カナダらしい画家

1978年から6年ほどカナダ、ヴァンクーヴァーで暮らした。
帰国するとき、何かカナダの記念にと、Ted Harrison
という人のリトクラフを求めた。カナダ・インディアンの
デフォルメされた独特な絵とは違って、ユーコン地方の
素朴な人々の暮らしや、雄大な自然をシンプルなラインで
描いている。それに、彩色がとても鮮やかで幻想的なのだ。
カナダの大自然を描く代表的な画家と言える。

ヴァンクーヴァー下町のインディアン・アートの
ギャラリーによく展示してあったが、かなり高いものだった
ので、いつも見るだけで通りすぎていた。


c0128628_8564241.jpg


その絵は、東京の我が家の壁に長いこと掛かっていたが、
アメリカに住む娘が欲しいというので、送ってやった。

先月、娘夫婦とカナダ、ヴィクトリアで休暇を過ごしたとき、
娘がTed Harrisonは今は、ヴィクトリアに住んでいて、
そのギャラリーが近くにあるようだ、と言う。
c0128628_857273.jpg

今年84歳になる氏がヴァンクーヴァーから、気候が温暖な
ヴィクトリアに引っ越してくることは、ありうること。
探してみると、借りていた家から車で5分ほどのところに、
彼のギャラリーがあった。(写真は、海辺の家の日の出ごろ)

アトリエのゲスト・ブックに、
「24年前に、あなたの絵を買った者です。
当時、小学生だった娘とまたあなたの絵を
買いに来ました。」

と記し、再び、娘も私も彼のリトグラフを一枚ずつ
求めた。

上の絵は、私が買った絵ではなく、Ted Harrisonの
最近の展覧会のポスター。
c0128628_8593934.jpg

同時、私は、ステンドグラス制作に熱中していたので、
Ted Harrisonのシンプルな線、明るい色合いに
関心を持ったのかもしれない。

娘と特に美術の話をした記憶はないが、
同じようなものに美を感じていると知り、
うれしかった。


c0128628_91462.jpg


二つのステンド
グラスは、
シアトル・タコマ
空港の壁面に
あったもの。


無機質な空港
のビルディグに
こういうガラス
・アートが
見られるのは
いいなぁと
思い、
通りがかりに
撮った。
by tamayam2 | 2010-07-15 09:09 | たび | Comments(10)
Commented by sumiko33m at 2010-07-15 12:45
こんにちは!
最近何かと忙しく(出歩く事が多くて)myブログの更新も
出来ないでいました。
ステンドグラスは私も好きですが、作る事は出来ません
外国の教会でステンドグラスを見て、素晴らしいと感心した事
思い出しました。
大きなガラスアート素敵ですね。
Commented by ふく at 2010-07-15 21:31 x
空港にこのようなアートが…。
また旅心ふつふつと。
Commented by nick-1 at 2010-07-16 22:31
素晴らしいアートですね。
それも空港にあるなんて、日本では考えられません。

78年からバンクーバーでしたかぁ・・・
私がバンクーバーやバンフなど旅行したのも同じ年の確か8月初旬でした。
Commented by aamui at 2010-07-16 22:44
これがステンドグラス?1ス的ですね どうなっているのだろう?
Commented by tamayam2 at 2010-07-17 06:04
◆ sumiko33mさん、
野球観戦などお出かけだったのですね。北海道の花を
みておりますと、やはり東京より一ヶ月ほど前の花が
咲いていますね。東京は、猛暑が続き、その上、湿気がすごい
ですから、早く梅雨が明けてほしいと願うばかり・・・トホホ
Commented by tamayam2 at 2010-07-17 06:07
◆ふくさん、
空港にアート・・・心に余裕がないとできないわね。成田も
きれいなのですが、いろいろな広告がうるさいですね。
シアトルは、手吹きガラスの学校もあります。その学校の
生徒の作品かもしれません。
Commented by tamayam2 at 2010-07-17 06:15
◆ nick-1さん、
nick-1さんとヴァンクーヴァーの街でニヤミスしていた
かもしれませんね(笑)今は、香港人や韓国人が多くなり
ました・・・。街が東西に分かれていて、Eastは移民が多く、
Westは白人系の人がたくさん住んでいました。白人系の
人たちも移民ですが、我々は、デンマーク、ドイツ、アイルランド
等の人と親しくしていてそれぞれの文化を教えあったりして
楽しかったです。
Commented by tamayam2 at 2010-07-17 06:23
◆aamuiさん、
この丸い模様のステンドグラスは、丸い手吹きのガラスの円盤
を使っています。今は、機械で作っているのでしょうが・・・円盤
を溶接で繋いてあります。下の作品もいろいろなガラス棒を
熱を加えて溶接したもの(フュージョンという技術)で、なかなか
凝ったものです。ガラス学校の生徒の作品ではないかと思い
ます。
Commented by 寧夢 at 2010-07-17 09:03 x
少しばかり落ち込むことが多かったので、
鳥が運んでくれる絨毯に乗っかっている姿に
しばし見入ってしまいました。

ステンドグラスの製作をされていたんですか、凄い。
私はもっぱら見るだけですが。
主に教会めぐりになってしまっていましたが。(笑)

父もアメリカよりカナダがいいぞーとよく言っています。
出張でもそう感じたようです。(35年前くらいの思い出話なのに)
私も早く行けるようになりたいものです。
Commented by tamayam2 at 2010-07-17 10:43
◆ 寧夢さん、
毎日お暑いことです!少し引き締まりました・・・というご報告
拝見しました。いいな、いいな。でも、この暑さ、ちゃんと食べて
乗り切ってくださいよ。この黒い鳥は、Ravenといい、ワタリガラス
と訳されています。この作家がよくテーマに使う鳥です。
ユーコン地方ではよく見られるのでしょう。一般には不吉な鳥
ということになっていますが、イヌイット・インディアンには、
別の意味があるのかもしれません。ヴァンヴーヴァのあるBC州は
米国と隣接していますが、イギリス的、の~んびり、自分のペース
を守って変化を好まないようなところがありました。私は、ちょうと
寧夢さんのように小学生の子どもの母だったのですが、ステンド
グラスを習いに行ってかなりはまっていました。日本の家では、
なかなかこういう危険な趣味はできまっしぇん(泣)
<< フクロウチョウ クララ >>