パイク プレース マーケット@シアトル

今度の旅の最終目的地は、カナダの西端の島ですが、
アメリカ、シアトル(Seattle))から船で渡りました。
シアトルは、日本から最も近いアメリカ本土の港町です。

海岸沿いの道からちょっと上がったところに市営の大きな
市場があります。 Pike Place Market  HPはここ

シアトルは、坂道が多くちょっとサンフランシスコのようです。
下の道から急こう配の通りに行くのは大変なので、エレベータを
利用します。
c0128628_5125186.jpg

美しい飾り物のようですが、れっきとした各種トンガラシと
ニンニク束
のリースです。台所に掛けておいて、適度に乾燥させ
必要に応じて使うのです。メキシコなど中米の料理に
使うのかな???
c0128628_459363.jpg

ニンニクの芽は、日本のものに比べてジャンボでした。
一束、450円、割に高価です。
c0128628_4594128.jpg

西海岸の魚の代表は、やはりアラスカのシャケ類
1本2500円ぐらい。頭は取ってありました。
BBQにすれば、豪華でしょうね。
c0128628_5058.jpg

左は、イセエビ(Tails of Lobster)これは、まあ、時価なので
値段が書いてありませんでした。お高いものです。
c0128628_513076.jpg

左は、アラスカのエビ。1パウンド(約450g)1800円ぐらい。
貝類は、豊富です。中央がムール貝、右が大アサリ
いずれもパウンド450円ぐらい。これは、スープにすると大変
おいしい。サワードゥ(sourdough)という酸っぱい天然
酵母パンと一緒に食べます。
c0128628_532718.jpg

ここの名物は、ダンジョネスクラブ(Dungeness Crab)という
大きな蟹(貝の箱の左後ろ)ですが、これは一個2500円ほど、
まあ高価ですね。
(それでも日本より安いかなぁ)
「48時間もつようにお土産用パックいたします」と書いてあり
ましたから、旅行者が買って行くのでしょう。
c0128628_543629.jpg

このマーケットの中にある真鍮のブタ。
いつ行っても子供連れの観光客がここで写真を撮っています。
中国人にとっては、ブタは富貴の象徴。
東洋系の人々もたくさん働いていました。彼らの扱う野菜や果物
は、キチンと並べられまるで芸術品のよう。
(ブタの後方に、赤いシャツのご婦人が写っていますが、米国には
 かなり巨大な人がいます。日本でダイエットと騒いでいる人の
 レベルではありません。)
 

奥の方にはワインやスパイス、チーズの専門店もあり、
ここに来れば、だれでも料理の素材にうっとりし、
豊かで幸せな気持ちになれるというわけです。

私も旅行者ですから、こういう品々を買うわけには行きませんが、
歩きまわって見ているだけで、幸せでしたよ。(*^_^*)
by tamayam2 | 2010-07-06 05:09 | たび | Comments(10)
Commented by tabikiti at 2010-07-06 08:33
市場に行くとワクワクして幸せな気持ちになりますね。
魚貝類が大好きなので見ているだけでニコニコヽ(゚◇゚ )ノ
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-07-06 20:28
こんばんは
早速にマーケットの品々をありがとうございます。
トウガラシとにんにくの飾り物、便利ですね~きれいですね~
いろんな食材がたっぷりと並んでいて気持ちがいいですね。
日本では見られないディスプレーですね。
お魚もパック入りですから・・・・

ほんと!BBQがしたいですね。

玉村さんの作品、絵ではなくてシルクスクリーンです。
Commented by aamui at 2010-07-07 06:57
イチローのシアトル 一度行ってみたい街です 市場豊富な貝 ちまちまとした日本の売り場から見ると いいなあ!
こちらでは貝類はほんとに見かけなくなり 寂しいです
Commented by asako at 2010-07-07 14:22 x
おお、楽しそうな市場! シャケも伊勢海老も、頭をとっちゃうんですか! 日本人がお頭つきを大切に思うのは何か意味があるのでしょうか。ブリの頭とか、よく買う(安いから)、それに、エビの頭は素揚げにして、塩かけて食べるの大好きなんですけど、、、、、。
Commented by tamayam2 at 2010-07-07 15:55
◆ tabikitiさん、
そりゃ、そうでしょう。土佐ならおいしい魚介類が
たっぷりですものね。(ああ、またカツオを食べに行き
たい)私も年のせいか、肉より魚のほうが好きです。
(*^.^*)
Commented by tamayam2 at 2010-07-07 16:00
◆kimiko_shibata1さん、
こういう主婦丸出しのマーケット情報・・・お品がわるいかな
と躊躇していましたが、kimiko様の一声でUpすることに。
玉村さんの精密な植物画がいいなあと思いましたが、
ちょっとお財布の都合がありまして・・・シルクスクリーンも
あるのですね。(*^.^*)
6月の日光の植物の姿、楽しみに拝見させていただいて
います。昨年、初めて日光に行ったのですが、雨にふられて
(梅雨だから当然ですが)そのときのことを思い出しましたよ。
Commented by tamayam2 at 2010-07-07 17:44
◆ aamuiさん、
そうですね、マリナーズ、イチローのシアトルですね。その他、
ボーイングの本社、スターバックスの発祥地です。港町で、
魚介類が食べられるだけで幸せです。昔は、食卓によく
シジミの味噌汁、アサリのお汁が登場したものですね。
御宅のほうの海岸はニュータウンになっちゃったからね。
Commented by tamayam2 at 2010-07-07 17:50
◆ asakoさん、
さーすが、asakoさん、着眼点が文化人類学的です!
おそらく西洋の人は、頭についている目が怖いのだと
思います。グロテスクだと・・・。頭には、ほとんど価値を
見出さないみたい。じつは、われわれは、そのおいしさ、
調理法を知っているんですが、教えてあげないほうが
いいです。カナダでは、シャケの子(数の子)やタラコを
気持ちわるいから海に捨てていたようですよ。そこに
日本人が登場、捨てるもんじゃないことがわかったみたい。
Commented by kanmyougama at 2010-07-08 09:58
生鮮食料品・農産物・加工食品の店頭風景が愉しいですね。
各種トンガラシとニンニク束のリース、台所に掛けておいて、適度に乾燥さて手手の届くところにあって、料理に使う・・・・・、主婦の知恵が生きていますね。
豊富な海産物が目に止まりました。
Commented by tamayam2 at 2010-07-08 14:58
◆ kanmyougamaさん。
こうしたオープンな昔ながらの市場っていいですね。
このごろは、うちのほうも何でもスーパーですから(涙)
お宅でもトウガラシを栽培しておられますか?
赤くなったもや黄色いものなどでリースを作って奥様に
プレゼントなさっては?
私は、細くて葵トウガラシが気に入っており、酢醤油漬けに
して一年中、調味料として使っています。始めはツンツン
辛いのですが、だんだんマイルドになってきます。
<< シアトルの下町で 新刊書:世界の野菜を旅する >>