野鳥とグリーン・イグアナ

今月15日、小石川植物園でヒヨドリを見かけた。
一羽は、ロウバイの花をつついていた。
c0128628_10423261.jpg

わりに大ぶりの鳥で頭がボサボサ・・・年中見られる、
めずらしくなんともない野鳥らしいのだが、
私にはめずらしかったので、撮影した。
c0128628_10425740.jpg

外国にはいない鳥らしく、バード・ウォチングが趣味の
外国人には、ぜひとも見たい日本の野鳥の一つだそうだ。
c0128628_10431643.jpg

Blog仲間のkimiko_shibata1さんが、24日真岡市で
「籠ぬけ鳥」、ソウシチョウ(相思鳥)をごらんになって
写真を載せておられる。スズメぐらいの大きさで、
非常にカラフルで美しい鳥だ。

「籠ぬけ鳥」というのは、麗しい表現だが、じつは、
観賞用に業者が南方から輸入しているものが、
逃げて(あるいは、野に放たれて)野生化したものらしい。
生命力が強く、アオジなどの野鳥と競合関係にあって、
危険視されている。
侵略的外来種ワースト100に含まれる。
植物では、オオハンゴンソウなどが問題になっているが、
こんなかわいい鳥までも・・・。

めずらしいものを見たい、手に入れたいという人間の
欲望がある限り・・・めずらしくないローカルの
生き物の生命が脅かされていく。また、めずらしい
ものを手に入れたものの、世話ができなくて野に
放つ人もいる。
c0128628_10451632.jpg

同じ日、上野動物園両生爬虫類館で、見た
体長150cmほどのグリーン・イグアナ
哲学者のような考え深い眼に心動かされて、撮影した。

尾の先までは長くて、とうてい一枚に収まらないの
だった。この日に装着していたのが、マクロレンズ
だったので、ズームが効かないのだ。

こんな大きいグリーン・イグアナを飼育している人が
いるらしく、Web上に飼育方法の詳細が載っていた。
はじめは、手のひらぐらいの大きさだが、1年で1m
に成長する。年間10万円ぐらい費用がかかる。放し飼い
にできる広い空間や暖房設備などが確保できなければ
無理・・・。

鳴き声も立てず、静かに行動することが好まれるのか、
こんな動物をマンションなどで飼っている人がいる
とは、驚いてしまう。

時おり、都会で、爬虫類や大型の動物の捕り物さわぎ
が報道されることがある。都会では、ペット事情は
犬、猫、金魚にとどまらず、そうとう複雑になって
きているようです。
[PR]
by tamayam2 | 2010-01-25 10:47 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by tabikiti at 2010-01-25 11:20
始めまして太美吉と申します。
aamuiさん所よりご縁で着ました、黒猫に夢中になりました。
リンク頂いて行きます。
宜しくお願いいたします。
Commented by echoes06 at 2010-01-25 17:31
グリーンイグアナ、よく撮れていますね。
何も考えていないようで、何か思慮深く考えている表情なのが何と
もおもしろいです。
何を考えているのか…イグアナにしかわからんのでしょうね^^

Commented by shibata at 2010-01-25 20:39 x
こんばんは
早速に記事にしてくださってありがとうございます。
こうした外来種、荷物について日本に入国するわけではありませんから
是非とも何らかの制限や罰則をかけていただきたいですね。
井頭公園でもアオジをよく見る場所でした。

グリーンイグアナ、本当に深い、するどいまなざしで・・・
見つめられたら「ごめんなさい」といってしまいそう・・・(笑)
いろんな考え方を尊重したいと思いますが、お隣が飼い主だったら・・・・ゾクッ!
Commented by nenemu8921 at 2010-01-25 21:40
tamayamさん。こんばんわ。
えつ、ヒヨドリは外国に居ない鳥ですか!! そうですか。
きれいな鳥とはいえないかもしれませんが、ピーヨ、ピーヨと鳴く声になじんでいるので、親近感を感じますね。
ソウシチョウの写真も拝見しました。きれいに撮れていますね。
篭脱け鳥といえば、ワカケホウセイインコなどはすっかり野生化して、新宿御苑などで、群になって周遊しているのに出会ったことがあります。
あっ、ニューデリーの郊外と同じ光景でしたから、愕きましたよ。

