サギ

Googleでサギと検索すると、詐欺が出てくる。
あわてて、検索項目に、鳥類と加える。

サギには、ダイサギや チュウサギ、コサギがあって、サイズ
だけの問題ではなく区別がややこしい。

下のサギは、ゴイサギというもののようだ。
ゴイサギ【コウモリ目 サギ科 Nycticorax nycticorax】
英語で、Japanese Night Heron
上野動物園のペンギンのいる池で、ペンギンの餌を
ちゃっかり、
「いただいおりますんで・・・はい。」と
ペコペコ頭を下げていた。
c0128628_10184737.jpg

上を見上げると、チュウサギだろうか、美しい白いサギが
枝に止まっていた。
c0128628_1019235.jpg

どちらのサギも、上野動物園で飼われているのでは
なく、不忍池を根城とする野鳥だと思う。動物園のそばだし、
餌のおこぼれにあずかれるから冬越しには、よい場所のようだ。

東京都では、暮からお正月にかけて、住む家が無い人のために
公設 年越し派遣村が設置されたが、1月5日にいったん封鎖。
1月6日に、就活費(就職活動の費用)2万円を支給したところ、
100名以上の入所者が戻ってこなかった・・・と報じている。

生活困窮者のためのシェルターのことを、派遣村と言いかえる。
これもなんだか 詐欺のようだ。

ドロンした人を探そうにも、住所が無いのだから、
トレースできない・・・と。それはそうでしょう、
ホームレスなんだから。

そう簡単にキャッシュを渡してよいものだろうか。
その2万円が正しい目的のために使われたかどうか・・・。

人を信じるのはいいことだけど、騙されるような状況を
提供するのはよくない。

ウチのネコたちには、十分餌を与えているから・・・と信用し
きっていたのだが、ひょっとしたスキに食卓の上に上りこんで、
焼いたばかりのシャケをかじっていた・・・・。

ネコも畜生である。騙されるような状況を提供するほど信用
してはならない。
c0128628_10201927.jpg

あっ、そうそう。これは、上野動物園の両生爬虫類館で
昨年12月に撮影したものです。ただの木の枝ではありません。

よーくご覧になれば、枝にぴったり張り付いて冬眠している
ヤモリの姿がご覧になれるでしょう。
見えましたか?
[PR]
by tamayam2 | 2010-01-12 10:22 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by kanmyougama at 2010-01-12 12:46
ゴイサギさん・チュウサギさんちゃっかりしていますね。
餌場にもぐりこめるのですね・・。
ヤモリは珍しい・・・・工房では見かけません。
50キロぐらい離れた川内では時折見かけました。
国内はどんな分布なのでしょうね。
台湾ではよく見ました。
天井にへばりついていたり・・・。
Commented by アンデレ at 2010-01-12 20:10 x
枝に張り付いてるヤモリ、こんな姿をしていますが、爬虫館の中冬眠ではないですよね。私の家でも時折壁に張り付いてるのを見かけます。九州など温かい地方に多いのでしょうか。カベチョロと言ってますがヤモリのことでしょうか。
Commented by asako at 2010-01-13 00:06 x
わぉ。枝にぴったりと、、、。なんだか健気です。顔もかわいい。「私を見つけないでね」と言ってるようです。
サギは、多摩川近くにたくさんいます。うちの前を流れる用水路にも来て、目の前の電線に止まっていたこともあります。う~ん、さすが多摩川、自然が残ってるんだねぇ、と思っていたら、サギは環境悪化にも負けない強い鳥なのだそうです。したたかです。2万円をもらって、帰りに酒やたばこを買って行った人たちのように、、、、、。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-01-13 09:05
おはようございます。
動物園、楽しそうですね。なかなか行けません。
子供が小さい頃が最後です。

ゴイサギは「Japanese Night Heron」というのですね。
さすが朝廷から冠位もらっただけはありますね。
初めて見たのは京都の疎水・・・一段と雅やかであったような・・・

5年ほど前の私は白いのはシロサギ・・・と思っていました。
友人にシロサギはいないわよ・・・と教えられました。
よく拝見できないのですが、この白いサギさんは黄色い足をしているような・・・
黄色でしたらコサギです。「黄色いブーツのコサギ君」と教えてもらいました。
チュウサギは足が上から下まで黒いそうです。
Commented by echoes06 at 2010-01-13 18:42
上野に限らず動物園のそばには野生のサギがおりますね。
おっしゃるように、ペンギンやアシカの餌のおこぼれにあずかろうと
しているのでしょうね。
ヤモリは完全に木と同化してますねえ。
一瞬、「何を撮らはったんやろう?」とわかりませんでした。
私も時折まわりの景色と同化してしまいたいことがあります^^;
Commented by あんず at 2010-01-13 20:24 x
お金を渡すことは簡単ですが、それは一時的にしか役立たないことは
きっと、渡した方もわかっていたはずなのに・・・と思います。

