チュ-リップいろいろ

この絵は、1608年フランス、Florilegiumという本に
収められている植物画、今ふうに言えば、フローラル
アートです。(米国 The Cleveland Museum of Art蔵)


c0128628_22324398.jpg

ずいぶん花数の多い、変わった植物です。

左にチョウが描かれているのは、いいとしても、
右下には、そのチョウ幼虫である毛虫まで
描かれています。
(チョウ好きには、うれしいことですが・・・)

茎の長い植物らしく全景が画面におさまらないもの
だから、茎を途中でちょん切っちゃった!
大胆なデフォルメ、少々ユーモラスです。
c0128628_2225593.jpg

こういう植物は実際に存在します。
2008年4月、ボンの植物園で撮影。
フリチラリア【ユリ科 Fritillaria imperialis】
日本名は、瓔珞(ようらく)ユリ、バイモ〔貝母〕などと
同じ仲間です。
c0128628_22265527.jpg

西洋の庭園では、中央部に堂々と配置され、
ひときわ高くそびえているさまは、立派なものです。

ドイツ語ではKaiserkrone 王様の冠という意味。
チューリップの中の王の王、園芸家に愛され、高値で
取引されるのでしょう。

チューリップと言えば、オランダが有名で、西洋の
花のようですが、じつは、トルコ原産です。
c0128628_22531964.jpg

オランダは、トルコから球根を買い、品種改良を重ね、
一大産業に成長させたのです。
チューリップの取引をめぐっては、殺人事件も起こるし、
小説種にもなるし・・・この美しい花は、人を狂わせる
魔性を秘めているようです。


c0128628_22273889.jpg

ベルリンの
植物園で見た別のヨウラクユリ

チュリーップの原種は、丸みを帯びておらず、細長い形
をしています。


c0128628_22282333.jpg








トルコのタイルに描かれたチューリップとカーネーションのモチーフ。

ブルーのものがチューリップ。
カーネーションもトルコ原産の植物です。
by tamayam2 | 2010-04-18 22:44 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by 寧夢 at 2010-04-19 00:05 x
瓔珞とはまた古めかしい言葉が付いた花の名前ですね。
確かに飾りとしては揺れながら垂れ下がるのが、
アクセサリーの基本の形の一つかもしれませんが。

下向きの花よりも、上を向いて欲しいなあと感じた私。
気持ちが上向きになって欲しいと思っているからかしら。(苦笑)
自然は人の世界の小さなことお構いなしに、
自分らしい自分の姿を保っているのにね。

Commented by あさこ at 2010-04-19 00:15 x
チューリップ、季節ですけど、今年は寒いですねぇ。以前、GWに、富山のチューリップを見に行きました。フェアの会場はもちろんのこと、砺波(だったかな?)のフツーの畑も壮観でしたよ。
イランやトルコのタイルにも、チューリップはたくさん登場しますね。イズミックタイルの青が好きです。
Commented by kanmyougama at 2010-04-19 08:30
チュウ-リップの歴史もきっと長いのでしょうね。
最近は民家の庭にもよく見られます。
チュウリップが何となく洋風に見えるのは仕方がないのでしょね。
まだまだ日本の《和の様式には》溶け込めていないのかな・・・・
僕の偏見・・・(笑い)
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-04-19 09:21
おはようございます。
チューリップも奥が深い植物なんですね。
原産はトルコ、でしたか!
最近、いろんなチューリップを見かけますが、西洋では昔からいろいろとあったのですね。
こうしたお話を聞くと
タイル画の展覧会(新橋)、もう一度見たいものですね。

17日宇都宮はチューリップに雪・・・珍しい風景でした。
Commented by tamayam2 at 2010-04-19 18:14
♪寧夢さん、
そうですよねえ!>上を向いて欲しいなあと
感じた私・・・・。「おいおい、ちょっとお顔を覗かせて!」
といつも思います。実は、ヨウラクユリの黄色い内部が
見えている写真は、右に私の指が写っているので、
カットしました。ふふ
Commented by tamayam2 at 2010-04-19 18:20
♪あさこさん、
イズミック・タイル・・・いいなあ。イズミールというエーゲ海
に面した古い町がありますね。タイルの植物の文様が
面白いですね。富山の礪波平野のチューリップ畑も
素敵でしょう。そのシーズンに訪れてみたいですね。
セミナーご成功を祈ります。
Commented by tamayam2 at 2010-04-19 18:22
♪kanmyougamaさん、
チューリップは、どうしても西洋のイメージですね。
子供が初めて描く絵は、たいていチューリップ。
♪ 咲いた、咲いたちゅーりっぷの花が・・・初めて
習う歌は、きまってチューリップ。いい花ですね。
Commented by tamayam2 at 2010-04-19 18:28
♪ kimiko_shibata1さん、
ほう、タイル画の展覧会があるのですね。私、タイルが
なんとなく好きですぐ集まっちゃう。鍋敷きなどに利用
したり、壁に掛けたりしています。子供のころ
『黒いチューリップ』という探偵小説に夢中になりました。
そうちらは、チューリップに雪でしたか!東京はまだまだ
パァーと春になりません(涙)
Commented by aamui at 2010-04-19 18:58
こんばんは 魅力的な絵ですね 最近出てきたチューリップは原種に近いのですね
Commented by tamayam2 at 2010-04-19 19:45
♪aamuiさん、
気候が不順ですが、お変わりなく?
最近、原種というのが流行っているようです。
Old roseとか・・・。確かに華やかさを、通り越す
と単純なものに心惹かれるのが、ニンゲンの性癖
なのかもしれません。古典復帰ですね〔笑)
私は、できれば、その植物がどんな場所で生まれて
どんな場所で育つのか、いつも知りたいんです。
だから、原種に興味があります。ふふふ
Commented by nenemu8921 at 2010-04-20 14:06
チューリップはいつの時代も古くて新しい!!
話題をよびますね(^^♪
冒頭の画像、面白い絵ですね!本物をみてみたいなあ。
宮沢賢治にも「チューリップの幻術」という童話があります。
光のお酒をチューリップのグラスで飲んで幻想世界に入ってしまうというものです。
Commented by あさこ再び at 2010-04-20 16:30 x
INAXのタイル博物館というのが、常滑市にあるんですよ。そこには、いろんなタイルがあるんだそうです。行ってみたい博物館として、リストアップしてます。イランで、タイルの美に目覚めました。あのイスファハーンの建物群は圧巻でした。
Commented by tamayam2 at 2010-04-21 07:03
♪nenemu8921さん、
お帰りなさい!エレベストのお山の写真を見せていた
だき感動しました。行きたくても、めったに行けるもの
じゃないもの。あなたは本当に勇気があるわ。
この絵は、カードで、アメリカのどこかの植物園で
買いました。まだ残っておれば、お送りします。
Commented by tamayam2 at 2010-04-21 07:10
♪あさこさん、
そうですか!常滑市は、名古屋の近くですね。機会
があれば行きたいです。タイルは実用的なもので
すが、集合すると面白い文様が出来、面白いもの
ですね。イラン、モロッコなどイスラム圏のもの、ぜひ
見てみたいです。
<< 清春芸術村 白うさぎに出合った銀座 >>