ロンドン経由、ケルン行き

昨夜25日、ヨーロッパから帰国しました。
ロンドン経由でケルンへ行ってきました。

ドイツのケルンに行きたければ、フランクフルトで
飛行機を降りるのが、一般的なのですが、
鉄道好きの家人のために、ちょっと寄り道して
(わざと複雑な方法で)
ケルンに行くことにしたのです。

5月の連休の休みにWeb-siteでいろいろ調べていたら、
欧州の鉄道の切符は、たいていOn-lineで購入でき、
クレジットカードで決済すれば、切符を日本まで
郵送してくれることがわかったのです。

それではと、成田→ロンドン→ブリュッセル→ケルンという
コースで、On-lineで切符を注文してみました。
参考までに値段を言いますと、

(60歳以上のシニア料金 1人分)
London→Bruxelles  55ユーロ(6,325円)Euro-Star
Bruxelles →Cologne 34ユーロ(3,910円)Thalys
注文を確定して本物の切符が届くまで10日ぐらいでしたか・・・。

2007年にTamayam2が初めてユーロ・スターに乗ったときには、
1ユーロ160.2円ほど、それが、今は107円!
すごい円高であることを実感します。
        過去ログ:ユーロ・スターでロンドンへ
ドーヴァー海峡を海底トンネルで、英仏間を約20分で
結びます。イギリスは大陸と陸続きになることを、
ずっと拒み続けてきたのですが、ついに大勢の要望に折れ、
1994年に海底を通る鉄道(ユーロ・スター)が開通しました。
c0128628_1143385.jpg

英国はEUの一員ですが、通貨はユーロ(€)ではなく、
従来からのポンド(£)を使用しています。
どうしても一線を画しておきたいわけですね。

ちなみにポンドも円に対して非常に弱くなり、
現在1ポンド=131円。3年前は、234円ぐらいだったの
です。ロンドンでは2泊し、地下鉄でいろいろな所を
巡りました。
c0128628_1152857.jpg

Baker Streetは子供のころコナン・ドイルの探偵小説を
読まれた方なら、おなじみの、あのシャーロック・ホームズの
家(架空)があった場所。地下鉄駅のタイルの壁も、
シャーロック・ホームズのパイプ姿がいっぱい。
c0128628_1161180.jpg

3年前は、ユーロ・スター国際列車は、下町のウォタールー駅
から発着しました。初めて上陸する者に威圧感を与えるような
古びた駅舎だったのですが、最近は、北東のキングス・クロス駅に
隣接するセント・パンクラス駅に移りました。

行ってみて驚いたことに、すばらしく機能的、美しい駅でした。
洒落たカフェーもあるし、Marks & Spencerスーパーもあり、
大陸横断列車の発着駅としてふさわしい貫禄が感じられます。


c0128628_1171199.jpg
上階にオイスター・
バーがあった
ようですが、
残念なことに
そこには、
立ち寄らず、
列車に乗り込み
ました。








英国を出るとき
簡単なパスポート・
チェックがあっただけで、
荷物検査はなし。
EU間の移動は
じつに簡単です。
c0128628_1181652.jpg

英国からフランスに入国し、ブリュッセル(ベルギー)
で下車(地図上の赤い線)、
タリスというフランスの特急に乗り換えて、ドイツに入り、
ケルンまで(地図上の青い線)・・・
4時間あまりの鉄道の旅を楽しむことができました。
by tamayam2 | 2010-08-27 01:22 | たび | Comments(16)
Commented by credenza at 2010-08-27 01:44
おかえりなさい。

すっかりご無沙汰しております。ケルンにいらっしゃったのですね。久しぶりの里帰り?はいかがでしたか?

ロンドンーブリュッセル間のユーロスター、そこから先のタリス、いずれも良く乗りました。

こうやって地図を見てみると、ブリュッセルって本当にケルンとそれ程離れていませんね。あちらで機会を捉えてお目にかかっておけばよかった、と改めて思いました。
Commented by 寧夢 at 2010-08-27 07:08 x
お帰りなさい。ロンドンからパリまでしか乗ったことが無いので、
(それだけでも当時物凄く感激したのですが)
ケルンまで4時間の旅、凄いなあと改めて思います。
(ドーバーをホバークラフトで渡った時代も知っているだけに)

旅行記の続き、楽しみに待ってまーす。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-08-27 07:39
お帰りなさい!
身軽なtamayam2さまにつれられてのよーロッパの旅の始まり!
ワクワクです。
ホームズやルパンに夢中になっていた時代もありました。
鉄道の旅ときくとアガサやポアロも思い出します。
優雅な旅です。
イギリスといいますとヒースの丘にも行ってみたいのですが・・・

