フランクフルトにて

この度の2週間にわたる旅行の出発点であり、終着点である
1.フランクフルト アム マイン (マイン川沿いのフランク
フルト)は、ドイツのハブ空港です。
c0128628_16102821.jpg

1.フランクフルト        2.ケルン
3.アール地方         4.ゴスラー
5.ベルリン           6.ドレスデン
7.ミュンヘン          8.フュッセン   
9.リューデスハイム      10.マインツ

地図でおわかりように、フランクフルトから出発し、
西から東へ、そこから南下して再び
フランクフルトに戻ってくるという、かなりの
大旅行でした。

5.ベルリン7.ミュンヘン間だけ空路を使った以外は、
すべてDB(ドイツ鉄道)を利用。日本でウェブから
予約、e-ticketを発券し自宅のプリンターで印刷して
持参しました。決済に使ったクレジットカードを車中
で提示しなければならないことだけ覚えておけば、
大変便利な方法です。
(JRも海外から切符を発券できるでしょうか??)
c0128628_1614147.jpg

8日、ミュンヘンからフランクフルトに到着。さっそく
レーマー(Roemer)広場でワインを飲みながら、人間
ウォチング。
c0128628_16144176.jpg

そこから町の中心ハウプトヴァッフェのほうへ
ブラブラ歩いていくと、古い塔のような建物や
教会が見え、なんだか片面が凹んだり、膨らんだりして
いる変なビルがありました。
c0128628_16152843.jpg

近くの教会の壁の日時計の針は、午後
4時20分ごろを差しています。日時計でも、
役立つんだぁ~と感心たり・・・・。


c0128628_16154588.jpg
レーマー広場
のすぐ脇の道
には、ドイツの
コケシ人形、
胡桃割り人形
の店が
ありました。












チェコの国境近くのザイフェンで作られるという
小さい木製の人形は、クリスマス・マーケット
では、人気の商品です。手作りですから、一つ一つ
表情も違いかわいらしいものですが、けっこういい
お値段がついていました。

翌日は、飛行機の出発が夜だったので、ローカル線に
乗って9.リューデスハイム、そこから渡し船でライン川
を渡り、ビンゲンへ。再び鉄道で10.マインツ
訪れ、午後、フランクフルトに戻りました

これでドイツ紀行記は、一応終わりにします。旅行
業者が絡むと高くつきますが、公共交通をうまく
利用して自分流の旅をディザインするのは、ちょぴり
冒険ですが・・・まんずまんず無事に終わりました。

