ショウガや ミョウガ

お昼に、ざるソバを食べることが多くなった。
薬味に、ネギ、のり、わさびなど、用意し、さらに
庭から摘んできたシソや木の芽などがあれば、尚よし。

家のミョウガは、まだ蕾がついていないので、がまん。
店でミョウガを買おうとは思わない。
自家製のほうがずっと香りがよいので。

先日、京都府立植物園の植物生態園を歩いていたら、
茂みの中にハナミョウガの花がワァ~と固まって咲いていた。

木漏れ日の中に、そこだけがスポットライトが当てられた
ように、輝いて見えた。
c0128628_20325061.jpg

ハナミョウガ【花茗荷 ショウガ科  Alpinia japonica】
日本が原産国かも。
c0128628_203423100.jpg


植物園の敷地内の温室では、トーチ・ジンジャーという
丈が1mもある植物を見た。
torch(たいまつ)と言う名がピッタリの大輪の花が咲いていた。
かなり派手な花で、直径15cmぐらい。
c0128628_20374174.jpg

トーチ・ジンジャー【ショウガ科 Nicolaia elatior】


c0128628_20352093.jpg
そのそばに咲いていた白い花は、おそらく
ウコン。
ウコン【鬱金
ショウガ科
Curcuma
domestica 】













英語では、turmeric. タクワンの色づけにするターメリック
じゃありませんか! 呑ん兵衛の友人が肝臓の薬だと言って
いた。

ショウガ、ミョウガの類は、みんな好きだ。

外国で料理をする場合、ショウガがあれば、何とかなる。
無けりゃ、ショウガナイから、がまん!

食べると気分がシャンとするし、梅雨時には、
本当に重宝するお薬味。
[PR]
by tamayam2 | 2010-06-13 20:40 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by echalotes at 2010-06-14 04:27
その「尚よし」のもの、ほしいですね~。シソとしょうがは畑に現れる予定ですが…みょうが、木の芽…どうにか、畑にお迎えしたいけど、無理かしらね~。

畑で取れたカブは、しょうがを加えたひき肉でつくったお団子と一緒にやさしいお味で炊きました。ほーっとするおいしさでした!しょうがの花も美しいですね♪
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-06-14 07:59
おはようございます。
ざるそば、そーめんのおいしい季節になりましたね~
薬味(日本製ハーブ)・・・どれも好きですが、特にミョウガは撮っても好きです。
そして、私の物忘れはミョウガのせいにしています。(笑)

