新年、山はじめ

新年、明けましておめでとうございます。
2010年もどうぞよろしくお願いします。
(若い人たちは、これを省略して、
 あけおめ ことよろ とか言うんでしょ。
 そういうメールをもらいました(*^v^*)♪ )

tamayam2は、元旦にはふだん住んでいるところ
より少し高いところに登ることを恒例としており
ます。

今年は神奈川県、,湯河原梅園の裏手にある
幕山(まくやま 標高625m)に登りました。

やや冷たい朝でしたが、お天気は快晴。
6時40分発の新宿湘南ラインの車窓から
富士山の雄姿をしっかりと眺めることができ
ました。
c0128628_149354.jpg

山頂へ行くハコネザサの道。
山頂は冷たい風が吹いて気温10度。
寒かったので、記念撮影も忘れて下山しました。
2月の梅祭りのときには、大いに賑わうでしょうが、
この時期登山をする酔狂な人はあまりいません。
c0128628_148144.jpg










唯一見かけた野草、ホタルブクロ。
c0128628_1482048.jpg










都会では見かけなくなった霜柱。

帰りに湯河原町営の「こごめの湯」で、
体の芯まであったまって・・・・しあわせ~。
c0128628_1484436.jpg

ここには、柱状節理の絶壁があり、ロック・
クライミングする人たちの人気の場所です。
c0128628_1492652.jpg

岩の面にしがみついて離れないクモ男たち・・・。
遠くから、素敵よぉ~、がんばって!と
声をかけたいような若人たちでした。
by tamayam2 | 2010-01-03 14:10 | たび | Comments(22)
Commented by ミッチ at 2010-01-03 17:22 x
明けましておめでとうございます。(たしかに長いですね!「あけおめ、ことよろ」ですませた方が賢明かも?!)
高き志の方は高い所に登られるようで、結構なことです。この近辺には山らしい山も、丘すらないので、「低い所」にしがみついている次第。元旦から妻共々、雪の薄ら積もった平地をノルディックウオーキングしました(初歩き)。今日(3日)はまた夜中に降った新雪がかなり積もっておりきれいです。
今年も興味深いブログとすばらしいお写真を楽しみにしております。
Commented by kimiko_shibata1 at 2010-01-03 20:25
あけおめ、ことよろ!(笑)・・・・・
初登山でしたか!
ホタルブクロを発見とは!
私どもは明日、低山ハイクに行ってきます。

今年もよろしくお願いいたします。
Commented by 寧夢 at 2010-01-04 01:54 x
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年から活動的ですね。山の新鮮な空気に英気を養い・・・。
見習いたいものです。
こちらは「お付き合い」で費やした新年でした。(苦笑)
Commented by echoes06 at 2010-01-04 06:35
あけましておめでとうございます。
元旦から登山ですか。
なかなか活動的ですねぇ。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
Commented by echalotes at 2010-01-04 08:51
tamayamさんも少し高いところへいらしたんですね。私も街中の“私のお山”を仰ぎ見に行ってきましたよ。私は岩はやらなかったけれど、高いところから降りては、麓の温泉でゆっくり…というのをよくやっていました。あー懐かしいっ!!元旦に山と温泉、最高ですね~。これは、いい年になりますよぉ~。

