ローマ(2) ヴァチカン システィナ礼拝堂

ヴァチカンはカトリックの総本山。その中のトップの
地位にある法王、ヴェネディクト16世に、驚くまいことか
謁見することが許された。(もしかしたら、会えるかもしれ
ないとは聞かされていたが、みな半信半疑だったのだ)

6000人ほどの謁見団体でいっぱいの会場で、我々日本人の
グループの席は、比較的前のほうだった。
c0128628_1855853.jpg

世界中から集まった団体が紹介され、
法王は各国語でお言葉を述べられた。
日本人には、英語で祝福された。
c0128628_187373.jpg

外に出ると色々な民族衣装を着た人々が興奮して談笑して
いた。
(写真の人たちは、おそらく東欧から来られたのだろう)

世界遺産に登録されているヴァチカン美術館では、ミケラン
ジェロが設計した巨大なクーポラ(丸天井)と美術品を観た。

その後で、夜、システィナ礼拝堂(教皇庁の奥まった内部)
に入ることができた。そこで、ラファエッロ
ミケランジェロの傑作を観せられて、もう目玉が
興奮して、見開きぱなしという状態に陥ったのですよ・・・
c0128628_1881787.jpg

礼拝堂の内部の撮影は許されていないらしいのだが、
ガイドさんが「フラッシュを焚かなければOK」と
間違えて伝えたので、私は10枚ほど撮ってしまった。
あとで、係り員に注意された。
暗い礼拝堂の中とて、あまり鮮明ではないのですが、
ここで、公開するのは、一種の禁断の画像です。
c0128628_1884912.jpg

正面の絵はミケランジェロの「最後の審判」 ↑
死後天国に行く者と地獄に落ちる者を描いた
恐ろしいフレスコ画。
c0128628_1895318.jpg

天井画は、同じくミケランジェロの「天地創造」
c0128628_18104819.jpg

神に似せて人を創造された「アダムの誕生」・・・上
アダムとイヴが楽園を追われる「楽園追放」・・・下

美術史の教科書で見た絵がここにあるとは!
その質感と量に圧倒された。16世紀の作品。

文盲が多かった時代には、人々は旧約聖書物語を
ミケランジェロが描くイメージで理解していたのだろう。

この作品の大掛かりな修復は、近年(1980年~1992年)
行われ、莫大な費用を日本テレビが負担したと聞いた。

「天地創造」のオリジナルを観て、たいそう感激して
帰国したのだが、先日、週刊誌を見ていたら、
徳島県にある大塚国際美術館に、そのそっくりの模造品が
あることを知った。

横綱、白鵬の結婚披露宴が近ごろ、その美術館で行われた
のだという。

ヴァチカンのシスティナ礼拝堂のほうは、明かりを落とした
薄暗い空間だが、日本のそっくりさんは、絢爛豪華な天井画
となって一般公開され、ときには、有名人の結婚披露宴の会場
としても使われているようだ。

何でも日本に持ってきてしまう日本の経済力とその貪欲さに
再び、驚嘆してしまった。
by tamayam2 | 2010-03-13 18:14 | たび | Comments(21)
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-03-13 21:39
こんばんは
ヴェネディクト16世に謁見・・・・息をのんでしましました。
そのような機会を得られてよかったですね~
ラファエッロやミケランジェロの作品を直にご覧になられて
昔からの空気を感じ・・・・
私自身は洗礼を受けておりませんが、こうして拝見するだけで感動をいたします。
どんなにか貴重な時間だったのでしょう。
Commented by nenemu8921 at 2010-03-13 22:05
tamayamさん。お帰りなさい。
すばらしいご旅行だったようですね。
興奮したでしょう。いや、感動でしょうか。
法王に謁見なんて、夢のようですね。(^^♪
ミケランジェロやラファエロの原画は、ゆっくり見ることが出来ましたか?
神と対話するような気持ちになられたでしょうか?
なんだか、想像もつかない感じです。
Commented by echalotes at 2010-03-14 03:01
tamayamさん、お帰りなさい。パップに謁見できたのですね。私は、法王がルルドに行った時、テレビでたっぷり見ましたが・・・今もニュースでちらちら、ドイツの司教のよからぬ話で映像が出ます。
フランスでもフラスコ画のある教会や建物はたくさんありますが、こんなに“お腹がいっぱいになる”ミケランジェロのフラスコ画、ご馳走様です。
バチカンは世界のあらゆるチップシークレットの情報が集まるところと聞いたことがあります。tamayamさんは、何かいい情報を得たかしら♪
Commented by tamayam2 at 2010-03-14 08:12
♪kimiko_shibata1さん、おはようございます
ローマ法王に会えたというのは、日本ではあまり
ピンと来ないことでしょうが、キリスト教徒の中では
大変なことのようです。期待していなかっただけに
びっくりし、うれしかったです。ドイツ人ですが、イタリア
護、英語、フランス語、スペイン語で力強く語られました。
Commented by tamayam2 at 2010-03-14 08:15
♪nenemu8921さん、
私、あまり事前に勉強していかなかったので、ありがたい
ものらしいけど・・・・というようなボンヤリ頭で見ました。
そのボンヤリ頭でさえ、しゃっきりしたほどインパクトが
強かったです。その場で案内書を買って、日本でじっくり
読んで・・・すごいものを観たという実感を味わいました。
ふふふ
Commented by ふく at 2010-03-14 08:19 x
当時舎監のシスターや周りの友達が
パパ様とか教皇様と
目に星を宿して話しているのを
奇異な思いで見やったものです。
佳境に入ったお土産話にますます期待!!
Commented by tamayam2 at 2010-03-14 08:27

