北林 谷栄さん、逝く

おばあさんの役を演じたら、日本一の北林 谷栄(きたばやし たにえ)さんが亡くなった。98歳。

私の記憶のある限り、いつでも、「おばあさん」役だったが、
お若いときにも「おばあさん」を演じておられたのだろうか。
c0128628_20394355.jpg

私が最近観た映画は  『阿弥陀堂だより』。
過去ログは ここ
若いときに観て印象的だったのは 『ビルマの竪琴』。
ビルマ人の「おばあさん」役なのだが、片言の
日本語ができる。水島上等兵と、捕虜となった部隊との
間の仲介者役を演じる。
あの独特の日本語が忘れられない。
c0128628_20401061.jpg

あの映画のバックグラウンドで流れる ♪~『埴生の宿』
旋律が今も聞こえてくる。いい映画だった。


c0128628_20405883.jpg
私は、ドイツから
取り寄せた
Leier
(ライヤー)という
小型の竪琴を
練習しているが、
頭の中には、
いつも、
あの水島上等兵の
弾く竪琴を
弾きたいという
願望がある。

なかなかうまく
ならないけれども・・・。
それでも、
いいの、いいの。



c0128628_20422023.jpg

Yamyam町一丁目の我が家の庭にもいろいろな
植物が咲き始めた。私が植えたものは、何ひとつなく、
すべて先代が植えたものが根付き、季節を告げてくれる。
ろくな手入れはしないのだが、家の台所から出る生ごみは
すべて堆肥にし、一年に一度花の後でお礼に与える。
c0128628_20424526.jpg

上から、シャガ(アヤメ科)、シラン(紫蘭 ラン科)、
ブルーベル(ユリ科)、ヤツデ(ウコギ科)、
アメリカハナミズキ(ミズキ科)。
c0128628_20431370.jpg

知人がくれたコバンソウ(小判草 イネ科)は、↑
私の好きな野草なので、ドライフラワーにして、
乾いたら、庭に種を放とうと思う。
うまく根付くかどうかわからないけれど・・・。

北林 谷栄さんのご冥福をお祈りいたします。
by tamayam2 | 2010-05-07 20:49 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by bella8 at 2010-05-07 21:20
小判草私も種から植えました。(^-^)
北林 谷栄さんは若い頃からおばあさん役をなさっていたそうです。
なかなか得難い女優さんでしたよね。
惜しい方がまた一人この世の旅路を終えられました。

Commented by kanmyougama at 2010-05-07 22:00
勝手口を出て・・・・・生ゴミは土に・・・・、いい雰囲気です。
植物の営みを大事にして・・・愉しませてもらう・・いいですね。
北林谷栄三のご冥福をお祈りいたします。
Commented by echalotes at 2010-05-08 05:40
私もtamayamさんと同じ事を北林谷栄さんの「おばあさん役」に思いました。それと日本の事情からしばらく離れていた私は、いろんな俳優さんの訃報を聞く中で「あれ、まだ北林さん生きてらしたんだ」という思いも。それだけおばあさん役を長くされてたってことですね。明治の人らしくシャキッとしてらっしゃいましたね。明治の人、もうすぐお話の中の人になってしまいますね。

