ユキノシタ…6月の小さな花々

先週、京都に行ったときに見た路傍の小さい花々を
記録に残しておこう。
c0128628_15382220.jpg

どこにでもある、ユキノシタ(雪ノ下)。
手水の縁や、お地蔵さんの縁にひっそりと植わっている
のがなんとも奥ゆかしく、京らしいと感じた。
c0128628_15384638.jpg

よーく見れば、5弁の花びらのうち、上の3つは小さく
紅色の斑点がある。下向きの2弁は、長く垂れ下がっている。
つけまつ毛のお嬢さんの目元のように、パッチリしている。

人字草という、ユキノシタに似た花は、見ようによっては、
人という字のように見えるからだという。

同じくユキノシタ科の花に、大文字草という山野草もある。
それは、人という字ではなくて大文字の大という字
似ているからだという。いずれもユキノシタの親類。
c0128628_15411961.jpg

大原女(おはらめ)の里に、三千院を訪ねたとき、
参道わきの小川のほとりに、お浸しにして
食べたいような緑の濃い、瑞々しい野草が生えていた。
地方によっては、ミズと呼ばれる、ウワバミソウ
ウワバミとは、大蛇のこと。
ヘビが出そうな湿地に生える。
c0128628_15415927.jpg

ウワバミソウ【イラクサ科】

トリアシショウマは、本当にツルか何かの鳥の足のよう。
トリアシショウマ【鳥足升麻 ユキノシタ科】
c0128628_15423352.jpg

三千院の苔生した庭の中に、キュウリグザが咲いていた。
ワスレナグサにも似ているが、この葉を揉むと、
キューリの香りがするので、キューリグサと呼ばれている。
キューリグザ【胡瓜草 ムラサキ科】


c0128628_15433415.jpg






















火傷をしたときに葉を揉んたり、利尿剤として
煎じて飲んだり、こういう野草はたいてい何らかの
薬効があるようだ。
[PR]
by tamayam2 | 2010-06-12 15:47 | たび | Comments(8)
Commented by nenemu8921 at 2010-06-12 22:07
こんばんわ。
ユキノシタは好きな花です。写真写りも面白いので、じっくりマクロで撮ってみたい花です。
ミズは食したことがありますか? 
クセがなくて美味しい山菜ですが、実もおいしいですよ。
味噌漬けにしたものを戴いたことがありますが、まさに珍味! ネックレスのように繋がっているんです。
トシアシショウマは賢治がアスティルベ・ダビデと呼んだ植物でしょう。
新芽が鳥の足みたいなのよ。
十日町の宿ではとり飯といって、この新芽ばかり摘んで、刻んだものをご飯に混ぜて出していました。
ああ、美味しい季節ですね(#^.^#)
Commented by tamayam2 at 2010-06-13 06:44
◆ nenemu8921さん、
3つの気になった植物についてくわしい説明、ありがとう
ございます。こういう話が伺える先輩がいるって幸せなこと
です。nenemuさんの過去ログ(07年8月11日)も拝見、
賢治の詩も読んでみました。私、ミズの実はまだ食したこと
がありません。>ネックレスのように繋がっている・・・とは!
トリアシショウマの学名はAstilbeがついています。西洋では
東洋的な園芸植物として人気者です。ふわふわっとした花が
花壇に好まれるようです。ダビデというのは、中国におられた
神父様のことかもしれませんね。とり飯・・・など珍しいご版、
食べてみたいわね~。賢治という人は、本当に博識で、
豊かな世界を見ていた人ですね。ありがとうございました。
Commented by aamui at 2010-06-13 07:30
スイスで見たものはなごりの勿忘草でした このきゅうりぐさはとても栄養がよく立派ですね 今度嗅いで見よう!
Commented by tamayam2 at 2010-06-13 08:45
◆aamuiさん、
この葉もつやつやとしていておいしそうでしたよ。
においを嗅いでみて、aamuiさんのスイスの花を
思い出したのよ。
山菜として食用になる、とものの本に書いてありました。
やっぱりね。
Commented by babakzk9271 at 2010-06-13 10:22
どのお花も野山の会で教えてもらった花なので そすそうと
見せてもらっていますが 小さなお花をきれいに写真に 拍手です
お花の名前の由来などを聞くと覚えるのが早いし 忘れません
なーるほど キューリのにおいは知っていましたが
火傷をしたときに葉を揉んたり、利尿剤としてはしりませんでした
Commented by kanmyougama at 2010-06-13 12:20
ユキノシタの葉も山野草として食べるのではないですか・・・テンプラに。
Commented by tamayam2 at 2010-06-13 17:18
◆ babakzk9271さん、
ユキノシタが焼けど、キューリグサが確か、利尿剤でした。
和名や漢字があると、記憶しやすいですね。
はじめは、ちんぷんかんぷんでしたが、何度か見て
いるうちに、少しずつ(笑)イギリスの植物も面白かった
でしょう?私がいつか行きたいイギリスの地方を巡って
おられるので、興味深く拝見しています。
Commented by tamayam2 at 2010-06-13 17:20
◆ kanmyougamaさん、
農作業のほうは、いかがですか?
そうでしたね、ユキノシタの葉っぱは、ぶ厚いものを
てんぷらで食べられるのでした。家には、ユキノシタ、
ドクダミなど、日陰の植物がいっぱいあります。今度
てんぷらにしてみよう!
<< ショウガや ミョウガ 湘南国際村の野草たち >>