山を、まるで大きな滑り台と思っているのか、
あっという間に、森の影に消えて行った。
[PR]
by tamayam2 | 2010-09-27 14:36 | たび | Comments(10)
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-09-27 16:06
こんにちは
入笠へ登られたのですね。あちこちから細かい道が通じている山です。
ウメバチソウがきれいですね。
西隣の諏訪大社御神体である守屋山へはたびたび登っているのですが、こちらはまだ・・・
花が多いと聞いています。

今年も週末守屋山でのきのこパーティーがあるのですが・・・・
Commented by echalotes at 2010-09-27 18:52
Tamayamさん、こんにちは♪
懐かしい山の名前が出てきましたね~。すがすがしい空と美しい花も懐かしく感じる!そうか、今はマウンテンバイクなるものも、山を走るんですね。
自転車の籠から離れない蝶は愛らしく、定点観察の銀座はどんどんカジュアルになっていくのだな~と思いながら拝見しました。
こちらは、秋は吹っ飛んで、冬になってしまったよう。魔法使いのおばあさんのようにいろいろ着込んで丸くなってます☆
Commented by nenemu8921 at 2010-09-27 23:09
tamayamさん、こんばんわ。
ウメバチソウ、よかったですね。かわいいでしょう。
賢治も、私も大好きな花です。
花びらが散った後も不思議な美しさがありますね。
Commented by tamayam2 at 2010-09-28 07:30
◆ kimiko_shibata1 さん、
夏バテなのか、このごろは高いお山は体力が・・・
ぶらぶら歩き程度ならなんとか。守屋山のほうへも
足を伸ばしてみたいです。キノコParty、いいですね。
茅野のスーパーでは、毎年秋になると、どのキノコが
食べられ、どのキノコが毒か、実物を展示しています。
まだキノコ狩りをしたことはありませんが・・(^^♪
Commented by tamayam2 at 2010-09-28 07:36
◆ echalotes さん、
え?
>秋は吹っ飛んで、冬になってしまったよう…
ヨーロッパは夏が短いのよね。夏の次が冬みたいですね。
echalotes さんの美しいニッティング、楽しみに拝見
しています。私は、どうやって目をこしらえていいのかも
知らない編み物オンチ。亡母の残した毛糸を今年は、
何とかせにゃ、と思っています。leg warmerとか、筒
または、四角いモチーフにでも挑戦したいなと思って
あなたのBlogを眺めているのよ。
Commented by tamayam2 at 2010-09-28 07:39
◆ nenemu8921 さん、
お帰りなさい。ぐんま昆虫の森を教えていただき、
よかったです。写真をUpしてほっとしています。
下の畑はいかが?やっと涼しくなり、ヤル気が出て
きました。本当にこの夏は、でれ~としていましたから。
Commented by school-t3 at 2010-09-28 22:05
こんばんは。
またこの記事を見に来ました。

娘婿はここによく行くようです。
彼の話から想像していた入笠山と
この記事の入笠山にギャップがあります(苦笑

お花が綺麗なんですね?
実は今年から、わたしも少し山野草を育てることにしました。
いくつか苗を買って庭の木陰に植えました。
ウメバチソウもあったのですが、
他は元気なのにこれだけが枯れてしまいました。
残念でなりません。
Commented by tamayam2 at 2010-09-29 08:08
◆ school-t3 さん、
おそらく、お婿さんは、スポーツをなさりに
入笠山へお出かけなんでしょう。この山は、スズラン
の時期になりますと、車の入山規制がされるほど、
人が集まるようです。湿原の花を見る良いところですよ。
ウメバチソウも湿原を好む花のようです。山野草は、
なかなか難しいわね。ハイビスカスローゼルについて、
下記のところにも出ていました。やはりアオイ科でした。
http://www.hana300.com/haibir.html
Commented by aamui at 2010-09-29 17:08
伊那で」よく聞いていましたが行ったことはありませんでした 私は高ボッチに連れて行ってもらいました
Commented by tamayam2 at 2010-09-30 10:44
◆ aamuiさん、
高ボッチは、私の行きたい山!よかったですね。
車で高いところまで行けるらしいし、植物がすばらしい
と聞いています。松本のしゃれたホテルから上高地にも
行けるのね。今日は、うって変わって雨。秋の日は
短いわね。
<< 9月の終わりに 新宿御苑(1) 敬老の日の銀ぶら >>