山くらげ

先月21日、信州に行ったときに、
(サクラは満開なのに、雪がちらつくような変な天候の日)
路上で、地元の人が野菜の乾燥したものを売っていた。
その中に山くらげ があった。

海のくらげじゃありませんよ。
c0128628_2257369.jpg

見たところ、細い緑のヒモのようなものである。写真上

普段は、そんな変わったものを買わない私だが、
小父さんの売り場に添えられた写真に関心をもった。
「これが、山くらげの葉なの?」
「そうだよ。でも、葉を食べるのではなくて、茎を食う。
 レタスの一種なんだ。」

確かに写真の葉は、みずみずしく、レタスのように見えた。
                           写真 下
たいていは、中国からの輸入物だが、小父さんの
持っている品物は、自分の畑で栽培したものという。
水で戻して、アクを抜いて、炒めて食べると、
あ~ら、不思議、クラゲのようなテクスチュアで、
コリコリ、プリプリしていておいしいのだと言う。

「だまされたと思ってやってみな。」
彼は、くわしい調理法を書いた紙をくれて、その紙には
自宅の住所、電話番号まで書いてあった。
こういう紙をもらったからには、だまされてみようじゃないか!
c0128628_2258446.jpg

2日がかりで、作りましたよ。
三分の一を水に戻しただけなのに、ボウル一杯の量に
増えた。シラタキ、揚げなど手近にあるものと一緒に炒め、
鷹のツメをちょっと入れて炒りつけたら、なかなか結構な
おかずになりましたよ。コリコリ、プリプリした歯触りが
よいのですよ。残りの三分の二は冷凍してあります。

ヤマクラゲは通称。本当は、
ステム・レタス【和名:茎ヂシャ キク科アキノゲシ属 
        Lactuca sativa 中国】
c0128628_225948100.jpg

庄内地方では特産物らしく、
2006年6月24日付「荘内日報社」写真入りの説明が
わかりやすいので、写真を拝借させていただいた。

レタスの茎がこんなにおいしいとは!
新しい発見だった。


Wikipediaによると、西洋でよく食べられる、マーシュは、
生物学的にはオミナエシ科で、レタスの種類とは全然別モノ
そうだ。ドイツでは、フランス語のマーシュを、
Feldsalat(野ヂシャ)と言い、春のサラダの代表格。

日本のツマミ菜のようでやわらかく、酢油のドレッシングと
よく合う。みな、馬のようによく食べている。
by tamayam2 | 2010-05-06 23:06 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by 寧夢 at 2010-05-07 06:30 x
山くらげは好きで見つけるとお酒のおつまみに・・・(笑)と
よく買って来ていたのですが・・・青々とした姿を初めて見ました。
レタスの仲間だったとは・・・。勉強になるわぁ。

そういえば小学生の頃、昔話を読んだ時、「ちしゃ」と出ていて、
どんな食べ物かわからなかった。レタスのことだとは露知らず、
外国には珍しい食べ物があるのだと思っていた頃があった。
・・・懐かしい思い出。
Commented by kanmyougama at 2010-05-07 08:46
おはようございます。
「山くらげ」歯ざわりが海のくらげに似ていて着いたのでしょうね。
信州の在の食材なのでしょうが・・・・
レタスと同種というのも面白いですね。

空港個展終わって工房に帰ってきました。
またお邪魔させてください。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-05-07 09:05
おはようございます。
山クラゲは以前、食したことがありましたが(たぶん中国の)、こうした代物であっとは!!
あのテクスチャー、すきですよ!
ずいぶんと乾燥させたものですね。
素敵な先人の知恵が詰まっていそうです。
いつも幅広く、新鮮な話題をありがとうございます。楽しみです。
Commented by tamayam2 at 2010-05-07 14:01
◆寧夢 さん、
徳島へのご旅行よかったですね。行ってみたいなあ。
あの大塚国際美術館も見てみたいし。
日本人は、ほうれん草のお浸しとか、緑の葉っぱを
食べないとなんとなくヴィタミンが欠乏するような気
がしますね。西洋では、緑の葉っぱが恋しかった
ものです。こういう乾燥野菜にも思いがけぬ日本の
素朴な味わいがありますね。切干とか、干し椎茸とか・・・
酒のつまみにもいいし、腸のお掃除にもなるような
気がして。。。うふふ。
Commented by tamayam2 at 2010-05-07 14:07
◆ kanmyougamaさん、
連休中に個展をなさったのですね。大勢の方に
会われて・・・大盛況でしたね。お疲れさまでした。
東京もあっという間に〔昨日は)初夏のように暑く
なって・・・緑は濃くなりますし、なんとなく気ぜわしく
なりました。また、工房のご様子、農作業のご様子、
楽しみにしています。
Commented by tamayam2 at 2010-05-07 14:15
◆ kimiko_shibata1さん、
お日様の光を浴びて乾燥された野菜は、なんとなく
信頼できそうですね。
>先人の知恵が詰まっていそう・・・私もそういう気が
します。4月は気候が不順でキャベツが一個400円と
いうときがありましたね。今は、回復してきましたが、
野菜をたっぷり食べられるのは本当に幸せなこと
ですね。地方に行くと、珍しい乾物は無いかしらと
いつもきょろきょろしています。〔笑)
<< 北林 谷栄さん、逝く ゴールデン・ウィークの銀座 >>