ロンドンざっと一巡り

ロンドンでは、オイスター・カードという交通カードを入手。
おかげで、地下鉄、二階建てバスなどの公共交通がフル使えた。
(さも「ロンドンに慣れております」という顔をして・・・
このカードが無けりゃお手上げだ!)


    過去ログ:ロンドンにてオイスターカード
地下鉄の路線はいろいろあるが、色分けされており、
westband(西方面)とか、 eastband(東方面)とかしっかり
明記してあるので、町のおおよその地図が頭に入っておれば、
乗換えは簡単だ。
今回、”後期高齢者”に同道して感じたことは、
 ●トイレが各駅にないこと、
 ●エスカレーターやエレベータの無い駅もある。
   バリヤ・フリーの駅は全体の三分の二ほど。
 ●車両や駅の通路が意外にも狭いこと。

なにもかも博物館入りのように古びた施設であるのに、
ロンドン子は眉一つ動かさず、器用に使いこなしている。
私も眉一つ動かさず、案内役をつとめたが、
内心はひやひやものだった。

電車に乗り合わせた色々な肌の色の人々。
多くの移民を抱えている大都市。
説明の言葉は、シンプルでわかりやすい。そうしなけりゃ、
非英語国民に、きちんと意図が伝わらないもの。
c0128628_053062.jpg

大英博物館のある通りRussel通りの店。
店のひさしに当たる場所に、ペチュニアの花がいっぱい。
c0128628_055915.jpg

このカード屋さんのひさしにも花かごが!
どうやって水やりをするんだろうか。
c0128628_01556100.jpg

こういうパブでstout(黒ビール)を一杯やりたい気が
したのだが、同行者が、

「午後5時前にはアルコール飲料は摂取しないことにしている」 
と、至極まともなことを言うので、あきらめた。

c0128628_082554.jpg

Oxford通りは一般車は締め出され、赤い二階建てバスがひしめく
ように走っていた。
角にある雨傘とステッキの老舗。
細身の雨傘をもって歩くのは、イギリス紳士のたしなみなのか。
足の悪い、ステッキをもった老人もよく見かけたから、需要が
あるのだろう。

移民と老人がよく目についたロンドンの町。
下町はごちゃごちゃしているが、町の中央にまるで森のような
広い公園があるのが素晴らしい。
c0128628_09211.jpg

我々のホテルは、ハイド・パークの近くだった。
夕食が終わった夜8時過ぎ、そぞろ歩きを楽しんだ。
人工池の周りには、ハクチョウやカモなどに餌をやる子供。
故ダイアナさんが、よくジョギングしたというダイアナ・ウォーク
をたどりながらホテルに帰った。
c0128628_092215.jpg

ホテルのそばの住宅の垣根でみた深いブルーのアサガオ。
Blog仲間のtoti51さんによれば、西洋種のアサガオは、温度が
28度以下にならないと、花を咲かせないとか。

連日30度以上を記録する日本では、この種のアサガオは
秋の花に分類されるんでしょうね。
by tamayam2 | 2010-08-28 00:19 | たび | Comments(9)
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-08-28 07:42
おはようございます。
ロンドン、どこを写しても絵になりますね~
(もちろんtamayamさまの感性を通して・・・)
素敵な風景の中、お二人は腕を組んで・・・?いいなぁ~!

ヘブンリーブルーはたしかにこれからの朝顔

トイレ事情やエスカレーター事情、・・・足が弱いと駄目ですね。地方の私たちは車生活なので都会人より足が弱いのです。トレーニングしておかないと旅も楽しめませんね。
Commented by ふく at 2010-08-28 09:12 x
ホームの壁から出入りする少年やワトソン先生ジェーンさんお気に入りのキャラクターがひょっと出てきそうね(これは昨日の分)。人工池にも白鳥なんてうーん侮れない。お帰りなさい。また楽しみに読んでます。
Commented by tamayam2 at 2010-08-29 00:33
◆ kimiko_shibata1 さん、
ヨーロッパを旅しますと、(庶民的な旅行ですから)
ともかく歩きます。つくづく足が丈夫でないとなぁ~
と思います。バリアフリーという観点から言うと、
英国は遅れていますよ。友人とシャワー・トイレット
の話になったのですが、そういうものもありません。
素朴なものです。日本は公共の場所にも最新式便器が
取り付けられていて、感心するばかりです。(^^♪
Commented by tamayam2 at 2010-08-29 00:39
◆ふくさん、
はは、ハリーポッターの世界ですね。地下鉄は
薄暗い狭い通路もたくさんありますから、壁から
ふっと少年が出入りするイメージは、たしかに
ありますね。お化けが好きな国民だし・・・古臭い
ものも多いのですが、公共のものの使い方の原則が
わかり易く、私のような異邦人にも使いいいのが
うれしいです。東京の交通は外国人には、けっこう
複雑と思います。営団系や都営系があったり、乗り換え
方法など。
Commented by aamui at 2010-08-31 07:07
イギリスの町の色々な花々ほんとにどこもよく手入れがされていて どうやっているのかとても知りたかったです ホテルでは朝早く長い棹のようなホースで水撒きをしていて 納得しました
誰も見ていないときに努力をしているのですね(@_@)
Commented by tamayam2 at 2010-09-02 02:03
◆ aamui さん、
生の花々が町を飾っているって、本当にぜいたくな
感じ!わが町のプラスティックのサクラやモミジ。。。
止めてくれぇ~と・・・言いたいけど、水遣りの労苦
は誰がする?このごろの暑さで、町中の植物が悲鳴を
あげているように感じます。早く一雨、来てくれ!!
Commented at 2011-10-02 10:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-10-10 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-17 09:49
♡ HKHSSさん、
過去ログのコメントは見落としやすいので、失礼しました。
このところちょっと忙しくしていてなかなかPCの前に座れません
でした。この杖と傘の専門店は、有名な店だったのですね。
あなたがご主人のお土産の杖を買われた店だったとは!
やはり、英語国だと、意志を伝えることができて、私もほっと
します。フランス語はできないし、ドイツ語は、上手ではないので
英語だけが頼りですよ(笑)
<< ドイツの町(1)リンブルグ a... ロンドン経由、ケルン行き >>