クララ

長野県原村、 八ヶ岳中央農業実践大学校の庭で、
黒い犬がフリスビーで遊んでいる。
c0128628_1748284.jpg

ピンクの円盤をくわえると、飼い主のもとに一目散
に走っていく。
さらに、もう、一回投げて! とせがむ。
何度も、何度も。


c0128628_17435028.jpg













なんという忠実さ、なんというエネルギー!
緑の野原を思い切って走る黒犬を、
まぶしく眺めた。


c0128628_17443087.jpg












c0128628_174526.jpg

茅野の野原に、頑健そうなマメ科の植物が繁茂していた。
まるで、嫌われ者のクズのようだ。
うす黄色の花は、クララ
かわいい乙女の名のようだが、根を噛むとクラクラするほど
苦いから、眩草(くららぐさ)から来ているという。
ドイツでも野原でよく見かけた。
c0128628_17471739.jpg

クララ【マメ科 Sphora flavescens】
全草、毒草なのだが、驚くべきことにこの植物は、
オオルリシジミというシジミ蝶の唯一の食草だそうだ。
つまり、この草が無くなると、このチョウは生存
できない。
c0128628_1748463.jpg

なぜか、長野県と熊本県の二県にオオルリシジミの
生息が認められ、チョウと食草を守る会までできていると
いうことだ。
オオルリシジミの写真は、Web上から拝借した。

上のピンクの花は、長野県でよく見られる ヤナギラン
葉がヤナギ、花がランに似ているということから
こういう名がついた。
しかし、ヤナギにもランにも無関係な、アカバナ科。

実がはぜると白い綿毛を噴きだす。ヨーロッパや
カナダでも、荒地や水辺でこの花の群生を見た。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-12 17:50 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by aamui at 2010-07-12 20:57
伊那で育ちましたが ヤナギランあまり見たことがありません 山中湖で虫取りなでしこを見て懐かしかったです 別に虫を取るわけではないのですね*^_^* 又富士花鳥園に行ってきました(@_@)ノスリと言う鷹は野をするように飛ぶからなんですってね
Commented by tamayam2 at 2010-07-13 05:50
◆aamuiさん、
高原など少し涼しい場所に多いから、長野県の北のもの
かしら。虫取りナデシコには、よくチョウチョウが止まって
います。虫は取らないですよね。少しネバネバした部分が
あるから、アリンコなどを寄せ付けないようにしているのかも。
あの花鳥園、いいですね。フクロウにも出会えるし、富士山
も絶景だし・・・ほう、鷹にもあえるの(@_@)
Commented by ふく at 2010-07-13 09:32 x
犬にはめのない私。
キャッチのすがたに目の奥がじわっと…、
けなげさに惹かれるんでしょうかね。
目下ブログでよそ様の犬をかわいがっております。
ブイヨン、富士丸最近はまさとくんです。
花も好きです。
クララには思わず笑っちゃいました。
Commented by kawazukiyoshi at 2010-07-13 13:22
犬と遊ぶ・・・
好いですねー。
昔飼っていた犬はボールを投げても知らん顔でしたが、
散歩に行くのは喜んでついてきていました。
今は池の緋ブナと戯れる毎日です
今日は大雨。
そちらも無事であることを祈っています。
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2010-07-14 07:29
◆ふく さん、
犬のけなげさ・・・本当に犬はどこからどこまで忠犬です。
それに比べると、ウチの駄ネコどもは、食べ物の好き嫌い
はするし、自分の流儀を守り通し、ヒトが猫にかしづいている
が如し。犬と猫はまったく違う生き物ですね。
Commented by tamayam2 at 2010-07-14 07:34
◆kawazukiyoshさん、
犬にもいろいろあるのですね。ボールを追いかけるのが
好きなもの、散歩が好きなもの・・・この黒犬の飼い主は
次々にハードな課題を課すのですが、犬は、どこまでも
忠実にこなすのです。お宅の緋ブナ、拝見しました。
本当に美しい緋色ですね。魚にキスしてもらったら、
うれしいですね。魚とも心が通じるのですね。(*^.^*)
<< カナダらしい画家 虫に出会った日 >>