一昨年だったかな、40過ぎてる弟から「あけおめ」と言うメールが来たときには…まず、最初は意味がわからなかったのと、いくら若い人たちと職場で話す機会が多いとはいえ、「そりゃぁ、ないんじゃなぁーい?」ってがっくりと言うか、口が開きっぱなしの状態でした。「ことよろ」だなんて、みんな、そんなに口を開けるのが惜しいんでしょうかね。あ、書き言葉だから口にはしないか。でも、だから表情が乏しくなるのかなあ…私も「きゃー、うっそー、ほんと?」としか言わないと言われた世代だからなんともいえませんが。もう敬語がどうのこうのとか「ら」抜きがどのこうのとかという議論もできないとこまで行っちゃっているという気がしますね。いや、書き言葉と話し言葉の区別がはっきりしてきたってこと?わけわかんなーい!tamayamさんの、現場からの「ことば」の記事楽しみにしていますよ♪
Commented by tamayam2 at 2010-01-04 09:34
♪ミッチさん、
おめでとうございます。お宅の純日本的な新春の
飾りつけを拝見し、いやぁ~、日本より日本的!と
感心しました。雪なのですね。新雪を踏んでNordic
Walkingとは。いいですねえ。私どももいつまで元旦
登山を続けられるかわかりませんが、低山でも体力
だめしに登ろうと思っています。ふふ。自然の中で
呼吸すると本当に雑念が去り、気分が爽快になります。
こういう楽しみはドイツ生活で学んだこと・・・ありがたや。
今年もどうぞよろしく!
Commented by tamayam2 at 2010-01-04 09:38
♪ kimiko_shibata1さん、
shibataさんやNoraばばさんには及びませんが、
今年も野外遊びを楽しんでいきたいです。どうぞ
よろしくお願いします。この山は、田中澄江の
『花の百名山』にも登場します。田中さんのように
老いたいものと思って愛読している本です。
Commented by toti51 at 2010-01-04 09:42
寒そうですね。ハコネザサの道っていいじゃないですか。映画にも使えそうな道ですね。
お正月に少し高いところに登るというのはなにか縁起もよさそうですね。
Commented by tamayam2 at 2010-01-04 09:52
♪寧夢さん、
今年もどうぞよろしく!(ことよろ です。)寧夢一家の
ほのぼのとしたお正月風景を楽しく読みました。
ミスドってなんだろう??何をゲットしたの?
でも、ちゃんと学習しましたよ。子供がそばにいない
ので、だんだん語彙が偏っちゃって・・・。ご主人の
お味噌の好みなど・・・八丁味噌はウチには常備
していないのですが、コレが無ければ夜も日も明けぬ
という人々がいるのよね。今日からお仕事ですね。
ご活躍を祈っています。
Commented by tamayam2 at 2010-01-04 09:53
♪echoes06さん、
今年もシャープな切れ味のお写真を拝見するのが
楽しみです。ことよろ です!
Commented by tamayam2 at 2010-01-04 10:04
♪echalotesさん、
ヨーロッパは冷え込んでいるみたいですね。お写真を
見ると、キーンと冷え込んでいる石造りの町・・・という
感じがよく出ています。このごろ東京では霜柱も水溜り
が凍っているのも見かけません。だから、あなたの
お写真で凍っている落葉、水溜まりの薄氷などを
見たとこには、なつかしいと思いましたよ。
日本語の進化(?)はすごい勢いで、どんどん進んで
行くので追いついていくのが大変です。現象として
watchingを続けているんですが、面白くもあり、
情けなくもあり・・・複雑です。外国に住んでいるとき
日本語で書いた読んだりできる幸せをBlogで
味わっておりましたからネ。echalotesさんも
え?ちょっと変わった使い方だなぁと思ったら、
メモしておかれるといいですよ。案外、外から
見ている人のほうが敏感ですから。
Commented by tamayam2 at 2010-01-04 10:12
♪ toti51さん、
田中澄江の『花の百名山』によると、頼朝が戦いに
破れこの山中を三日さまよった記録があるそうです。
こんな笹の道をさまよえばどんなに難渋したことで
しょうね。正月に子供や孫が集まってにぎやかに
過ごすのが一番でしょうが、ウチはそういう幸には
恵まれないので、少々高いところに登って気分転換
を図っているというわけなんです。ふふふ
今年もどうぞよろしく!
Commented by nenemu8921 at 2010-01-04 10:42
tamayamさん。おめでとうございます。
年末年始もお元気ですね。
刺激を受けます。
この時期は(この時期だけは)、我が家では毎年、ファミリー・フェアみたいな日々です。
古い家族、88歳になる母や、新しい家族…、生後2ヶ月の初孫まで…。
ひととおり出会いのあれこれに追われましたが、ようやく、静かな平和な日々を取り戻し、ほっとしています(^^♪
どうぞ、今年もよろしく。