シャガは東京の実家の庭にも咲いていました。懐かしいな。
ハナミズキは、20年前くらいからかな、東京でずいぶん増えましたね。tamayamさんのお庭も小さな植物園!ですね♪
Commented by sumiko33m at 2010-05-08 07:47
おはようございます!
北林谷栄さんの「おばあさん役」は、何時も心に残る人でした
次々に素晴らしい俳優さんの訃報が聞かれますね
大好きなシャガを見せて頂き、嬉しいゎ・・
シランはこちらでも庭植えで育つのです、今年も咲いてくれると
思いますが、一足早くに見せて頂き、有難うございました。
Commented by ふく at 2010-05-08 08:41 x
「ハイ、コ(ウ)カン!」といいながら兵隊さんと物々交換するんでしたよね。忘れられません。つぶらな瞳に芯の強さをいつも感じていました。
今度ライヤー聞かせてね。
Commented by aamui at 2010-05-08 23:43
あの埴生の宿はしみじみと良かったわね 竪琴には憧れがありますね 美智子様も弾いていられるのですよね
笠智衆さんと北林さんおっとりしたお年寄りの様子が惜しい人です
Commented by tamayam2 at 2010-05-09 18:15
♪ bella8さん、
小判草って、江戸時代の大判、小判のようで、
本当に面白い植物です。知人の家の近くに生えて
いると言っていつもいただいています。都内なのに・・・
こういうイネ科の野草が生きながらえているとは!
うまく根づいてくれるといいけど。
Commented by tamayam2 at 2010-05-09 18:19
♪ kanmyougamaさん、
堆肥は、本当に大事な肥料です。ジャガイモの皮、
お茶の葉、卵の殻など入れています。2年ぐらいで
完全にいい堆肥になります。ミミズもたくさん働いて
くれているようです。堆肥はけっこうよい効果がある
ように思います。生ゴミを減らせるし...
Commented by tamayam2 at 2010-05-10 07:21
◆echalotesさん、
マレの農作業の様子など楽しく拝見しています。
自分が食べる野菜を自分で作れるといいですね。
東京では、アメリカハナミズキがいたるところで見られる
ようになりました。街路樹や公園でも、今ではまずらしく
もなんともない樹木でしたが、いまから40年ほど前には
珍しい木でしたよ。シャガはよく増えて、いまではジャングル
のようになってしまいましたが、よく見れば繊細な色合い
です。ありふれた花ですが、これでも私の
ミニ”植物園”!?
Commented by tamayam2 at 2010-05-10 07:26
◆ sumiko33mさん、
そろそろ北海道も春らしくなっていたのではないかな。
シランが冬を越すとは!強い植物なのですね。
家では勝手口のところに無造作に植えてあって、
ちっとも大事にされていないのですが、花の時期だけ
あら、こんなところに花が咲いて・・・・と人々の注目
を浴びています。よーく見れば、ランはランですし、繊細
な作りです。普段から無視していてごめんね、と
言わないと。
Commented by tamayam2 at 2010-05-10 07:31
◆ aamuiさん、
北林 谷栄や笠 智衆さんのしゃべり方・・・よかったわね。
なつかしいです。老人が老人として一定の社会的立場
があったころのお話ですね。美智子様の弾いておられる
のは、ハープで、あれは、人の背の高さもある楽器です。
私のは、赤ちゃんを抱くように抱えて弾くもので高さが
80cmぐらいのものです。音が出るおもちゃですよ。
Commented by tamayam2 at 2010-05-10 07:36
◆ふくさん、
そう、そう。>「ハイ、コ(ウ)カン!」といいながら・・・
コカンは、交換のことですね。水島上等兵の情報を
教えるたびに、情報提供代として、兵隊さんから
時計やらなにやら巻き上げる、商売上手な老人役
でした。ちょっと関西方言で・・・ひょうきんでしたたか
な感じでした。こういうおばあさんは現実にいそう
ですね。したたかだけど憎めない人柄でしたね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-13 21:57
こんばんは
沢山のコメント、本当にありがとうございます。
丁寧にご覧くださって私の励みにもなります。

私も阿弥陀堂を見た所です。
ビルマの竪琴は私は見ていないのですが、連れ合いがよく話してくれます。
「水島、一緒に日本に帰ろう」と。

このところ、ずっと親しんできた俳優さんや作家さんがお亡くなりになります。
こちらもそれだけ生きてきている・・・ということですね。
一日を大切に暮らしたいと思います。
お返事にも書きましたが、日曜にオランダ展へ行けることになりました。
Commented by tamayam2 at 2010-05-14 00:17
◆kimiko_shibata1さん、
「阿弥陀堂だより」をごらんになったそうですね。
私、そのロケ地が好きになり二度出かけました。
ビルマには、ミャンマーになってからヤンゴン、バガン
を訪ねました。いつもこの映画のことが頭にありました。
仏教国でいい国ですが、政治が混乱していますね。
私が行ったときには、水不足で人々の生活は大変
そうでした。漆器(Japan)のルーツが見られる所
です。ウルシは日本が原産国ではなかったのです。
オランダ展は、地味ですが、いいものがそろっています。
よかったですね。どうぞいい一日をお過ごしください。
お返事に感謝して
<< ハンカチの木 山くらげ >>