♪echalotesさん、
パップはルルドにいらっしゃったのですね。私がケルン
にいたころ、ケルン大聖堂へお見えになり、私もTV
で拝見しました。あちらではパップストと言っていました。
過去ログ:http://tamayam.exblog.jp/1581980
カトリックの人たちにとって、パパなんですね。その熱狂
的な歓迎振りをみて熱気が感じられました。ケルンは
カトリックが多い土地なので、仕事どころじゃありません
でしたよ。その後お体はいかがですか?春の訪れと
ともに気分がよくなるといいわね。花が咲き、鳥が鳴き、
なんだかじっとしていられないわ・・・(*^.^*)

Commented by tamayam2 at 2010-03-14 09:40
♪ふくさん、
Papaさまと信者が言っているのを聞くと部外者は
驚きますね。前代のヨハネ23世が亡くなったときの
人々の悲しみの深さは大変なものでした。ヨーロッパ
からも何十万人もの人が、ヴァチカン、サンピエトロ広場
に結集し立錐の余地もないほど。その群集の力に
驚きを禁じえませんでした。2006年初夏でしたか・・・
Commented by kanmyougama at 2010-03-14 11:10
すばらしいことでしたね。
法王、ヴェネディクト16世のお目にかかれた方はそうたくさんはいませんね。
ヴァチカンのシスティナ礼拝堂の壁画や天井画を鑑賞されましたね・・・・暗い部屋ですがよく撮れましたね・・・・・・最近は大分緩やかになっているのかもしれませんね。
僕もこっそり写しましたけど見つからなかったほうですが・・・
見つかって厳しい注意を受けた方がありました。
ミケランゼロ・ダビンチの作品を胸を躍らせてみました。
また機会が作れたら訪ねたいところです。

Commented by tamayam2 at 2010-03-14 13:56
♪ kanmyougamaさん、
kanmyougamaさんのような芸術家ならきっと
本物の迫力に心を奪われるでしょうね。私は、ただ
ただ、あっ!教科書で見た絵だ!と感動しました。
聖書物語のお話は知っていましたが、こういう形
で見せられると、子供でもよーくわかります。
ミケランジェロは信仰が深かった人なのでしょう。
いい経験をさせてもらいましたよ。
Commented by アンデレ at 2010-03-14 19:35 x
バチカンの素晴らしい画像をたくさん見せていただいて、バチカンに行った気持ちになりました。ありがとうございました。まだ画像がありましたら是非見せてください。私たち英国国教会はローマカトリックからある事情で英国ヘンリー8世の時代に別れ独立し、イングランドカトリックと呼ばれていましたがやはり世界のキリスト教の根源は当然のことながらローマンカトリックだと思っています。。

Commented by 寧夢 at 2010-03-15 00:50 x
謁見はカソリックのグループであれば、
事前申し込みが許可されていればOKのはずです。
良かったですね。
毎回世界中から物凄い団体が押し寄せていて・・・。