Commented by tamayam2 at 2010-01-04 13:43
♪nenemu8921さん、
88歳のお母様から生後2ヶ月のお孫さんまで・・・!
すばらしいっ!家族関係が希薄になっているとか
申しますのに、一年に一度ファミリー・フェアがあると
いうのは、なんと素晴らしいことでしょう。お迎えになる
家は大変でしょうが、うれしい悲鳴というものですね。
私もなんとなく昔風にお正月のものをアレコレ買って
しまうのですが、結局、買いすぎた!どうしよ~と
今は、その始末に追われているという有様です(トホホ)
2010年も楽しくやりましょう。よろしく!
Commented by kanmyougama at 2010-01-04 16:20
あけましておめでとうございます。
正月は山に登る・・・いいですね。
気分も開けて新たな年を感じますね。
孫たちも帰ってまた静かな工房です。
今日は都市あけて始めての素焼きをしています。
今年もよろしく。
Commented by tamayam2 at 2010-01-05 08:10
♪ kanmyougamaさん、
おめでとうございます。お孫さんが帰られたら、
工房ではいつものように粛々と制作活動が行われて
いるのですね。As usual(常と変わらず)という姿勢
は、私の座右の銘です。世の中がどんなに騒ごうとも
浮き足立とうとも、私はわが道を行く・・・こういうのが
いいですね。生産的な2010年でありますよう!
Commented at 2010-01-05 16:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2010-01-06 07:32
♪鍵コメさん、
お元気で!落ち着かれたらおしゃべりしましょう。
Commented by babakzk9271 at 2010-01-06 17:16
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
コメントをいただきありがとうございます。
正月早々の登山 気持ちよさそうそうですね
山頂へ行くハコネザサの道 トンネルを抜けると・・・と続きがある?

Commented by tamayam2 at 2010-01-06 21:13
♪babakzk9271さん、
>ハコネザサの道 トンネルを抜けると・・・ふふ
その後にはヒノキの林が続いていたり、植物的には
けっこう変化があるところでした。また春先に登って
みたいです。こういう1000m以下の低山がいいわ。
(笑)Noraさんのお元気を分けていただき、今年も
やっていきましょう。よろしくお願いします。
Commented by あんず at 2010-01-07 18:49 x
すっかり遅くなってしまいましたが、新年のご挨拶を申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

あけおめ ことよろ は、やはり友だち同士で使うんでしょうね~。
先生や上司には使わない言葉・・・
なんとなく「仲間内」と「部外者」が言葉によって明確に別れてきているように思えます。

日本で時々「お笑い番組」を見ても、楽屋おち みたいなハナシばかりで
全然笑えなくて・・・
だから、tamayamさんのように、テレビなんて見てないで、さっと山に登るお正月って
いいな~と思うのです。

ああ。 なんだかわたしも ばんがるぞ☆ って気分をいただいたような。
ありがとうございます^^
Commented by tamayam2 at 2010-01-08 07:18
♪あんずさん、
お元気で、またBlog再開ですね。楽しみにしております。
そう、このごろの言葉watcherとして感じるのは、
上下関係というより、親疎関係 ウチラと部外者と
いう関係が強いみたいです。面白いわね。
外にいる人のほうが変化を敏感に感じられることも
ありますので、watchingしてくださいナ。
お正月にTVを見ないわけではありませんが、言葉が
速くてスピードについていけないのと、ボケとか突っ込み
とかピンとこなくて・・・要するについていけないから(苦笑)
関西人のあんずさんなら、そういうの得意なのではない
かしら。私の友人で突っ込もうと思って見ていなきゃ、
面白くないよ、と言っていましたが、私は、ぼや~と
見ていて・・・タイミングを逸してしまいます(苦笑)
BS放送で時々見ごたえのある番組があります。
それは録画してゆっくり時間のあるときに観てい
ます。
今年もあんず語で、>ばんがるぞ☆ 
ばんがれ!だからこそ、笑おう!
<< 外国の植物 カレッタ汐留のイルミネーション >>