コノハチョウ

しばらくドイツ旅行の話が続きました。

先週15日に、群馬県桐生市にある ぐんま昆虫の森
行って来ました。
Blog仲間のイーハトーブ・ガーデンのnenemuさんが、
昆虫館ならここ、とお勧めいただいたリストの一つです。

前から行ってみたいと思っておりましたが、とうとう実現
できて本当にうれしいです。nenemuさん、ありがとう!

日本では、昆虫館と言えば、子供たちが好きな甲虫類(カブト虫の仲間)
に焦点が当てられ、夏休みはとくに、混雑する気配がしたので、
九月まで訪問を控えておりました。
c0128628_20444356.jpg

少し高いところに、落葉のようなモノが・・・あれ、怪しそう・・・
c0128628_20455100.jpg

しばらく見ていたら、羽を広げた。
したり、あれは、木の葉に擬態していると言われるコノハチョウでは
ないか。
c0128628_20454397.jpg

目が慣れてくると、あれ、ここにも!
c0128628_104367.jpg

水辺のそばの木に、羽をすっかり開いてリラックスしているお姿を
見つけた。

コノハチョウ【木の葉蝶 タテハチョウ科 Killima machus 】
台湾、沖縄などに生息。環境庁レッドデータ 準絶滅危惧(NT)


c0128628_20471455.jpg
このチョウは、
羽の一部が
破れていた。

夏の暑さも
あったし、
入館者も
多かったの
だろうか、

お疲れのご様子。










コノハチョウは、特定の葉を食べるというより、腐った果実、樹液などを
好むという。
c0128628_2048185.jpg

この昆虫館に入る前のアプローチで見たガガイモの茂み。
ガガイモは、チョウが好む食草の一つ。

私の頭も、すでにチョウの頭になってしまったのか・・・・
食草になりそうな植物には目ざとくなった。
c0128628_20485926.jpg

ガガイモの実は、トウワタと同じように、はぜると綿を吹く。
ガガイモ【ガガイモ科 Metaphexis japonica ( Thunb.) Makino】
[PR]
by tamayam2 | 2010-09-19 20:51 | たび | Comments(12)
Commented by ふく at 2010-09-19 22:34 x
まさにわくらば(病葉?)の風情
虫食いありといったところですね。
昆虫みたいに眼やら鼻やらが効くようになった
tamayam2さん
いろんなものを見せてくださいね。
ガガイモの実も大きなさなぎとまちがえそう。
なにがなにやら、楽しい混乱です。















Commented by tabikiti at 2010-09-20 12:18
木の葉蝶
始めてみました。
内と外の模様(どちらが内で外かも分からないのです)が対照的ですね。
水前寺清子さんの ♪ボロは着てても心は錦~♪
ナンテ口ずさんでしまいました^^
Commented by tamayam2 at 2010-09-20 18:54
◆ふくさん、
やっと涼風が吹いてきました。ワクラバ(病葉)という
言葉がありましたね。昆虫館の中の葉は、だいたいが
齧られてボロボロです〔笑〕虫や花ばかり
追っかけていると、人間界のことに疎くなります。
これじゃ、あきまへんなぁ。
Commented by tamayam2 at 2010-09-20 18:58
◆ tabikiti さん、
そう言えば、>♪ボロは着てても心は錦~♪・・・と
いう歌がありましたね。昆虫館を紹介してくれた
nenemuさんは、このチョウを見て、上着は、地味
だけど、インナーは派手とおっしゃっていました。
上着、インナーそういう表現は、おかしいですネ。
でも、よくわかりますよね。(^^♪
Commented by bella8 at 2010-09-21 17:18
tamayamさん、今日はどうも!
木の葉蝶、一度自然教育園で撮ったことがあります。
たまたま、友人のFさんが教え下さったのでわかったものの、
教えてもらわなかったら絶対にわかりませんでしたね。
全く木の葉と同化していましたから。

珍しい蝶をいろいろ見せてくださって、ありがとうございます!\(^O^)/

Commented by aamui at 2010-09-21 19:13
インナーが派手!ほんと江戸の男子の羽裏の心意気ですね
Commented by sumiko33m at 2010-09-21 20:51
こんばんは!
木の葉蝶、本当に枯れ葉と見間違いますね
でも羽を広げるとべっ甲の様に綺麗ですね
色々擬態する仲間が沢山居ますよね
>ガガイモは、チョウが好む食草の一つ。
そうなのですか、ガガイモはこちらでも沢山見かけます。
Commented by 寧夢 at 2010-09-22 06:45 x
実家の庭では例年に無いタテハ蝶の多さに目を見張ります。
家庭菜園にはそんなに美味しい草が揃っているのでしょうか。
ここに、道路や電車が来る前は、静かな田舎で、蓑虫がぶら下がり、
ななふしや木の葉蝶も見ることができましたが、最近ではトンと・・・。
それにしても暑さのせいか、アゲハチョウもいつもより多かったような。
Commented by tamayam2 at 2010-09-22 07:54
◆ bella8 さん、
へ~、自然教育園にもいるんですね。ご友人のFさん
とは写真の方ですね。都会の中のオアシスですから
そういう生き物がいてもおかしくありません。
あまり手を掛けすぎない点も気に入っています。
秋になったら(まだまだ秋とは言えませんね)
どこかにご一緒しましょう。
Commented by tamayam2 at 2010-09-22 07:57
◆ aamui さん、
江戸っ子は、着物の裏地に凝ったのね(笑)
このチョウからもそういう心意気を感じましたよ。
Myジャガーでどこにでも出かける aamui さん、
あなたの勇気と行動力に敬服します。
Commented by tamayam2 at 2010-09-22 08:02
◆ sumiko33m さん、ほっかいどうの野草や昆虫を
きれいな写真で見せていただきありがとうございます。
東京は、あの暑さで街路樹や植え込みなどの一部
が気の毒なことになっています。自然の回復力を
信じつつ・・・。ガガイモ科の植物は、何となく
気になる植物です。匂いで虫をおびき寄せたり、
戦略をもっているようです。一筋縄ではいかない
クセがある植物です。ふふ
ね。
Commented by tamayam2 at 2010-09-22 08:07
◆寧夢 さん、
私も同じように感じています。タテハ蝶やアゲハ
が多いような。アサギマダラは今年は、信州で
見かけませんでした。家庭菜園には、虫たちに
とって魅力的なものが一杯でしょう・・・我々
には、よくわからないけど・・・。蓑虫と言えば、
一生懸命に探しているのですが、全然見つけられ
ません。とても不思議に思っていることの一つです。
<< 自転車に乗るチョウ ドイツの窓枠と鍵のはなし ふたたび >>