北国街道、白鳥神社の大ケヤキ

先日、長野県 東御市(とうみし)へ行く途次、
北国街道、海野宿(うんのじゅく)に立ち寄りました。
寛永2年(1625年)に江戸幕府によってつくられた
日本の古い街道の一つです。
この写真右に、だらぁ~んと寝そべっているようなモノ、
何だかおわかりでしょうか。 ↓
c0128628_14522617.jpg

街道の入り口に白鳥神社という古い神社が鎮座まします。
その境内にあるケヤキの根っこです。
その根もとに水源でもあるのか、根を洗うように
清流が流れております。
あまりに巨木ですから、全容をレンズに納めることが
出来ず、根っこだけを写すとこういう写真になります。
樹齢700年以上、高さ30mということです。

樹のこずえのほうだけを撮るとこういう写真に↓
なります。 (すみません!頭の中で合成してください。)
c0128628_14525297.jpg

新緑がまばゆく、輝くようなケヤキの若葉が風に
そよいでいました。

日本の道、百選に入っているとか、何となく昔ふうの
家並みが続きます。電線が地中に埋められているので、
古い民家の格子やウダツがよく観察できます。
c0128628_14532935.jpg

一軒の家の軒先で、ツバメが巣を作っていました。
じっと見ていたら、向こうも遠来の客を観察して
いるようでした。


c0128628_14534959.jpg
住民の
方の、
ご接待の
心遣い
でしょうか、
見ごろの
鉢植えなど
さり気なく
並べて
あります。










瓦の縁についている白いものは、一種のコケ(地衣類)です。
c0128628_14544460.jpg

真っ白なサクラソウは、日本サクラソウでしょう。


c0128628_14553361.jpg
















ピンクの地植えのサクラソウも古典的なサクラソウの
ようです。
ニホンサクラソウは、江戸時代、大名や庶民に、大そう
人気を集めた古典的園芸植物です。

人の趣向は移ろいやすく・・・園芸の世界では、
今、何が人気者なんでしょうか???
[PR]
by tamayam2 | 2010-05-22 15:03 | たび | Comments(8)
Commented by nick-1 at 2010-05-22 21:28
あれれ、海野宿行かれたんですね。
私も何度か付近を通過してますが、まだ街の中を見歩いたことが
ないんですよ。
サクラソウの仲間もこれから高い山では咲きだしますね、南アルプス林道ではシナノコザクラが咲きだしたそうです。
Commented by tamayam2 at 2010-05-23 07:09
◆nick-1さん、
ぜひ、車を停めて街道筋を歩いてみてください。
この日は、アヤメ類や大山蓮華を見ました。
人影も少なく、小さな流れに沿ってぶらぶら歩き
しました。あ、そうそう、朝採りのアスパラガスも
買いました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-23 09:07
私も海野宿、好きですよ。
東御市????まだ寝ぼけているわけではないのですが・・
平成の馬鹿合併(暴言で失礼、我が家ではそう申しております・笑)でした。
湯の丸高原やVILLA D'EST WINERYのあるところでした。
緑のいい時期でしたね。信州はどちらも好きな所です。
Commented by toti51 at 2010-05-23 16:26
すごい巨木ですね。700年以上も経ってるなんて。
大きい木って神が宿るというの分かる気がしますね。苦難を乗り越えて700年もそこに立ち続けるというだけで、すごいことです。
Commented by tamayam2 at 2010-05-23 21:19
◆ toti51さん、
>大きい木って神が宿る・・・私もいつもそう思って
おります。巨木の前に立つと、言葉を失います。
お宅のBlogで拝見したバーバスカムは、今の流行
になりうるでしょうね。よく調べたら、ゴマノハグザ科
モウズイカ属でした。モウズイカはフランネルのような
手触りで黄色ですが、たいそう丈夫な花です。
トルコ、欧州では野草のように生えています。でも
湿気が嫌いかもしれません。うまく夏を越してくれる
といいですね。
Commented by tamayam2 at 2010-05-27 14:34
◆kimiko_shibata1さん、
うぁははは・・・聞いちゃった、聞いちゃった!
>平成の馬鹿合併・・・とは、言いえて妙ですね。
長野県には、こういうのが多く、私は、いつも
歯噛みしております。東御市は、小県郡(ちいさがた
ぐん)東部町+北佐久郡御牧村の合併です。別宅の
そばに長和町があるのですが、長門+和田 です。
和田峠という歴史的に立派な地名がこの馬鹿合併で
忘れ去られることでしょう。(嘆)
Commented by aamui at 2010-05-28 06:48
古い地名を捨てる痛みは無いのでしょうか?何考えているのかといつも歯噛みしています ここでツバメ 桜草 大好きな欅の大木を見ることができ安心しました 住んでいる人の心をかんじますね
Commented by tamayam2 at 2010-05-28 19:00
◆aamuiさん、
日本人は、簡単に昔をわすれられる国民なのかしら~
私は、ときどき不安にありますよ。そんなに昔のものを
捨て去らないでね。ヨーロッパの非能率的だけど、旧式も
共存している社会を懐かしく思いながら、何もかも
紙くずのように捨てないで、、、、と言いたいです。
<< 赤城山西麓の自然園 最近みた青い花々 >>