赤城山西麓の自然園

今月8日、群馬県、赤城山の西麓にある 赤城自然園 
行って来た。
この園は、2009年3月に閉園したが、
今年4月に経営的母体が変わって、再オープンした。
c0128628_10461841.jpg

120ヘクタールの園内は、よく整備され早春の植物
たちがひっそりと息づいている。

c0128628_10464294.jpg

ハウチワカエデやモミジの新緑が輝いている。

たくさん見た花々は、ツツジ類、ヤマブキソウ、ヤマシャクヤク、
イカリソウ、ウラシマソウ、シラネアオイ・・・

特に、昆虫を誘引する目的で植えられた自然生態園は、
すばらしかった。7月ごろ幼虫が育つころには、チョウが
乱舞してみごとだろう。
c0128628_10481878.jpg

ヒメギフチョウの食草、ウスバサイシンもたくさん見られた。
葵の御紋のような葉の根元には、紫色の花がひっそりと
咲いている。(矢印のところ)
少しボケているが、花の拡大図はその下。
ウスバサイシン【ウマノスズクサ科 Asarum sieboldii】
c0128628_10501817.jpg

私が、見たいと思いつつまだ見たことがない清楚な花、
キクバオウレンの種を見ることができた。
種のつき方が、丸い輪になっていてかわいい。
左の種の上に、よく見れば、イモムシ(?)らしきものが!
花は、3月ごろだろうか。
キクバオウレン【キンポウゲ科 Coptis japonica Makino】
c0128628_10504529.jpg

シャクナゲもあちこちで大輪の花をさかせていた。
愛子さまのお印のシロヤシオ(ツツジの一種)も
びっくりするぐらい清楚な白だった。下は、ウワミズザクラのつぼみ。
c0128628_1054106.jpg

この園には、川がないので、地下水を汲み上げて園に巡廻させて
いる。土質も悪く、地下層の軽石を取りのぞき、堆肥を鋤きこん
で、野草が育ち、動植物が生存できる環境を造成したと聞いた。
つまり、完全に人工的に造られた自然なのだ。

この大掛かりなプロジェクトに賛同し、資金を提供した
会社名が自然園の門のところに書いてある。
下のようなピンクの花を咲かせるノイチゴもたくさん見た。
c0128628_10553581.jpg


RHS(英国王立園芸協会)の日本支部の方々が監修をしている
ということだから、英国のキュー・ガーデンのような、
生物全体が生きている姿を観察できる自然園になるかもしれない。
by tamayam2 | 2010-05-26 10:58 | たび | Comments(8)
Commented by ふく at 2010-05-26 11:31 x
人工的にこのようなものを…。人はどこまですごいのでしょう。ところで先日蛍の幼虫を子供たちに放流させている善意の方が生態系を壊していると指弾されているのをテレビで拝見しました。固有種の保全とか。うーん難しい。もちろんこの園はその辺しっかり考えてあるのでしょうね。きれいでかわいい写真を朝から堪能。
Commented by sumiko33m at 2010-05-26 11:49
こんにちは!
素晴らしい庭園ですね
特に

>昆虫を誘引する目的で植えられた自然生態園
素晴らしい事ですね
もみじの若葉に、赤い花好きなので2枚目に見ほれて居ます。
Commented by tamayam2 at 2010-05-26 14:18
◆ふくさん、
そういうのは、難しいですね。野良猫にえさを与えて
訴えられた人もいました。野鳥の餌をやると近隣の
トラブルになったり・・・自然は、ペットとは違うのです
が、でも人間がさんざん自然を破壊したので、少しは
自然のリサイクルがうまくいくように弾みをつけてやる
必要があると思います。もし、放流する蛍が外来種だったら、
在来種は、負けるでしょうね。あわわ、わ!
Commented by tamayam2 at 2010-05-26 14:21
◆ sumiko33mさん、
お宅のBlogを拝見していると、北海道では、本当に
一斉に春の花が咲くのですね。どれも荒されておらず
元気がよさそうで、見ていてほっとします。
鳥の種類も多いし、野草も生き生き。。。虫たちも
これから活動を始めますね。楽しみです。
Commented by nenemu8921 at 2010-05-26 19:14
こんばんわ。
ここは以前閉園になっていたんだけれど、オープンしたのね。ぜひ、行って見たいなあ。
ハウチワカエデの花、きれいですね。すばらしい。
私も日光植物園で撮ったのですが、こんなきれいには撮れなかった!!
ウワミズザクラのツボミも一列に並んだ造形がすばらしい!!


Commented by tamayam2 at 2010-05-26 21:18
◆ nenemu8921さん、
そうなんですよ。閉園を惜しむ人の声がWeb上に
たくさん書かれていて、事情を知りました。
こういう広大な地所を管理するのは、大変お金も
かかることです。西武系のスポンサーがついて
よかったです。それに大事なのは、どんな施設
(ハコモノ)でも、どういう哲学でやっていくか、が
大事ですね。ここの園長さんの案内で園を周り
ましたが、立派なお考えの方で・・・うれしかったですよ。
ぜひ、お時間の都合がつけばいらっしゃってください。
車じゃないとなかなか不便なところです。
Commented by shibata at 2010-05-27 05:36 x
おはようございます。
そんな事情は知らずにおりました。再開されて園長さんのお考えが素敵ですね。
自然生態園、行ってみたいです。旅番組でちょうど紹介されましたね。
丸太の一本橋なんて、もう渡れないかも・・・・・?
ハウチワカエデがきれいですね。
群馬のお話をうかがえてよかったです。
(どうも最近はアンテナが低くなりまして・・・・)
Commented by tamayam2 at 2010-05-27 07:00
◆shibata さん、
私、shibata さんのおかげで、群馬県に親しみを
感ずるようになり、感謝しております。園長さんが
TVに出るとおしゃっていましたっけ。シラネアオイを
撮りに来るのに、散ってしまったらどうしよう・・・と
心配しておられました。「チョウの食草を根付かせて
チョウを誘引することろまではやるが、他所からチョウの
幼虫を運んでくるようなことはしない」、と言い切って
おられた言葉が印象的でした。こういう自然園を
つくる場合、いろいろな観客がいるわけですから、その
ニーズに応えるというのは、ご苦労なことです。
なるべく、なんにもしないで、そのまま、そのままに
しておいて欲しいですね。サーヴィス過剰は、困り
ますね。そういうことをよく理解されている園長さん
でした。群馬県の誇りになりますよ。
<< 路傍の花々 (五月) 北国街道、白鳥神社の大ケヤキ >>