ヘブンリー・ブルー

初夏のころ、キューウリと西洋朝顔の苗を買って、
2階のベランダで育てていた。両方の蔓が絡みつく
ようにと、私としては念をいれてネットを張ったの
だが・・・・・朝顔のほうは夏中まったく花を
咲かせなかった。
c0128628_18234856.jpg

10月のはじめに、やっと遅い花をつけた。
ヘブンリー・ブルーという空色の清々しい花。
もう10月も終わろうとしているのに・・・
なんということだろう。

毎朝起ぬけに花を数えるのが楽しみになった。

Yamyam町の建てこんだ住宅地の空は、もう秋空だ。
c0128628_1824664.jpg

20日、新宿駅の近辺で、都庁方面の空もすっかり
秋の空だった。
by tamayam2 | 2009-10-23 18:24 | 日々のできごと | Comments(11)
Commented by namiheiii at 2009-10-23 22:10
ヘブンリ・ブルーは秋の花なんだそうですね。近所の家でも最近になって咲き始めました。それに昼でも咲いていますよ。ヒルガオに近いのかもしれません。
Commented by aamui at 2009-10-25 00:39
おばんです あちこちでまだ咲いているのを見て 私も植えたくなってしまいました ゴーヤの無くなったベランダはさっぱりしています
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-10-27 19:34
今頃、あさがお・・・と思いましたら西洋朝顔、季節は秋・・・と今年知りました。
ヘブンリー・ブルーという名がいいですね。
すっかり秋の空です。
今日は一層さわやかで透明感がありましたね。
Commented by tamayam2 at 2009-10-28 11:29
♪ namiheiiiさん、
そうですね。注意してみれば、近所にも西洋アサガオの
花が見られます。まっ昼間に咲いています。葉はハート
型、花の少ないこの時期、なんだかモウケモノをしたよう
です。
Commented by tamayam2 at 2009-10-28 11:31
♪ aamuiさん、
今年は、ゴーヤを楽しまれたのですね。狭いベランダでも
けっこういろいろ植えられることがわかりました。
洗濯物がよく乾くところばので、水やりが欠かせません
が。蔓性の植物はいいねえ。
Commented by tamayam2 at 2009-10-28 11:34
♪ kimiko_shibata1さん、
ほんと、すっかり秋の空ですね。このところ客人が来たり
して東奔西走しておりました。日本の紅葉のすばらしさは
格別ですね。昨日は台風一過、空が澄み渡っていて
気持ちがよかったです!
Commented by alarekko at 2009-10-29 21:43
こんばんは、
いつも、すてきな写真の数々楽しませていただきありがとうございます。

あのう、アサガオですが、植えてあったのに、今まで花が咲かない種類なんですね。
以前こちらで、ヒルガオの写真を拝見したように思うんですが、確か葉が、ハート形だったですね。そのあと、近所でそういうヒルガオ(アサガオ?)に気づいたんです。そのうち、我が家のアサガオと交配してハート形のはっぱが出て来たりして〜なんておもっていたのですが、秋に咲くというのも出て来てくれたらよいかも。
ちなみに、花の大きさはどのくらいですか?

Commented by tamayam2 at 2009-10-31 10:33
♪ alarekkoさん、
トミ子さんつながりでしたね。ネジバナ以来ごぶさたして
おりました。おたくのページの「国産バイオリン」にびっくり!
コメントによれば、別の方は、「国産バイリンガル」と混同
されたとか・・・あはは。だいたいカタカナ語が多くて、
多くて、私のような老人は、ついて行けません。ったく、
困った傾向ですね。アサガオのことですが、もう、
アサガオと気軽に呼んではいけませんね。西洋種の
いろいろな種類が日本に定着しているようで、それにも
カタカナの名がついていてもう、おぼえられましぇん。
今朝のウチのアサガオは、7個で計ってみましたら、
直径約10cmでした!これからも楽しい話題を提供
してください。
Commented by alarekko at 2009-10-31 16:12
ふたたびこんにちは
拙ブログにもおいでくださり、あははと笑っていただけてうれしゅうございます。

ヘブンリー・ブルーのお写真に興奮してしまい、
ちゃんと名乗らずに、とても久しぶりにお邪魔しまして、
失礼いたしました。
勝手なお願いに応えていただき、
大きさも測っていただきありがとうございます。
我が家の、ネジバナの横から生えて来たアサガオも、
直径10センチくらいの花でした。
ほとんど違わないように見えます。
奥が深いですねえ。

Commented by あんず at 2009-11-05 20:51 x
そうか。西洋朝顔、なるほど・・・とひとりで納得してしまいました。
そういえば、スイスにも朝顔が咲いていました。
やはり、西洋種は あちら風の名前がついているのですね。

ところで、久しぶりにtamayamさんのにゃんこと遊びました。
ごろごろ~♪ にゃお~ん♪ ちょっと和んでしまいました。
Commented by tamayam2 at 2009-11-06 07:50
♪あんずさん、
私もアサガオは日本的なモノと信じこんでいましたので、
驚きました。最近、日本の園芸界では、洋種が大流行。
カタカナの名前の植物が多くて覚えるのが大変ですよ(笑)
西洋種はものめずらしくて歓迎されているようですが、
在来種を脅かすこともあり、やや心配なこともあります。
昔なつかしいホウセンカ、オシロイバナ、ヒャクニチソウ、
ヤマブキなど、見かけなくなりました。
あなたの生活の中でたぁちゃんの存在は大きいですね。
私もたぁちゃんのお手紙を読んでいます。外出が思うよう
に出来なくて気の毒ですが。どこかに放してパァーと
駆け巡らせたいわね。ウチのネコ、Moukieを前のBlog
に置いてきてしまったので、連れてきました。遊んで
くださって、ありがとう!
<< 円楽さん、逝く 10月の植物園めぐり >>