サボテンの花

ドイツであるご家庭を訪問したとき、窓辺のサボテンの
鉢植えに花のようなものが咲いていた。
c0128628_20293852.jpg

五弁の花びらが見えているが、どう見ても
作り物(紙製か布製の)に見えた。

めったに花が咲かない珍しいものと、ご主人は、
誇らしげだった。触ってみたら、ラシャ紙を触った
ような感覚で毛羽立っていた。

とても生きた植物には見えなかった。
とりあえず客の立場としてご主人に敬意を表して、
写真を撮ってきた。
日本に帰ってからいろいろ調べたら、サボテンの
仲間ではないらしいことがわかってきた。

私は、多肉植物とかサボテンには、まったく知識が
ないのですが、じつは、奥がふか~いことがわかった
のです。
サボテン科ではなく、ガガイモ科なんですって。
c0128628_20301332.jpg

Stapelia grandiflora ( 大花犀角 ガガイモ科
                             アフリカ原産)

また、今回ケルンFrolaの温室で見たちょっと風変わりな
ちょうちんのような形の花も、ガガイモ科で、上記の
植物の仲間らしいことがわかった。
c0128628_20341247.jpg

確かに、端にちょっと写っている葉の形が多肉植物の
ものだった。ラベルには南西アフリカの原産の文字が見えた。
c0128628_20323820.jpg

Seropegia ampliata (ガガイモ科 アフリカ原産)

ウェブ上でサボテンの花と検索すると、そういう名の歌の
情報がわんさと出てくる。植物のサボテンの花を探すのに
苦労した。

ここ数日、サボテンの花の美しさ、はかなさ、また、
ガガイモ科の植物が環境に適応するためにサボテンの
ような姿に変えて自然界に生存していることや、
たいていのその種の植物は虫媒花で、虫をおびき寄せる
ために悪臭をもっていること。
めったに花が咲かないことなどを知った。

ガガイモとは、イモの一種かと思っていたが、けっこう
種類が多く、不思議な植物のようだ。
サボテンも同様に、私の考えていたものとは、だいぶ違った。

イモとか、サボテンとかひとくくりにして、悪かった!
by tamayam2 | 2009-10-04 20:43 | 日々のできごと | Comments(6)
Commented by ふく at 2009-10-04 21:43 x
ほんとに世の中には知らないことがいっぱいね。
ついていきますとも。
わたしもイモとサボテンにあやまっとこう。
Commented by tamayam2 at 2009-10-05 09:16
♪ふくさん、
ふくさんも私に成り代わり謝ってくださって、心強いです。
この年になって、知らないことがいっぱい。
勘違いもいっぱい。
自然の世界の不思議さにますます深入りしそうです。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-10-07 09:15
おはようございます。
ドイツの花、日本と同じようなもの、珍しいもの・・・
どれも海外の花はおしゃれ!・・・・tamayama2さまの感性がきっとそう伝えるのでしょうね。
Commented by tamayam2 at 2009-10-07 11:45
♪kimiko_shibata1さん、
ほんとに、同じようなものも多いのですが、ちょっと違う
感じのものもあり、一応写真を撮っておくのですが、整理
がつきません(苦笑)秋の野は、待っていてくれませんのに、
この2,3日は台風の来襲とか・・・外出ができません。
Commented by asako at 2009-10-07 22:38 x
「サボテンの花」は名歌ですよ。でも、ほんと、イモかと思った、、、。
Commented by tamayam2 at 2009-10-08 11:00
♪asakoさん、
おお、お若い方!教えてくださりありがとう。YouTubeで
聞いて見ました。ほんと、名歌でした。ありがとう。
<< エレベーターの 閉ボタン ドイツで見た野草 >>