ハナミョウガ・・・初めて知りました。食用かしら?
Commented by tamayam2 at 2010-06-14 08:24
◆ echalotesさん、
ミョウガ、サンショは・・・ちょっと、難しいかもね(嘆)
ドイツでもサンショに似たものがありましたが、あの香り
がまったくないので、がっかりしました。サンショの実の
佃煮を利用してください。ミョウガは家の勝手口のうらの
陽の当たらないところに元気に育っています。日陰が好き
なのかもしれません。
収穫のカブ のお料理、おいしそうだこと!>やさしいお味で
炊きました・・・そういう味はフランス人にもきっとわかるはずね。
Commented by tamayam2 at 2010-06-14 08:27
◆ kimiko_shibata1さん、
ははは・・・私もこのごろ記憶が怪しくなってきつつあり
ます。メモメモと一生懸命メモするのですが、そのメモ
した紙を失くします(嗚呼)
ハナミョウガは、茎、葉、種・・・みんな食用になるそうです。
沖縄、九州地方に多いのでしょう。
Commented by ふく at 2010-06-14 09:10 x
舌がお子様でいつまでもおいしさがわからなかった薬味類
最近やっと食卓を賑わすようになりました。
冷や奴に山盛りミョウガ&大葉は食欲をそそりますね。
実は生ネギが不得意な長男にあわせがち。
嗚呼母の食育。
まだ唐辛子類は苦手です。
Commented by tamayam2 at 2010-06-14 10:02
◆ふくさん、
そう、食育という言葉がありました!たぶん辞書には
登録されていない造語だと思いますが・・・これって、
大事ですね。子供は刺激の強いものは、だめと避けて
育てられると、大人になっても抵抗があるでしょう。
私は、子供のとき、子供はコーヒーはだめ、と育てられた
ため、未だになじめません。うど、わさび、からし、ゆず、みょうが、
しょうが・・・みんなちょっとクセがありますよね。
おいしさを知っちゃったら、たまらないわね。
Commented by sumiko33m at 2010-06-14 17:27
こんにちは!
ショウガやミョウガ・ウコンの花は初めて見ました
トーチ・ジンジャーはとても綺麗な色ですね。
生姜は良く使いますが、ミョウガはあまり使いませんね。
Commented by tamayam2 at 2010-06-14 17:39
◆ sumiko33mさん、
数年前家のちかくにショウガ科の地味なお茶花のような
野草が生えていて名が知りたくなりました。Blogの友人から
ヤブミョウガと教えられました。このところ公園や空き地で
よく見かけます。10年ぐらい前には全然見かけなかったのに。
花ミョウガは九州や本州南部のものらしいです。だんだん
北上するかもしれませんね。東京で見たことがありません。
北海道で稲作ができる時代ですから、ミョウガもポピュラー
になるかもしれませんね。
Commented by toti51 at 2010-06-14 20:21
ハナミョウガは初めて拝見しました。うちにあるのはヤブミョウガでしたね、なんだか混同してしまう名前です。
やさしい色合いのいい花ですね。
京都の植物園はよく行きました。いろいろな植物園に行っておられるtamayamさん、どうでしたか、京都の植物園は。
Commented by tamayam2 at 2010-06-15 07:40
◆ toti51さん、
本当にもうメモリーの限られた脳みそには、まぎらわしい
名前です。京都は、 toti51さんのご実家のあるところでした
っけ?時子さんのお住いのところですね。私は、今回初めて
京都府立植物園に行ってとても感銘を受けました。
60歳以上ただというのもよかったですが、HPも充実して
いるし、生態園があまり手をつけずにそのまま残されている
のがステキでした。都会の中に山野が残されていて、ほっと
させられました。
Commented by aamui at 2010-06-15 08:16
花茗荷初めて見ました 食べてみたい!tamayamさんは食べたことありますか?筍の時期を過ぎてやっと山椒の鉢を手に入れました 日当りが良くない所に置きました 来年まで大事にするぞ!京都へ行く楽しみが増えました*^_^*
Commented by kanmyougama at 2010-06-15 08:30
ミョウガを植えました。何人かに相談したらそれぞれの方から地下茎が届いて3箇所に植えました。
今はもう立派に茂っていますが、ミョウガはどの時期に出てくるのか楽しみです。
一年目は無理かな・・・。
生姜は10株・・芽が出揃ってこれも楽しみ。

自宅の菜園からとってきて食事にだせる・・・・・・最高ですね・。
Commented by tamayam2 at 2010-06-15 20:13
◆ aamuiさん、
山椒は、いいですね。すぐ大きくなりますよ。最も好ましい
のは、アゲハチョウの食草ですから、チョウが集まって
きます。(大きい幼虫を生みつけて行きますが、可愛がって
あげてください。すぐ羽化してチョウになります。)
雌雄異株です。家のは、雄と雄か、雌と雌らしく・・実がなり
ません。(涙)
Commented by tamayam2 at 2010-06-15 20:17
◆ kanmyougamaさん、
ミョウガは本当にいいもの。3人の友情が実って、今に
たくさん収穫できますね。楽しみですね。サラダにも
漬物にも、薬味だけではなく何でも利用できます。
また、その花の美しいこと。ランのようです。
kanmyougamaさんの、新たなモチーフに加わる
かも。
<< 矢車草と 矢車菊 ユキノシタ…6月の小さな花々 >>