最近みた青い花々

最近、Blog仲間のnenemuさんが青い花ばかり集めて
Upしておられる。もちろん、彼女のことだから、
宮澤賢治にまつわるお話があるにちがいない。

私も、たくさん撮った写真の中で、ついついUpしそこねて
しまったけれども、記憶に残したい青い花がある。
Tamayam2の青い花特集です。
c0128628_17252865.jpg

紫系ではなく、空色の花を3点ご紹介します。

ヤマルリソウ【ムラサキ科Omphalodes japonica】
奥多摩にて、4月9日
道端の人に踏まれそうなところに咲いていました。
きっと、もう踏まれてしまったかもしれません(涙)。

♪~ 折らずに置いてきた山かげのさゆり、
人が見つけたら枝を折るだろう。 
風がなぶったら露こぼそものを、
折ればよかった 遠慮がすぎた。
折ればよかった、遠慮がすぎた。・・・・


ずっと昔に、こういう歌をだれかに習ったことがあります。
私の家には、庭らしい庭がないので、自分で栽培しようと
考えたことはありませんが、欲しくなる人の気持ちも
わからないでもない。でも、無理ですよ。採らないでね。
c0128628_17262886.jpg

フデリンドウ【リンドウ科 Gentiana zollingeri】
群馬県、赤城自然園にて、5月8日 案内の方によると、
わずか高さ3~5cmのこの花を持ち去る人が多くて
困るそうです。里では、生存できないのに。

c0128628_17285431.jpg

ワスレナグサ【Forget-me-not ムラサキ科 園芸種】

5月15日 山梨県西湖根場(さいこ ねんば)にて
近くのシバザクラ祭りの交通渋滞に巻き込まれて、
往生したので、西湖に立ち寄りました。
by tamayam2 | 2010-05-19 17:30 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-19 20:01
nenemuさんのブログにも書きましたが、
今の我が家にはローズマリーとツルニチニチソウが・・・
淡いブルーではありませんが・・・
日光植物園では夏になると池のまわりがワスレナグサで彩られます。
Commented by あんず at 2010-05-20 01:39 x
青い花には、赤や黄色やピンクの花にはない(もちろん、それらも
きれいなのですが)すがすがしさを感じます。
そして、なんだか神秘的な気配も。

だって、「花の絵を描いて」と言われて、青い花って
なかなか描かないと思うから。
Commented by aamui at 2010-05-22 09:01
先ほどはありがとうございました 8月のスイスの山でガイドさんが必死に探してくれて やっとぽっちり見つかった勿忘草 きゅうり草に似ていますね 私はきゅうり草で満足しています
Commented by kawazukiyoshi at 2010-05-22 14:13
青い花は魅力的ですねー。
私も大好きで
青い睡蓮を植えてみました。
ちゃんと咲いてくれるかどうか楽しみにしています。
咲いたら、(多分ずっと先でしょうが)
ブログに乗せてみます。
今日もスマイル
Commented by tamayam2 at 2010-05-22 15:31
◆kimiko_shibata1さん、
ローズマリーは香草ですね。シソ科の植物には、
青いきれいな花、香りのよい葉っぱ、ハチやチョウが
好きな野草がたくさんありますね。私は、どれが
どれだかよく区別できませんが。今年、初めて
ヒイラギソウやチョウジソウを知りました。いいBlog
仲間がいると、いろいろ教えてもらえて(#^.^#)♪~
Commented by tamayam2 at 2010-05-22 15:34
◆あんずさん、
>青い花ってなかなか描かないと思うから・・・
私もそう思います。統計を調べたわけではありませんが、
白、黄色の花は割りに自然界に多いようです。
紫色やピンクもその次ぐらいにありますが、ブルーは
少ないように思います。なんとなくの感じですけど。
Commented by tamayam2 at 2010-05-22 15:37
◆aamuiさん、
キューリ草もワスレナグサの仲間ですね。私は、
まだ、本物を見たことがありません。スイスのお花畑
で見られたなんて、すてきですね。揉むとキューリの
においがするのでしょう。今年も、ゴーヤを植えますか。
Commented by tamayam2 at 2010-05-22 15:47
◆kawazukiyoshiさん、
カエデの実がプロペラみたい・・・拾ってきた銀杏で
盆栽をつくちゃったりして・・・本当にすぐ身近かな
ところに豊かさがかくされているものですね。
青いスイレンの花、楽しみに待っておりますよ。
スイレンは丈夫で、長命な植物のような気が
します。
Commented by nenemu8921 at 2010-05-23 08:58
tamayamさん。ご紹介ありがとう。
青い花、小さな花、見事ですね。(*^_^*)
フデリンドウはやはり山のものが青みが強いですね。かわいい。
ノヴァーリスの「青い花」という物語があるでしょう。
賢治はノヴァーリスも読んでいたらしく、ロマン派の影響受けてるなと感じる面もあります。
現代版の「青い花」物語、tamayamさんが書いたら面白そうです(*^_^*)
読んで見たい!!
Commented by tamayam2 at 2010-05-23 21:30
◆nenemuさん、
最近また、すごい鳥の写真をUpなさいましたね。
キアシサギの飛翔の写真は、すばらしい!
私も「青い花」というタイトルを見てすぐドイツ文学の
ことを思い出したのです。賢治さんは、本当によく
読書されたのですね。ノヴァリスか・・・いつか読んで
みようと思ってそのままになっています。
私が現代版ですって?!? 
nenemuさんこそ、いつか書いてみてください。
待っています。
<< 北国街道、白鳥神社の大ケヤキ ハンカチの木 >>