ペット問題は根が深いと思いますよ。



Commented by tamayam2 at 2010-01-25 22:23
♪ tabikitiさん、
はじめまして!ウチのMoukie(モーキー)猫と遊んで
くださりありがとうございました。Web上で拾ったもの
ですが、もう4,5年もいっしょにおります。リンクあり
がとうございます。書をなさるのですね。たくさんの顔
の絵を面白く拝見。タワーが出来るほどの薬に驚嘆。
どうぞお大事になさってください。食べたいものが
あってもお嫁さまの言うとおり、そろそろと。ふふふ
どうぞよろしくお願いします。
Commented by tamayam2 at 2010-01-25 22:25
♪echoes06さん、あなた様のようなカメラの達人に
よく撮れていますね・・・なんていわれると舞い上がって
しまいます。このイグアナの顔つきがよかったし、
動かなかったし、光線の具合がよかった・・・です。
Commented by echalotes at 2010-01-25 22:33
ぼさぼさの頭のヒヨちゃんたちは、東京の西の実家周辺ではよく「イーヨ、イーヨ、のんびり行こうーよ」って鳴いてました。10年前になるかならないか、朝うるさくなく鳥がいるので何かと思ったら・・・野生化したインコでした。今ここでは、メルルがヒヨちゃんの代わりに鳴いています。

tamayamさんは、爬虫類がお好きなんですね♪愛情を持って写真を撮ってらっしゃる~。tamayamさんの写真のせいで!私は、うちにやってきた「山芋」が太ったヤモリに見えてしまいましたよ~。

フランスでも日本でも、飼い切れなくて保護されている犬だってたくさんいるのに・・・飼うのが難しい動物を手元に置くことは、避けて欲しい気がしますね。その分、動物園へ通って美しい写真を撮る!方が素敵に思えるけどなぁ・・・
Commented by tamayam2 at 2010-01-25 22:33
♪shibataさん、
お宅の写真、リンクさせていただき、感謝いたし
ます。遅ればせながら・・・。昨日行われた
とちぎ生き物のセミナー、そういう立派な団体が
あるのですね。こういう問題の根が深いですね。
もっと勉強しなくちゃ。私の住んでいるところは、
若いアーティストなどが多いところで、時々びっくり
するようなコトがあります。ですから、下のコメント
にリアリティを感じて、ゾクッ!
>お隣が飼い主だったら・・・・ゾクッ!
Commented by tamayam2 at 2010-01-25 22:48
♪ nenemu8921さん、
ニューデリーの郊外には、ワカケホウセイインコの
大群が空を舞っているのでしょうか。なんとなく
想像つくなあ。おっしゃるようにペットの問題は
根がふかそうです。人より動物のほうが愛せる
のかなあ・・・。その気持ちわからないでもあり
ませんが・・・勇気を出して人と話しあわなくては
と思います。
私は、動物園が好きですが、動物園には意外と
外国人が多いです。言葉が通じない世界に生きて
いると、ちょっとストレスを感じるのでしょう。動物園
で、言葉が要らないからほっとするのかも・・・。
これ、私の最近の観察。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2010-01-25 22:54
♪ echalotesさん、
メルルってどういう鳥でしょうか?写真を撮られたら
見せてください。じつは私、鳥にはあまりくわしく
ないのですが、これは図鑑でバッチリ判断できま
した。頭がボサボサですし・・・特徴的です。鳴き声
も鋭いし。
太った「山芋」がヤモリですって!?!
太ったお芋のようなビーツでしょうか???
Commented by 寧夢 at 2010-01-26 06:50 x
昔の人は何も悩まずに、身の回りの自然を楽しむことができただろうに、今は飛んでいる鳥さえも在来種・外来種と心配しなくてはならないなんて・・・。ペットに関しては人それぞれの好みもありますが、住宅事情を鑑みると、複雑ですね。
Commented by tamayam2 at 2010-01-26 09:42
♪ 寧夢 さん、
ほんとうにね、>昔の人は何も悩まずに・・・
それでいいのに、私が気にしすぎるのかもしれ
ません。ふふふ
このごろは、地球上のあらゆるものが移動して
おりますから、大きな規模で考えたほうがいいわ
ね。そろそろ節分。寧夢さんから関西の恵方巻の
ことを教えていただいたんですっけ。このごろ東京
でも恵方巻と書いてある宣伝を見掛けますよ。
関西方面から徐々に北上してきています(笑)
<< 鳥のような花 今日の切手(12):寅年 >>