京都府立植物園にて

以前から行きたいと思っていた京都府立植物園
行く機会が来た。HPはここ

駅から地下鉄烏丸線に乗って着いたのが4時ごろ、
温室は3時に閉館ということで…残念。
翌朝、出なおすことにした。
c0128628_21463453.jpg

温室の前に、林立するのは、私の背より高い植物。
エキウム【ムラサキ科 Echium wildpretii】
c0128628_21471898.jpg

細部の花のつくりを見ると、ムラサキ科であるのは
よくわかるけれども、その見映えのよさに、園芸家の
心意気が感じられた。
別名、Tower of jewel (宝石の塔) 大げさでなく美しい塔!
この植物園は、入場者数が年間77万2000人とか、私のような
60歳以上の人は、無料。
いいなぁ、京都は。
(ほかの文化施設でもこのルールが通用したのだった。)
日本原産種の多い植物生態園、宿根草・有用植物園・・・
どこも魅力的だった。


c0128628_21482544.jpg
有用植物園で
見たエレムルス
・・・別名が
トロピカル
ドリーム
(熱帯の夢)だって!?















エレムルス【 ユリ科 Eremurus Tropicaldream】
c0128628_21495489.jpg

細部を見れば、夢見ごこち~

その後、訪問した大原、三千院門跡で美しい苔の庭を見た。
苔の中にめずらしい野草がひっそりと植えられていた。
c0128628_21501954.jpg

立ち去ろうとしたとき、どこからともなく、とても
いい香りが・・・その香りの先に、古木に着生した
フウランが見えた。話には聞いていたが、一度も
見たことがない珍しいラン。漢字で書くと、風蘭。

絶滅危惧Ⅱ種(VU)。 江戸時代からコレクターの
垂涎の的だったそうで、富貴蘭ともいうそうだ。
フウラン【ラン科 Neofinetia falcata(Thunb.)】

私は、ランの愛好家でも、コレクターでもないが、
あんなかぐわしいランがこの世に存在するとは・・・
このBlogで香りをお伝えできないのが大変残念です。

日本原産のランということです。
by tamayam2 | 2010-06-02 21:54 | たび | Comments(8)
Commented by 寧夢 at 2010-06-03 00:34 x
関西に来られているのですね。

フウランは昔大名が参勤交代のときに籠の先にぶら下げて香りを楽しんだと聞きました。四半世紀も前の職場の先輩に。懐かしい思い出です。
Commented by tamayam2 at 2010-06-03 06:15
◆寧夢さん、
愛知県に行ったので、足を伸ばして・・・京都、大阪に
立ち寄りました。府立植物園は、月曜も開園していたので
ラッキーでした。
そうですか!大名が道中フウランの香りを楽しんだとは!
あることを教えてくれた人をふっと思い出すことがありますね。
私、大阪に行ったとき、道修町へ行きたいと思いましたが、
時間が限られていて・・・寧夢さんのことを思い出しました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-06-03 19:43
こんばんは
京都府立植物園へ行かれたのですね。
それもフウランの季節に・・・・
最高の花をご覧になりましたね!香りも・・・・
御友人との再会も良かったでしょう、その上にフウラン・・いい時間を過ごされましたね。

ブログを拝見してびっくり!がっくり!
・・・なぜって?60歳以上は無料だなんて!
条件をクリアーしていたのに・・・
管理費に寄付・・と考えればいいですね。(笑)
Commented by tamayam2 at 2010-06-04 20:20
◆ kimiko_shibata1さん、
>びっくり!がっくり!させてごめんなさい。あの植物園
は入口のところと温室の入り口でも金を徴収するシステム
ですが、60歳以上は、免許証など示せば、タダです。
でも、ちゃんとカウントする人がいます。入場者数日本一
ですって。ご紹介したHPでは、園長さんの植物について
の話(一日一件、動画)が聞けます。広報に力を入れて
いる姿勢が立派です。園長の一日一植物談義、お聞きに
なってください。
Commented at 2010-06-08 23:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あんず at 2010-06-10 21:01 x
フウラン・・・香りを楽しむって、やはり日本人は粋でございます♪
京都府植物園は、早速、両親に知らせてみます。
意外と知らないのではないか と思うので。
行ったら行ったで、何枚も画像を送りつけてきて面倒なんですけどね(笑)
Commented by tamayam2 at 2010-06-12 16:33
◆ あんず さん、
きっと>何枚も画像を送りつけてきて面倒・・・なコトに
なるぞ。何しろ、60歳以上はただですし、イチオシの
場所です。特に温室は、すばらしいです。
フウランは、初めて見たランですが、香りのよいこと!
忘れられません。フウランは、大原・三千院で見ました。
Commented by tamayam2 at 2010-06-12 16:39
◆bantelnerさん、
まあ、まあ、人生とは面白いものでございますね。
私は、あまり書き込みしませんが、bantelnerさんの
Blogはいつも読んでおりますよ。なんだか元気を
いただける気がします。それにお宅の空気、ドイツの風、
そんなものがホッとさせられるのでしょうね。
お母さまがフウランに昔のことを思い出された・・・本当に
よかったです。横浜の展覧会でお父上の写真展を
拝見してから、なんとなくトミ子さんの育った家庭を
想像していましたよ。ありがとうございます。お母上に
どうぞよろしくお伝えください。
<< 伊良湖岬の海辺にて 路傍の花々 (五月) >>