戸口と窓辺について

戸口と窓辺に関して・・・ドイツの町々の点描です。


c0128628_5155151.jpg

ちょっと見にくいかもしれません。

ピンクのドア枠上部に、
17*I*H*S*08
記されており、

その下の扉上部に白いチョークで、
20*C*M*B*10
記されております。

これは、ドイツの家でよく見られる印なのですが、
上のものは、1708年(日本では元禄時代)にこの家が建てられ、
ラテン語、I*H*S  In hoc salus (この十字架の下に救いあり)
という文字が、1708年の17と08の間に挟みこまれています。

下のものは、今年の公現節に教会にお祈りをしてもらった家の印、
チョークで書かれています。
(教会に献金もしたでしょうから、領収書の意味もあるのでしょうか)

C*M*Bは、Christus Manshionem Benedicat(神、この家に住み給へ)略語。
2010年の、20と10の間にC*M*Bを挟みこみ、
一年の神のご加護を祈る言葉です。
チョークの文字は、一年間消さないでおきます。

  過去ログ:2006年2月 謎の数式?
c0128628_5223997.jpg

これは、かつては、納屋か厩の戸口であったようです。
同じような謎の数式のチョークがかすかに読めます。

ヨーロッパの住宅のドアや窓は、なかなか赴きがあり、
写真を撮る者にとっては、魅惑的な被写体です。
(数多く撮るわりには、いいものが少ないのですが)


c0128628_5234393.jpg
←この写真、
右のドアの上に
謎の数式が
認められます。








ドアの上部には、聖母マリアの像が見えますね。
300年前のご先祖は、さだめし信仰深い方だったのでしょう。
この地方(バーバリアン地方)は、カトリックが多いのです。



c0128628_5241955.jpg
肉屋さんは、
Metzgereiと
いうのですが、
しっかり牛の
マークです。



文盲が大半を
占める中世の
世界では、
絵文字が大活躍
したはずです。








こういう店に入って、自家製ソーセージを何組か(ソーセージは2本で1組)、
ハムを数枚切ってもらって、ワインのツマミにするのは最高です。

c0128628_5244311.jpg

窓辺を飾るカーテンは、特に上等なものではありませんが、
住む人のセンスがうかがえます。子供のいる家でしょうか。
c0128628_5252318.jpg

窓辺の花は、ゼラニウムやペチュニアが主流です。
ときには、ブドウやノウゼンカズラのような蔓草が、窓辺を
華やかに彩ることもあります。
c0128628_5255351.jpg


どんな人が住んでいて、どんな暮らしがあるのでしょう。
みなそれぞれに個性的で、住む人が外の人に向けて、
Willkommen (どうぞ、お入りなさい) のメッセージを
伝えています。
c0128628_5262498.jpg


カーテンのある小窓、花のある窓とノウゼンカズラが絡みついた家の窓は、
上部が内側にスライドしていますね。この日はちょっと暑かったのです。

ドイツの窓は、きっちり閉めるか、全開か、上部だけ開けて
風を通すか・・・の三種類あります。日本には無い特殊な金具が窓枠に
装着されていて、ノブの角度で3種の開け方ができるようになっています。

Tamayam2が日本でもぜひほしいものが、この窓枠です。
もの作り大国日本。ヨーロッパ式古典的窓の開閉問題を
研究して、ぜひ製品化してほしいです。

外から見られたくないが、ちょっと風を入れたい時、
この上部スライド式は非常に便利です。
by tamayam2 | 2010-09-11 05:37 | たび | Comments(17)
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-09-11 08:01
おはようございます。
こうした人々の暮らしが拝見できるブログは楽しみです。
事後承諾ですが、ベルリーナとMetzgereiの画像をいただきました。
ちょうどドイツの食文化を調べている生徒がおりましてこれらの記事とともに伝えてやりたいのです。

扉にもそれぞれの個性があって街並み散歩が楽しいですね。
新しい物も必要でそれなりに良いものですが、歴史ある扉を大切に後世に伝えているのは素晴らしいですね。

窓枠の工夫は是非とも日本に取り入れてほしいですね。
Commented by 寧夢 at 2010-09-11 11:06 x
昔、犬養道子さんだったでしょうか、ドイツの窓をほめていましたよね。
隙間風が入らず、しっかりした作りで、色々な開け方を楽しめる、
開ける角度のことも話していたでしょうか。

