ヴィクトリアーシアトルー成田へ

娘夫妻と幼児2人、それにおじいちゃん、おばあちゃんの
6人が先月20日にシアトル(アメリカ)に集合、そこから
船で3時間、対岸のヴィクトリア(カナダ)で12日間の
休暇を過ごしました。

今日は、もう7月2日。
(アメリカでは、まだ7月1日です。)

カナダもアメリカもインターネットの接続がスムースに行きました。
サムライ日本の活躍ぶりもTVで観戦しました。

幼児2人と海で遊んだり、三度三度のご飯づくり、買い出し・・・
など忙しい日々でしたが、インターネットのおかげで
現地情報を得ることもでき助かりました。

7月1日は、 カナダ・デーという記念日で、その祝賀会出席の
ため、29日、エリザベス女王(84歳)が夫君とともにカナダを
訪問なさいました。カナダでは、明るい話題として報道
されていましたが、アメリカ側では、全くニュースにも
なりません。オバマ氏がサミットに出席されたことが
ニュースです。
(当たり前のことですが・・・)
菅首相も、25日からカナダ入り、世界の首脳との初の顔合
わせでした。

カナダ側では、World Cupサッカーを詳細に報道して
いましたが、アメリカはさっさと負けたからでしょうか・・・
関心の的は、やはり野球です。サッカーは、ヨーロッパ
でこそ人気がありますが、アメリカでは不人気です。
(逆にヨーロッパでは、野球に関心なし。)
c0128628_2310590.jpg

写真は、ヴィクトリア郊外の植物園、Butchart Garden
沈床庭園(sunken garden)。石灰を掘ったあとの穴を
利用して、上から見て美しく見えるように造られた庭園です。
まったく絵ハガキ的な写真ですが、こういう名所に来れば
だれでも絵ハガキ的な写真を一枚は撮るものです(笑)

この庭園の入場料が結構高くて、大人一人が28ドル(3000円ぐらい)。
娘夫婦が目を丸くしていたので、そこはそれ、
おばあちゃんが懐の広いところを見せてやりました。

観光的なこころに行ったのは、そこだけ。
c0128628_23103051.jpg

あとは、海辺のお家を借りて毎日変わる潮の満ち引きの
様子を眺めて暮らしていました。
30日、娘一家は、アメリカ東部の自宅に戻り、我々は
これから帰国の途につきます。
[PR]
by tamayam2 | 2010-07-01 22:23 | たび | Comments(10)
Commented by aamui at 2010-07-01 22:29
良い旅でしたね おみやげ話愉しみにしています~~
Commented by kanmyougama at 2010-07-02 07:51
おはようございます。
いいたびの様子がうかがえます・・・首を長くしてお土産話を待っていました。
二つのいす象徴的に見えます。
工房の玄関前にも椅子が並んでいますが、
二人・・、または交互に、暇さえあれば
八代海を眺めています。
いい時間です。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-07-02 20:03
こんばんは
素敵な休暇ですね~
あちこち回らずに素敵な過ごし方!ヨーロッパ的ですね。
お帰りを楽しみにお待ちしていますね。
Commented by namiheiii at 2010-07-03 09:51
羨ましいような心温まる楽しい旅でしたね。
このガーデンには十数年前行ったことがあります。絢爛豪華というか鮮やかな花々にこれでもかと圧倒されました。観光バスに戻ったら運ちゃんが「ジャパニーズガーデンとどっちが良い?」と聞くので"Different kind of quality"と答えました。「渋い」と言いたかったのですが良い英語が思い浮かびませんでした。
Commented by tamayam2 at 2010-07-04 06:38
◆aamuiさん、
帰国しました。溜まっていた郵便物を整理したり、空っぽの
冷蔵庫に野菜を満たしたり、洗濯をしたり・・・ふぅ~。でも
やっぱりhome sweet home 我が家はいいわね。
Commented by tamayam2 at 2010-07-04 06:46
◆kanmyougamaさん、
お宅では、こういう椅子に座って八代海をごらんになって
いるのですね。私も一日中、海を見て暮らしたいと思って
いましたが、ここで、kanmyougamaさんのような経験を
することができました。Victoriaとヴァンクーヴァーの間の
狭い海峡ですが、日の出、日没の空の変化を堪能しました。
むこうでは、夜10時近くにまで明るいのですが・・・
毎日同じ時刻にサギ、カモの群れが来るのが楽しみでした。
自然は、何よりのご馳走です。
Commented by tamayam2 at 2010-07-04 06:52
◆kimiko_shibata1さん、
そう、定点から観察するのもいいものですね。私は食事担当
でしたから、マーケットばかり覗いていました(笑)
Victoriaには、小さいながら中華街があり(30年前にはなかった)
そこで、タイ米を買いまして、始めちょろちょろ中ばっぱ・・・の要領
でおいしいご飯がいただけました。お結びもできたので、森に
持って行って食べました。ふっふ。
Commented by tamayam2 at 2010-07-04 07:02
◆ namiheiiiさん、
そう、Butchart Gardenは、入場料もgreatですが、
絢爛豪華という表現がぴったり。圧倒されます。わび・さび
の味わいとは対照的ですね。30年前に私の両親と行ったとき
当時70歳ぐらいだった亡父は、その絢爛豪華さにうんざりした
様子で、「もう満腹という感じ・・・」と感想をもらしていました。
中に日本庭園があって、そこではヒマラヤの青いケシが
咲いていました。私は、見たことがなかったので、びっくりし
ましたが、彼らにとってヒマラヤも極東もそう変わりがないの
かとちょっと不思議に思いました。
Commented by asako at 2010-07-05 09:47 x
おかえりなさい。素敵だ~~。日本的なもの、ヨーロッパ的なもの、世界のいいところをすべて吸収できる心が素敵です。
Commented by tamayam2 at 2010-07-06 05:59
◆あさこさん、
まぁ、そうおっしゃっていただけてありがたいです。
どこに行っても日本人を引きずっているのですが、
外国に出かけると、新たな眼で日本のよさを見直すこと
ができますね。
<< 新刊書:世界の野菜を旅する 風鈴のような花 >>