地図を添付してくださってはっきりとします。ご配慮感謝。
Commented by asako at 2010-08-27 10:50 x
おかえりなさい! 旅行記と、ヨーロッパの写真、楽しみにしています。
Commented by sumiko33m at 2010-08-27 20:33
おかえりなさい!
素晴らしい旅をされましたね
鉄道の旅大好きですが、私は外国の長距離列車は
乗ったことがなくて、憧れます。
私も旅行記楽しみにしています。
Commented by tamayam2 at 2010-08-28 00:38
◆ credenza さん、
本当にお久しぶりです。ケルンにいたときには、
お近くにいたわけですが、旅情報、文化情報、
Blogを通じていろいろ教えていただけ助かりました。
車があれば、気軽にお訪ねしたでしょうに・・・
車が無い生活のおかげで鉄道ファンになってしまい
ました。欧州の鉄道は本当に快適。あっという間に
国境を越えてしまうのでドラマティックです。お声
を聞けて懐かしかったです(*^.^*)
Commented by tamayam2 at 2010-08-28 00:42
◆寧夢 さん、
寧夢 さんも私と同様、乗り物好き、移動好き人間
ですね。ドーヴァー海峡をホーバークラフトで渡った
とは・・・一昔前のお話ではありませんか。
私は、Euro-starのこと友人が教えてくれるまで
全然知りませんでした。青函トンネルとか関門トンネル
とか、子供時代ワクワクした覚えがありますから、
今だにロマンを感じるのです。ふふ
Commented by tamayam2 at 2010-08-28 00:53
◆ kimiko_shibata1 さん、
>ヒースの丘にも行ってみたいのですが・・・
そう、イギリスと言えば、ヒースですね。
今回の旅行では、植物関連は、あきらめ市内観光
専一でした。Kew Garden、Chelsea Physic Garden
など行けば、きっと初秋の花々が見られたでしょう。
以前一人で行ったところですが、今回は話し相手も
あり、よかったです。独り旅もよし、道連れありも
またよしです。




Commented by tamayam2 at 2010-08-28 00:57
◆あさこさん、
残暑ですねえ。帰国すれば、ちぃーとは涼しくなって
いるだろうと考えたのは、浅はかでした。
手作り旅行ですが、手作りの無骨さと心地よさがあり、
やめられまっしぇん。帰国便の隣り席に、変なガイジン
さんがいて、仏教のお坊さんでした。西洋人の日本語
学習者の中には、徹底的な学習者がいると、驚きました。
Commented by tamayam2 at 2010-08-28 01:03
◆ sumiko33m さん、
私、若いころ(40年ぐらい前!?)北海道を旅行
する人のことをカニ族とか言っていたんですが・・・
東京→(船で)釧路→根釧原野→知床→旭川→札幌→
函館→青函連絡船→東京という旅行を計画、実行した
ことがあります。海底トンネルをくぐって他の大地
に行くというのが憧れだったんですね(笑)
Commented by aamui at 2010-08-31 07:01
お帰りなさい!もう前に帰っていらしたのね おかげさまで素晴らしい旅味わえます この頃の旅行はブログ記事を持って歩く人が増えたとか さも在りなんです 
Commented by nenemu8921 at 2010-08-31 08:14
お帰りなさい
。円高の恩恵を受けましたね。
新幹線に比べてなんと安いこと!!
私も一生に一度くらいはユーロスターに乗りたいなあ。
無理だろうなあ。

うふふ、楽しんで拝見してます。
Commented by tamayam2 at 2010-09-02 01:39
◆aamuiさん、
私も知らない町に行く時には、ブログ記事を
参考にすることがあります。へへへ。私もできるだけ
正確に書こうと思っているのよ。もしかしたら、どなた
かの参考になるかもしれないから・・・(*^.^*)
Commented by tamayam2 at 2010-09-02 01:45
◆ nenemu8921 さん、
たしかに円高という実感がありました。飛行機は
ずんぶん前に買っていたので、そのメリットはありません
でしたが。。。我々は、買い物は全然しないし、公共
交通を利用しますが・・・。新幹線は本当に高いですね。
帰りは、ケルンから格安飛行機(Germanwings)に
乗り、ロンドンまで6000円ぐらい。でも郊外に
着いたので、そこから鉄道に乗り、ヒースローへ。
その郊外列車が同じく6000円しめて、1万2000円
でした。ドイツーイギリスで1万2千円。東京ー京都なら
新幹線でいくらか・・・などセコイ計算をしており
ました。
Commented at 2011-10-02 10:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-02 22:15
♡ HKHSSさん、
Jane Eyreの舞台ですね。いいですね。私はLondonと
南のほうの知り合いの住んでいる町Brightonへ行ったきり
です。文学的なところへ行ってみたいです。連れ合いの好み
は大事にしないといけませんが。。。ね。イギリスに行ったら
私はKye gardenにも行きたいのです。相手は迷惑なばかり
でしょうね。
<< ロンドンざっと一巡り タシロイモ科 バット・リリー >>