アフリカの諺に「お腹をすかしている人には魚を与えるのではなく
魚の取り方を教えなさい」というのがあります。

サギって、けっこう好きです。
スイスで見たサギの記事、TBが無理なのでコメント欄のURLに入れてみました。

ヤモリはぺったりくっついて、気持ちよさそう とも言える寝姿ですね♪
Commented by tamayam2 at 2010-01-14 06:55
♪ kanmyougamaさん、おはようございます!
工房は、(私の想像でうは)海を見晴らせる丘の上に
建っている一軒家ですが・・・)ヤモリはいないのですね。
私の東京の家でも見たことがありません。
フィリッピンでは、どの家にもいて、天井にぴったり
張り付いてキュッキュと鳴き声を立てていました。
家のお守をしてくれる生き物ですから、大事に
されていたようです。
Commented by tamayam2 at 2010-01-14 07:01
♪アンデレさん、
カベチョロというあだ名は、なかなかいいわね!(*^v^*)♪
そう、爬虫館のなかは、ヌクヌクですから、冬眠ではありませ
んよね。でもなぜか両生類、爬虫類たちは、昼寝の最中が
多かったです。気持ちがいいんでしょうね。私は、フリッピン
で日常的にみましたから、やはり南国のものなのでしょう。
家を守ってくれていると言われていて大事にしていた
ように思います。別に気持ちの悪いものでもない
のですが、日本から来たお客さんは、天井に張り付いて
いるとキャーとか言っていました。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2010-01-14 07:06
♪asakoさん、
へーasakoさんのお宅のそば、多摩川にいるんですね。
確かに強い鳥なのでしょう。東京でも思いがけないところ
で見かけますもの。新宿御苑、水道橋の後楽園・・・
都会のド真ん中でも、ドッコイ生きていますという感じ。
お仕事いそがしそうですね。ぐぁんばってください。
応援しております。

Commented by tamayam2 at 2010-01-14 07:09
♪ kimiko_shibata1さん、おはようございます!
サスガー!>「黄色いブーツのコサギ君」なるほど。
こうやって覚えれば、いいですねっ!☆
この個体については、足もとがよく見えないのですが、
他の場所で撮ったサギは上から下まで真っ黒でした
から、それは、完全にチュウサギです。ありがとう
ございます。
Commented by tamayam2 at 2010-01-14 07:13
♪ echoes06さん、
echoes06さんのお写真は、本当にどれも素晴らしい
です!私のは、ま、証拠写真のようなもの。この
ヤモリは、ぼけぼけなのですが、面白くてBlogに
載せてしまいました。ホンマ、↓こういう時って
ありますね(*^v^*)♪
>時折まわりの景色と同化してしまいたいことが
 あります^^;
Commented by tamayam2 at 2010-01-14 07:22
♪ あんずさん、
本当にその通りです。国民の税金なんですから、
もっと有効に使ってほしいですっ!年末でやる気の
ないお役人がともかくサッサと仕事を片付けたい
という気持ちが伝わってきます。スイスのサギの
写真、コメント欄に貼り付けてみてください。
YahooとExciteと相性がよくないようで、私もお宅に
コメントを書こうとするとYahooにログインしてから
やり直してください・・・と言われてしまうのよ。
どうなっているのかしらね。東京は、メチャ寒いッス!
お元気でね。
Commented by echalotes at 2010-01-15 06:59
うちのそばにも鷺がいるけれど、日本語で言うと青詐欺!アオサギかな。首がかなり長いです。飛び立つときなどは、バサバサと羽音が聞こえます。サギや白鳥を日常的に見ることに慣れちゃったけれど、最初のころは、毎回わくわくしてました。南仏の町から海の方へ向かうときには、フラミンゴに会えます。あれは、いまだにわくわくします。今年は寒いから、どうしてるかしら。

爬虫類、意外ににかわいいですよね♪
Commented by tamayam2 at 2010-01-16 08:10
echalotesさん、
東京は、いま冷え込んでいるって感じですが、欧州も
お写真で見るとぶるぶるモノですね。でも、毎日カシュ
ちゃんとお散歩。感心します。ウチにはネコがいますが、
ネコは散歩させなくても勝手に自分でやっています
からね(笑)お宅の近くにいるのはアオサギですか!
ドイツの私の職場は池のほとりにあったので、毎日
アオサギ、カワ鵜、ハクチョウ、バン、ガチョウ、冬には
ユリカモメ・・・を見ました。日本では、都会なので、
動物園に行かないと見られましぇん・・・(涙)天然モノの
フラミンゴが見られるとはうらやまし!あれは、やはり
暖かい場所に住むものなのでしょうね。実は、昨日
上野方面へ出かけたので、冬の動物園をちょこっと
のぞいてきました。またご報告します。楽しみに
していてください。
<< ワオキツネザル 外国の植物 >>