ヨーロッパはどこもかしこも絵になって、フィルムカメラの時は、
貴重なフィルムを使って撮ったものの、
思うようなできのものは少なく・・・。

窓の花、出入り口、看板、どれもこれも懐かしいです。
観光地ならずとも、見て歩く楽しみはここかしこ、でした。
Commented by keicoco at 2010-09-11 18:26 x
窓の文字にそのような意味があったのですか、知りませんでした。
芳州先生も知らないと思います。
この記事をコピーして、見せます。
そして以前撮った写真を見てみますね。
貴重な情報、ありがとうございます。
Commented by tamayam2 at 2010-09-11 20:24
◆kimiko_shibata1 さん、
ドイツの食事情を調べている学生さんに、お役に
立ちますなら、どうぞ。ドイツには、四季おりおり
食べる懐かしい味があります。先ほど、友人から
来たメールによりますと、ブドウ酒の新酒ができた
ので友人と飲んだそうです。ドブロクというのでしょう
か、まだ発酵途上にあるワインです。甘いジュースの
ようなものですが、結構酔います。そして、その
Federweissと付き物は、玉ねぎのパイです。新玉ねぎ
がたっぷり入っているパイ。季節限定の食べ物です。
Shibataさまと私、同業みたいですよ(笑)
Commented by tamayam2 at 2010-09-11 20:33
◆寧夢さん、私もどこかでドイツの窓の図解つき文章
を読んだことがあると思っていました。本棚をひっくり
返したら、犬養道子さんの「ラインの川辺」中公文庫
でした。ドイツ人は、昔から時計、鍵等の精巧な細工が
お家芸ですが、窓枠の技術は世界一と思います。
私がドイツから持って帰りたかったものです。日本人も
江戸時代から和鍵の技術をもっており、閂(かんぬき)
錠前など制作は刀鍛冶屋の縄張りだったのかしら。
Commented by tamayam2 at 2010-09-11 20:38
◆ keicoco さん、
川上村の暮らしを楽しく拝見しております。来週ヒマ
を見つけて蓼科方面へ出かける予定です。クマが出た
とか出そうとか噂が伝わってきております。
さて、この種のドイツの瑣末情報がお役に立ててうれしい
です。何度も目にして、周囲に聞きまくって、変な
ガイジンとうるさがられて・・・。知っていれば目に
入ってきますが、知らないと見落としてしまうような
情報です。先生にもどうぞおよろしく。
Commented by kawazukiyoshi at 2010-09-11 23:53
ちょとした心配りをしたものは、本当に良いですね。
さりげなく。
今日もスマイル
Commented by nenemu8921 at 2010-09-12 02:51
こんばんわ。tamayamさん。面白いわね。
それぞれのライフスタイルやこだわり、興味深いです。
写真もすてきです。
ブドウおいしそうです(^_-)-☆
ノウゼンカズラもワイルドでいいわねえ。
Commented by tamayam2 at 2010-09-12 09:51
◆ kawazukiyoshi さん、
台湾での楽しい旧友との再会、よかったですね。
ドイツの田舎は、日本よりゆったりしています
ので、窓辺の風景も味わい深いです。
Commented by tamayam2 at 2010-09-12 09:55
◆ nenemu8921 さん、
あなた、このごろ昆虫写真家にならはったの?
本当にすごいです。虫の好きな私は、ドキドキ
していますよ。日本のfieldには、このところちょっと
お邪魔していないので・・・ドイツモノのネタで
しのいでいます。涼しくなったら出かけま~す。
Commented by kanmyougama at 2010-09-12 11:39
「戸口」・・・「木戸・」・・・木戸口・・・・・聞きなれなくなった言葉で懐かしいです。
生活の会話で<戸口>は聞かれなくなりました。
僕だけが感じるのだろうか。
建物の様式・生活様式が変わってきたのかもしれませんね。
木戸の扉の表示や網紐など見ていると年の変わり目に地方地方で
注連縄が違うように歴史を感じます。
大事に残しておきたいですね。
「戸口」の感覚も残したい。
ブドウもいいですね・・。・・山葡萄の系統?



Commented by ふく at 2010-09-12 14:25 x
今次男がドイツを旅行中。
彼女さんに案内されてると思うんだけど
どこを歩いてるか不明。
ほんとに男の子って。
Commented by pfaelzerwein at 2010-09-12 16:59
下の数字は毎年一月六日の「三博士」の木戸つけに遣ってくる子供たちが書いてくれます。
Commented by tamayam2 at 2010-09-13 09:03
◆ kanmyougama さん、
そうですね。戸口などという言葉は、あまり最近
聞きませんね。炉辺、軒端、勝手口、床の間・・・
そういうものが住宅から消えると言葉も消えますね。
注連縄(しめなわ)などという字も通じないかも。
そろそろ夏の収穫期でしょうか。東京は、まだまだ
残暑が続いています。
Commented by tamayam2 at 2010-09-13 09:05
◆ふくさん、
いいですね。若い人は。きっと一回り大きくなって
戻ってきますよ。彼女は、ドイツ人?
Commented by tamayam2 at 2010-09-13 09:14
◆ pfaelzerwein さん、
木戸つけ・・・と言う言葉もなんだか懐かしい言葉。
1月6日は公現節(Epiphanias)ですね。三人の博士は、
ドイツでは三人の王のような位の高い人のようですね。
pfaelzerwein のお宅にも来ますか?祝福を受けたら、
献金をするのでしょうか?子供たちが書いてくれる
とは・・・!教えてくださってありがとうございました。
Commented at 2012-04-20 12:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ドイツの窓枠と鍵のはなし ふたたび ドイツで見た野草とチョウ >>