ショクダイオオコンニャク

小石川の植物園で、ショクダイオオコンニャクが
16年ぶりに開花しそうだ、というニュースを知った
のは先週末・・・。

見てみたいと思って、18日と20日に出かけた。
まだ、開花していなかったけれども、巨大なコンニャクの
威容に触れて愉しかった。

23日、暦の上で最も暑い大暑の日に、やっと開花。
マスコミで報じられるや、普段なら森閑としている植物園に
たくさんの人が押しかけて、長い列ができたということだ。

ショクダイオオコンニャク【燭台大蒟蒻 サトイモ科
            Amorphophallus titanium】
 別名 スマトラオオコンニャク
 インドネシア、スマトラ島の絶滅危惧種。

この個体が種から栽培されて、地中に大きなイモを作り、
開花にこぎつけるまでに何年もかかるとは!
   ~~ 気が遠くなる話 ~~
c0128628_9365335.jpg

20日撮影。東京大学の邑田 仁教授(植物園園長)は、
長年サトイモ科植物を研究なさっておられのだろう、私が行ったとき、
一般の人の質問にもていねいに答えておられた。

Tamayam2は、2008年4月にドイツ、ボンの植物園で、
同じような巨大コンニャクが開花直後、中央の
筒がぐにゃりと折れ、葉が閉じかけた場面を見た。
  過去ログ:ドイツでコンニャクの仲間に出あった

この植物、開花状態は、たった2日しか持たないという。
咲くまでに十数年、咲いてから2日・・・生命の営みは
何と不思議に満ちていることだろう。
   
c0128628_939859.jpg

23日家族が撮影 ↑
下の にご注目。 四角に切り取った穴から、軸の根元に
あるメシベ、オシベを取り出し、次の種を作るため保存する。

家族が炎天下、実物の前に行き着くまで3時間も行列に並んでくれた・・・
熱中症のならずにすんでよかった!
救急車や警察も出て、ものものしい様子だったという。

24日は、早朝7時から入場券を売り出し、1万人で発売を
打ち切るという。 えらいこっちゃ!
by tamayam2 | 2010-07-24 09:42 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by ふく at 2010-07-24 10:55 x
種から育てて17年。
臭いが腐肉とはなにもかも
びっくりづくし。
Commented by shibata at 2010-07-24 19:35 x
こんばんは
ご家族に感謝!・・・炎天下、ありがとうございます。
貴重な写真です。
種をとるのも困難な花と思っていましたからこのような方法をとるとは思ってもいませんでした。
こんなに人気者となるとは思いもよらず!
いやはや偉大な植物です。
Commented by sumiko33m at 2010-07-24 19:55
こんばんは!
まぁ~珍しい物を見せて頂きました。
「過去ログ」とあわせて見せて頂きましたが
長い年月かけて開花しても2日で萎むとは、儚いですね
だから、人気になるのですね、炎天下並んで写真を
撮って見せて頂き有難うございました。
Commented by ベラ at 2010-07-24 23:53 x
わぁ~~素晴らしい!いい写真が撮れましたね。
そうですか、ドイツでご覧になった時は、グンニャリ状態だったのね。

それにしても、この暑い中、凄い数の人達が集まったのですね。
色といい、形といい、臭いといい、私にはお花のお化けに見えてしまいますが、一見の価値はありますね~

いいもの見せていただきました、ありがとう!

Commented by toti51 at 2010-07-25 06:16
ニュースで言ってましたね。
それにしてもこの暑い中、大勢の方がこれを見る為に集まってきてるなんて、すごいことですね。三時間!の行列。
四角い穴はなんだろうと思いましたが、そういうことなんですね。
Commented by tamayam2 at 2010-07-25 08:26
◆ふくさん、
ほんとうに、何から何までびっくりづくし!
食べるコンニャクも大好きです。コンニャク畑は臭い
匂いがするそうですよ。(群馬県の方のお話)
Commented by tamayam2 at 2010-07-25 08:30
◆ shibata さん、
こんな騒ぎになる前日22日に行かれて正解でしたね。
私が行った18日、20日は本当に人もまばら。。。でした。
写真の邑田先生という方がじつににこやかな方で、
植物を研究している人というのは、こんないいお顔に
なるのか・・・と思いながら写真を撮りました。
大勢の人が押しかけてきて、園長は対応に苦慮
なさったことでしょう。
Commented by tamayam2 at 2010-07-25 08:34
◆sumiko33mさん、
東京の暑さは、本当に酷暑です。炎天下に待たされれば、
病人が出てもおかしくないほど・・・写真を撮るのも命がけ
でしたわね(笑)北大の植物園もすばらしいところでした。
大きな木がたくさんあって、さ~すが北海道だわね、と
思いました。
Commented by tamayam2 at 2010-07-25 08:38
◆ ベラ さん、
一番はじめにこの情報を知ったのは、あのO先生から
ですよ。彼は、好奇心たっぷりな方なので、私も時流
にのっちゃった。あそこの温室をちょっと見せてもらい
ましたが、ボロボロで悲惨でした。建替えのキャンペーン
をやっているらしいです。国は、こういう施設には、冷淡
ですねえ。もったいないことです。
Commented by tamayam2 at 2010-07-25 08:41
◆ toti51さん、
ちょうど→の辺りにメシベ・オシベが固まってあるそうです。
一種の人工授精をさせて、うまくいけば、いろいろな植物園
に配ることができますね。過去にも鹿児島や東京夢の島の
温室で成功例があるそうです。気の長い話ですが・・・
Commented by aamui at 2010-07-25 09:36
やっぱり行ったのね=^.^=今に見せてくれるだろうと安心していました 世の中不思議がいっぱい!ありがとうございました
Commented by tamayam2 at 2010-07-25 20:58
◆aamuiさん、
へっへ、もちろん暑さをものともせず、行ってまいりやした。
こういうの好きだもん!でも、一万人と聞き、@|@’’’
日本人は、好奇心いっぱいですね。それが美点です。
<< ラタトゥーユ 人面カメムシ >>