駒形どぜうと 酉の市

c0128628_1844310.jpg

昨日12日、下町に出かけたついでに、
長年行きたい、行きたいと念じていた
「駒形どぜう」の暖簾を初めてくぐった。

創業享和元年(1801年)
今から208年前!

中に入ると、テーブルの代わりの長い横木の前に座る。
ぐつぐつと煮えるどぜう鍋をつついている者、蒸篭の
柳川で昼間から一杯やっている者、その間を絣の着物
を着たお姉さんが注文をとったり、料理を運んだりして
かいがいしく立ち働いている。

暖簾をくぐったら、もうそこは、江戸時代!


どぜうは、江戸時代のスタミナ食。
うなぎやあなごと同様、おいしい。
でも、こればかりは、外国人にはちょっとキツイだろう
なぁ~。

私は、韓国、慶州でご馳走になったことがあるが、
山椒の香りがたっぷりで非常においしかったことを
覚えている。
c0128628_18463365.jpg

ふと上を見上げると、神棚にお酉様の縁起物。
12日は、今年の一番酉だと教えられた。
c0128628_184968.jpg

食後、腹ごなしに鷲(おおとり)神社まで歩いて行って
午後の酉の市を見てきた。まだ、そんなに人手は出て
いなかった。


c0128628_18474333.jpg
この女性は、
いよぉ~、
チャチャチャ
・・・と
三本締めの
音頭をとっている。













この威勢のよい声が聞きたいばかりに・・・
この時期になると、出かけたくなるのだろうねえ。

この日の午後から寒風が吹き、気温がぐっと下がって
きた。酉の市は、やはりちょっと寒いほうが気分が
でますね。

過去ログ、2007年の酉の市
[PR]
by tamayam2 | 2009-11-13 18:50 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by keicoco at 2009-11-13 21:29 x
実家の近くの大鳥神社に両親と良く行きました。思い出は多いほうがいいけれど、時がたち、片方がいなくなった今では悲しい記憶になるようです。でも、熊手の売れた時の三本締めはいつ聴いても賑やかでうれしくなり、笑顔になりますね。つくづく日本人だなあと思いますね!下町に行ってみたくなりました。
Commented by credenza at 2009-11-13 23:11
もう酉の市なんですね。寒くなったとはいえ、今年はまだ暖かい感じがします。
今年は二の酉までしかない上に、ぜーんぶ平日なのでいけないのです・・・仕事さぼって行こうか検討中です(笑)
Commented by tamayam2 at 2009-11-14 09:41
♪ keicoco さん、
ご実家の近くの大鳥神社って、目黒のですね。
いっしょに出かけた人がいなくなったら、それは
やはり足が遠のくでしょう。今年は、11月というのに
例年よりぬく~い感じがします。クリスマスカードの
発送も・・・そろそろなのに、そんな気になれません。
私の育った家は、下町と無関係なのですが、だんだん
下町が好きになります。なぜなんでしょう。
Commented by tamayam2 at 2009-11-14 09:47
♪credenzaさん、
江戸情緒、お祭り好きなcredenzaさん・・・今年は、平日
なんですね。残念です。仕事をさぼっちゃ駄目ですよ!
11月は外国からのお客様がとても多い月です。
常に東京ならどこに案内しようかと考えているんですが・・・
駒形どぜうは、やはり下手モノに属しますから不合格
でしたよ。(笑)
Commented by kanmyougama at 2009-11-14 11:54
駒形どぜうと 酉の市 ・・・・・・・江戸情緒そのものですね。
暖簾をくぐったらタイムスリップ。
tamayam2さん忘れられない庶民の味でしょうか。
外国からのお友達には勧められませんか・・・・・
外国の方は本場のお寿司でしょうか・・・。
ここの造形展・・明日の《お魚祭り》で締めくくりです。
Commented by tamayam2 at 2009-11-14 18:55
♪kanmyougamaさん、
どぜうは、頭から尻尾まで食べますし、ちょっと
抵抗がありそうです。その他のメニューにあるクジラは
最もキケンです。この店のメニューにはありませんが、
絶対駄目なのは、馬刺しです。私は好物ですが・・・
造形展の作品、拝見しましたが、とても大きい作品で
すね。長島町の人たちの熱気を感じます。すご~い!
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-11-15 11:27
こんにちは
酉の市があって、世田谷のボロ市があって・・・・
そうこうしているうちに大みそかになっていきます。
東京のいい風景です。

どぜう、苦手ですが・・・・
Commented by tamayam2 at 2009-11-15 20:08
♪kimiko_shibata1さん、
ホント、酉の市だ、ボロ市だ・・・と言っているうちに
師走。なんだかあわただしくなってきました。
そうやって年を重ねていくのですね。
井頭公園は昨年12月に行きました。
「チョウが集まるクリスマスツリー」↓過去logです。
http://tamayam2.exblog.jp/10334558/
今年も出かけたいなぁ~。
Commented by namiheiii at 2009-11-16 22:02
昔、渋谷の道玄坂の坂上に「どぜう」の店がありました。湯豆腐の中にどぜうが熱くて首を突っ込んだものを食べた記憶があります。今もあるかなあ?
Commented by tamayam2 at 2009-11-18 20:09
♪namiheiiiさん、
>豆腐の中にどぜうが熱くて首を突っ込んだもの・・・
これは、かなり強烈な印象でしょうね。渋谷には
今あるかどうか??過日、Bellaさんと奥多摩湖で
お目にかかり、namiheiiiさんとシニア PCの授業を
なさったころのお話を伺いました。パソコン関連の人脈
のつながりは思いがけず、うれしいお話でした。
Commented by aamui at 2009-11-19 21:37
豆腐に刺さったどぜうのことむかしきいてむむむとなったのを思い出しました 江戸の雰囲気を味わいに行きたいお店です
Commented by tamayam2 at 2009-11-21 09:49
♪ aamuiさん、
>豆腐に刺さったどぜう・・・・これは、怖い話ですね。
浅草の店には、そんなの無かったですよ。
これは、一種のスタミナ料理だから、昔は、男性だけの
ものだったのかもしれません。でも、今は、女性も
大勢来ています。コーランゲンがお肌によいとか・・・
aamuiさんがお好きならいつでもお供しますよ。
<< 東京の水源、奥多摩湖 ベルリンの壁崩壊後20年 >>