私は改修前の暗いシスティナ礼拝堂しか知りません。
ただし、大塚の美術館の方は知っています。
陶板によくも焼き付けたものだと思います。その情熱が凄い。
世界中の美術館にいけなくても、四国徳島、
渦潮のそばで見ることが出来ます。
地方での情操教育にはいいかもしれません。
実物大の大きさで色んな作品が見られますから。
ただし、物凄く広い美術館なので疲れます。
なのに、レストランもどきには大塚食品しかなく(泣)。
でも、海辺のリゾート地の目先を変えた目玉美術館ではあります。
Commented by asako at 2010-03-15 10:47 x
ひえ~。12日の写真でもびっくりしていたのに、これはスゴイ! ひとつひとつの絵でも感動するのに、こんなにたくさんあると、、、、、。これを描いた人が(職人さんも含めて)、描いている間中、ずっと神のことを思っていたということのほうが、スゴイ気がします。レオナール・フジタのときもそう思いました。
それにしても、法皇様を写真撮影してもOKだったのですか? 
Commented by babakzk9271 at 2010-03-16 11:25
イタリア旅行ですか 2回行った事があるので
3回目の旅をここであなたと一緒にしてるつもりでブログを拝見します
ヴェネディクト16世に、謁見することが許されたなんてうらやましい・・・
素敵な体験をされましたね

↓のスイス兵の写真必ず撮りますよね
Commented by aamui at 2010-03-18 22:05
17年前に行ったバチカンであの広場の窓から当時の法王が見られるという幸運な経験をしましたが 広場にひしめいていた老若男女 さまざまな民族が感激している様子に 深い歴史を感じました
最もよくわから無い世界です 
踏みつけているのはイスラム教徒なのですね ありがとうございます なかなか相容れない世界が続いているのdすね
Commented by tamayam2 at 2010-03-20 11:35
♪アンデレさん、
お返事が遅れてすみません。台湾に旅行していました。
ローマで観たいろいろの風物、後でぼちぼちUp
させていただきます。アンデレさんは、Blogはなさって
いないのでしょうか。もしありましたら、見せてくださいね。
Commented by tamayam2 at 2010-03-20 11:40
♪寧夢さん、
もうBlog再開されたのですね。よかった!
そう、それ、大塚国際美術館のことですよ、
驚きましたが、すごい努力だと思います。
陶板に焼き付けてあれば劣化しないし、多くの人の
目にふれることが出来ます。私は、一度行ってみたい
です。広いところなら覚悟して、しっかり見てこよう。
食べ物は、大塚食品か・・・。なら、お握りを持って
行こう。日本人のこういうエネルギーを(少しおかしい
けど)やはり好きですよ(笑)
Commented by tamayam2 at 2010-03-20 11:45
♪asako さん、
ええ、法王さまをみんな写真撮っていました。
OKなのでしょう。私たちは、校歌を歌ってさし
あげましたが、オーケストラーの一団もあり、
しっかりバッハを演奏していました。真面目です
が、陽気な雰囲気でした。天井画を描く人々には
たしかに神への賛美を表現したい、人知の及ぶ
限界まで尽くしたいという気持ちがあったと思います。
Commented by tamayam2 at 2010-03-20 11:48
♪babakzk9271さん、
スイス兵の写真、みんな撮るって本当でした。
私もオバさん根性丸出しで、恥ずかしかったけど、
本当に兵隊のきびきびした姿が立派に見えて・・・
ずるずるとジーパン履いている日本の若者に
見せてやりたいぐらいでしたよ。ふっふ
Commented by tamayam2 at 2010-03-20 11:53
♪ aamuiさん、
信仰のことは、当事者でないとなかなかわからない
世界ですね。時には、宗教間で争いがあり、長年
戦っている場合もあります。イスラムとキリスト教の
戦いもアイルランド紛争のようにカトリックと英国国
教会の対立とか。日本は島国だから、ある程度
いろいろな対立の蚊帳の外に置かれていたのは
幸いな面もあったのでしょう。
ローマに続いて台湾に行ってきたので、なんだか
家中が散らかっています。教は掃除をしなくっちゃ。
(*^v^*)♪
Commented by アンデレ at 2010-03-20 15:28 x
ローマに続き台湾旅行、うらやましいです。台湾には知り合いの方もおられますので私もかねがね行きたいと思っていました。
私のブログ,有りますよ。平成5年1月に開いて今年で7年目です。ぜひご覧ください 。「83歳 毎日ブログ」で検索していただけば開きます。今年84歳になりますのでタイトルも修正しないといけないと思っております。
<< 台北にて ローマ(1) ジェズ教会 >>