11月の樹木たち

春の公園の主役は、草花ですが、
11月の公園の主役は、だんぜん樹木たちです。
c0128628_20453569.jpg

11月初旬の公園は、とても静か。やわらかな日差し
の中で、持参のおにぎりをいただきます。
c0128628_2041341.jpg

【ムクロジ ムクロジ科 Sapidus mukurossi】
学名にもmukurossi とありますね!
サボニンを含み、昔は、種を石鹸代わりにしま
した。種の中の黒い硬い実は、羽根突きの追い
羽根に。

葉は羽状複葉というのですが、本当に羽のよう。
下に落ちている種をたくさん拾いました。
c0128628_20413931.jpg

ビナンカズラ マツブサ科 Kadsura japonica】
別名サネカズラ、万葉集にも歌われています。
学名を見ると、これもわくわくします。だって、
Kadsura は日本語ではありませんか!
日本固有種なのでしょう。

このように学名に日本語がついているのを見ると
うれしくなっちゃいます。カタカナの舌を噛みそう
なnew comerが多い中で、万葉時代からしっかり
日本に根付いている植物に、いとおしさを感じます。

昔は、男性の整髪剤として使われていたそうですよ。
今風に言えば、ムースかなぁ~?
c0128628_20415998.jpg

上のつる草もきっと、△△カズラと言うのだと
思いますが、名が分かりません。
古木に絡み付いていました。一部が紅葉しています。
7日深大寺で
c0128628_20421948.jpg
ハナノキ カエデ科 Acer pycnanthum 雌雄異株】
これも日本固有種。長野、愛知、岐阜、滋賀の4県に
しか自生しないとか。
ドイツでは、見上げるばかりの大木を、公園で見かけ
たことがあります。
春先の赤い雄花が大変美しく、木全体がぼぉ~と赤く
染まります。
c0128628_20423649.jpg

ハゼ ウルシ科 Phus succendanea】
かぶれると怖いですが、紅葉ば美しいですね。

余談ですが、漆を使った漆器のことを、英語では
japanといいます。普通名詞。私は、海外でも漆器を
愛用していましたが、その価値がいまひとつ評価され
ないようです。皆さんプラスティックだと思って
いるらしく、ちょっと残念に思いました。
18日 都立薬用植物園で
c0128628_20425292.jpg

【イロハモミジ カエデ科 Acer palmatum】
紅葉の代表格のイロハモミジ。
15日、国分寺市 日立中央研究所にて
この庭園は、秋に一度しか一般公開しません。昨年は雨で
中止になりました。手をかけすぎないので、武蔵野の自然が
よく保存されています。
by tamayam2 | 2009-11-20 18:49 | 日々のできごと | Comments(2)
Commented by kanmyougama at 2009-11-21 10:18
どの木もよく見かけますので親しみを覚えます。

ムクロジ・・・・・ムクヨノキですね。
羽根突き・・・・、趣旨の川は石鹸に・・・・。
なめると猛烈に苦かったのを思い出しました。

ビナンカズラ・・・・ここでも見かけます。
赤い実はチョット異様に見えますが・・・名前が面白い。

はぜの赤さがここの紅葉の主。


Commented by tamayam2 at 2009-11-23 10:18
♪kanmyougamaさん、
九州ではムクロジは、ムクヨノキと言いますか。
日本の秋は、色が華やかで本当にいいですね。
むかしは、紅葉前線とかテレビで言っているのを
聞きますと、何を大さわぎして・・と思っていましたが、
今は、その気持ちがよくわかります(笑)
<< 野火止用水 奥多摩の野草 >>