ドイツで見た野草

ケルンで友人宅に5泊しました。
お食事はお庭ですることが多かったですが、日本のように
蚊が全くいなくて、つくづくうらやましく感じたことです。

(東京の我が家の蚊は、まだまだやる気満々。 ちょっとでも
網戸を開けようものなら、容赦なく室内に侵入してきます。)

c0128628_9331658.jpg

c0128628_9334871.jpg

水辺でよく見かけたのは、アカバナの一種、
アカバナユウゲショウツリブネソウ ↑

友人のお宅の庭で、思いがけずレンゲショウマ
黄レンゲショウマを見せていただけるとは!

シクラメンの原種も地植えにされていました。
斑入りの葉が美しかったです。
c0128628_9343066.jpg

時計回りに、
左上:シクラメンの原種 
右上:黄レンゲショウマ
右下:シクラメンの原種
左下:フウロソウの一種
左中:レンゲショウマ
c0128628_935398.jpg

野原で見かけたミヤマウスユキソウに似た花 ↑
日本の園芸屋さんでみたことのあるアザミのような
植物。 ↓
c0128628_9353225.jpg

ブドウ畑で見かけた野草たち
c0128628_93687.jpg

時計回りに、
左上:ゴマノハグサ科の植物 
右上:キジムシロの一種?
右下:ホソバウンラン(ゴマノハグサ科)
左下:キク科の植物
左中:ゴマノハグサ科の植物

日本でなら、山野草のお店で売り物になるような野草
が、そこいらへんに無造作に生えていることに、
興奮を禁じえず、ガツガツとカメラに収めておりますと、
ドイツ人に「そんなに珍しいですか?」と聞かれ、ちょっと
顔を赤らめました。

あることは、あるのですが・・・・
珍しい野草が咲くところには、人が殺到するという事情を
説明してうまくご理解いただけるかどうか・・・。
by tamayam2 | 2009-10-03 09:45 | たび | Comments(4)
Commented by nick-1 at 2009-10-03 21:16
このお宅はドイツ人の家なんですよね?
それにしてもレンゲショウマがあるとは驚きです。
また、外国人の方は山野草にはあまり興味がないのでしょうか?
やはり感覚的に、日本人とは思いとか、感じ方が違うのだとは
思いますが。
Commented by 寧夢 at 2009-10-03 21:37 x
ドイツの方は外でお食事好きですよね。(確かに蚊は余りいない)
ピクニックも好きだし、お隣同士の家でも
庭でお食事したり、庭と部屋と両方開け放してパーティとか、
ごくごく普通にしていた記憶が・・・。でも、残念ながら、
お庭をじっくり拝見したことが無かった。
うーん、今から思うともったいなかったなあ。
Commented by tamayam2 at 2009-10-04 09:43
♪ nick-1さん、
このドイツ人は、野草の原種や原産国のことを調べる
のが好きな人で、特殊な人かもしれません。日本の
野草ばかりでなく、中国のもの、小アジアのものなど
たくさん植えておられました。アジアを源流にもつ植物
がすきなんだろうと思います。ケルンは、例年になく
乾燥していて(雨が少なく)植物の状態がよくないと
しきりにこぼしていました。日本と同様、温暖化の影響
か気候が変化してきているとおっしゃっていました。
私の印象では、8月の末は残暑がきびしかったです。
Commented by tamayam2 at 2009-10-04 09:48
♪寧夢 さん、
ドイツで暮らしているとき、蚊、ゴキブリを見ませんでした。
ハエはいましたけど。野原には、ツェツェ・ダニという毒性の
ダニがいて要注意でした。パン屋のショーケースの中には
ミツバチがぶんぶん飛び回っていて、ちょっと目にはハエか
と思ったものです。彼らは、ともかく(冬でも)外で食べたがり
ますね。家の中にこもるののがイヤなんでしょうか。謎です。
<< サボテンの花 ドイツで見た木の実 >>