鳥のような花

花のような人という表現がある。
美人で・・・(いわゆる美人でなくても)その人の口が
ちょっとほころぶと、辺りにぱぁ~と光が満ちるがごとく、
暖かさが広がっていく人。

1月23日、nenemuさんのBlogで千葉市花の美術館
の温室について読ませていただいたので、
いま温室ではどんな花が咲いているのだろうか・・・
と興味がわいて出かけてみた。

総武線、有楽町線、京葉線と乗り継ぐこと1時間半。
東京湾の海や、ディズニーランド、葛西臨海公園の
大観覧車などを見ながら、稲毛海岸に到着。

立派な大温室である。宝くじの助成金を得てこのような
素敵な施設が造られたという。千葉市民は幸せですね。
c0128628_15292223.jpg

千葉県は東京より一足先に春なのだなぁ~。
入ってすぐのところにランの植え込みがあった。
彩あざやかなランの花々。
c0128628_15294866.jpg

おや、頂点に咲く小花は、鳥の羽のよう。サギソウ
いうランの仲間があるが、水鳥が羽を広げていまにも
飛び立とうとしている鳥の羽のかたち・・・
鳥のような花!
c0128628_15304329.jpg

温室を一巡し、高い位置に咲いていたカリガネソウを
見つけた。園芸種なのだろう、きれいな瑠璃色。
カリガネソウ クマツヅラ科 Caryopteris divaricata】

追記:じつは、この花の正確な名は、クレロデンドルム・ブルーエルフィン
    【学名:Clerodendrum ugandense クマツヅラ科】
    nenemuさんからご教示いただきました。ありがとうございました。
    学名が示すようにウガンダなどアフリカが原産国で、温室で
    ないと育たないようです。


野生のものは、秋の花で、中央の花弁に斑点がある。
湾曲した長いシベは鳥の冠毛のよう。
カリガネとは、雁(がん)のことです。
c0128628_15311928.jpg

ほかの植え込みで見たプリムラ(Primula)の仲間。
サクラソウの園芸種ですね。鮮やかな赤い色がその場を
ぱぁーと明るくしている。

1月だというのに、温室の中は春の色一色でした。
[PR]
by tamayam2 | 2010-01-27 15:37 | 日々のできごと | Comments(8)
Commented by nenemu8921 at 2010-01-27 18:53
tamayamさん。千葉までいらしたの!!
すばらしい行動力!!電車だと不便でしょう!
鳥のような花はクレロデンドルム・ブルーエルフィンとかいうようです。
数年前、魅かれて下の畑で育てました。
背丈くらいにまで伸びてたくさん花をつけました。
イナバウワーとニックネームをつけました(五輪の年だったので)。
でも越冬できずに枯らしました。やはり温室向きですね。

千葉の花の美術館は近いのでパスポートを持っていて時々行きますが、本音を言えば、園芸種ばかりで、ちょっと物足りないです。
冬場は便利ですが……。
三番瀬も不便ですので、よろしかったら、最寄の駅からご案内しますよ。(*^_^*)




Commented at 2010-01-27 19:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aamui at 2010-01-27 22:44
かりがねそうはじめてみました 綺麗な花蘂がこんなに長いのも意味があるんのでしょうね 
Commented by tamayam2 at 2010-01-27 23:01
♪nenemuさん、
正確な名をご教示いただきありがとうございました。
たしかに、イナバウワー!人の背丈まで育つのですね。
かわいい瑠璃色で目だっていました。園芸種ばかり
ですが、こんな冬には、なにか有難い気持ちになり
ますね。私、温室というのに興味を持っていますが、
(暖房費がかかるのか)首都圏であまり満足していない
ので・・・遠征しました。ふふふ 新宿御苑の温室の完成
が待ち遠しいtamayamです。


Commented by tamayam2 at 2010-01-27 23:01
♪鍵コメさん、
ありがとうございます。2月にご連絡させていただき
ます。
Commented by tamayam2 at 2010-01-27 23:15
♪ aamuiさん、
本当にこの花の蘂(しべ)は長いばかりでなく優雅に
歪曲しているの。蜜を吸いにくる鳥 or 虫の体が
接触して、雌しべにうまく花粉がくっつくように適した
かたちなんでしょうね。自然のかたちって本当に
よくできてる!イチゴの場合、表面の粒粒が実だって。
われわれが食べている部分は花托(かたく)という
部分なんだって!今日読んだ本の受け売り。あの
大きいイチゴは大変美味しかったです。私もさっそく
買いに走りました。
Commented by echalotes at 2010-01-28 07:25
やっぱり1月は...もう春!ですね~♪
みんなきれいな色、可愛い形!そして、美しい写真!!
今、花が開き始めた部屋の中のヒヤシンスも鳥に見えてきましたよ。私もパリの植物園まで電車に乗って行きたくなりました。
そう、私がメルルと言っているのは、日本語で「クロイタドリ」と呼ぶようです。いつもカメラが手にあるときは、反対の手にはカシューがいるので、鳥は上手に写真が撮れません~。植物園に行くときには、もちろん、カシュはお留守番!
あー、千葉の春の風がここまでやってきた~。
Commented by tamayam2 at 2010-01-28 07:31
♪ echalotesさん、
メルル=クロウタドリ・・・よくわかりました。ドイツでは
Amselと言い、町でもよく見かける人なつこい鳥でした。
ピラカンサなどの木の実が大好き。犬の散歩の
ときには、写真が写せませんね。パリの植物園が
どんなだか春になったら見せてください。室内で
ヒヤシンスを育てていらっしゃるのね。私も買おう
かしら。最近花屋で見かけるようになりました。
<< 富山の薬売り 野鳥とグリーン・イグアナ >>