にわかツアーコンダクターとしては、ほっと
胸をなで下ろしているところです。
[PR]
by tamayam2 | 2009-09-24 16:28 | たび | Comments(18)
Commented by 寧夢 at 2009-09-24 18:36 x
自分で旅をデザインして、ドイツの秋を楽しむ。素敵です。
(退職したら一度、オクトーバーフェストなるものに行きたい私)
その前に、すっかり忘れてしまった英語から勉強しなくては。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-09-24 20:26
こんばんは
どこも歴史を感じるドイツ風景でした。
ずいぶんと広範囲を回られて・・・効率がよく、こちらから切符の手配も・・・
さすがドイツで暮らした経験ですね。
山も旅も自分で計画、実行するのが一番ですね。
Commented by nick-1 at 2009-09-24 22:31
さすがですね、ドイツを熟知してるからできるのだと思います。
でも、旅も案ずるよりも生むがやすしですね、ドイツでも英語が
話せれば何とかなって、自分で描いたように旅ができましたから。
Commented by kanmyougama at 2009-09-25 11:11
ドイツのたびお疲れ様でした。
マップ上で行程を見ますとやっぱり大旅行ですね
。公共の交通機関をつかって私的な旅・・ドイツを知っている方でないとできませんね。
日本から切符の手配ができる話面白いです。
さすがtamayamさんです。
Commented by tamayam2 at 2009-09-25 11:11
♪寧夢さん、
オクトーバーフェストは、ミュンヘン辺りですね。実際は、
9月から盛り上がっているようです。(私も行ったことが
ありません)バイエルン地方の民族衣装も素敵ですし、
陽気なお祭りのようです。定年後の楽しみに取って
おいてください。バイエルン地方の言葉は、オースト
リアのドイツ語に似ているようです。
Commented by tamayam2 at 2009-09-25 11:17
♪ nick-1さん、
最近は、HPにアクセスすると独語、英語、仏語など
選べるようになっていて助かります。私は、独語より
英語のほうがマシですから。鉄道DBのサイトも以前は
独語しかなく判じ物のようでした。今は、インターナショナル
ゲストへのサービスがよくなりました。ドイツ人でも英語が
通じる人が多くなったと感じました。
Commented by tamayam2 at 2009-09-25 11:25
♪ kanmyougamaさん、
やはり土地勘や距離勘(?)がないと難しかったでしょう。
家人が途中で「・・・の歩き方」を失くしてしまい、細かい
町の地図が分からす、迷ったりしました。ガイドブックを
失くして知るありがたさかな・・・!(笑)
Commented by tamayam2 at 2009-09-25 11:32
♪ kimiko_shibata1さん、
>>山も旅も自分で計画、実行するのが一番!ほんと
そう思います。もう少し年をとったら、すべてお任せの
ツアーに参加したいです。地理が分からない場所や
治安が悪いところは、パックツアーがいいですね。
ドイツも小犯罪が多いところもあるので、口うるさく
リュックのジッパーを閉めなさい、カバンを手から離すな
など言っておりました。日本人は、スリの目がら見ると
スキだらけなので・・・。ふふふ
Commented by echoes06 at 2009-09-25 19:19
こんばんは。
ドイツには行った事ありません。
というよりヨーロッパに行った事ありません。
建物に時代を感じますね。
ずいぶんと昔の建物がいっぱい残ってそうで、死ぬまでに一度こう
いうところを歩いてみたいなあ。
Commented by tamayam2 at 2009-09-25 19:49
♪ echoes06さん、
北アメリカや豪州のような歴史的に若いところも面白い
ですが、ヨーロッパですと、中世や紀元前と隣り合わせ
に暮らしているようです。なにより、被写体には困りませ
んので、機会があればいらしてください。モダンな建物も
古典的な建物も混在しています。中世の建物でも、内部
は、現代的に改装してあり、そういう技術が上手だなぁと
感じます。
Commented at 2009-09-26 13:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2009-09-27 00:06
♪鍵コメさん、
コメントありがとうございました!
Commented by nenemu8921 at 2009-09-28 02:06
こんばんわ。すばらしいご旅行をされましたね。
楽しませていただきました。
いいなあ!
フランクフルトはハイジが山から下りて暮らした都会でしたね。たしか。
日本では次々新しくなってしまうので、古い建物や景観が消えていくのは寂しいことですね。
東北の民家などはたくさん空き家もあるようですが、内部だけ現代的に改築するのがたいそう費用がかかると聞きます。
ヨーロッパの技術も導入できないものかしらね。


Commented by credenza at 2009-09-28 23:44
大旅行だったのですね。お疲れ様です。
ところでリューデスハイムには結構立派な自動演奏装置(オルゴール)博物館があって楽しめましたが、立ち寄られましたか?
もう一度行って見たいと思っています。
Commented by tamayam2 at 2009-10-02 21:34
♪nenemu8921さん、
本当にね、>東北の民家などはたくさん空き家もある・・・
内部を改装して現代的に住めれば、いいですね。京都の
町家などに、若い芸術家が住み着いて工房などに改装
している話を聞いたことがあります。日本の古い、いいもの
を大切にしたいとヨーロッパに行くたびに思います。
ハイジがフランクフルトで暮らした!? そういう古い
お屋敷が確かにありますね。執事や住み込みの家庭
教師がいたような・・・古いお屋敷ですね。
Commented by tamayam2 at 2009-10-02 21:43
♪credenzaさん、
そう、credenzaさんに教えられた博物館があったことを
船着き場で思い出したのです。少し山側の高いところ
に確かにありました・・・。残念なことに今回も見送って
しまいました。次に機会がありましたら、かならず!
離任なさるときに手動式自動演奏機を買って帰ろうと
なさって、私が「日本の住宅事情を考えなさい!」などと
説教したんでした。居間の隅にああいう素朴な楽器を
置いておくスペースがあればネ。夢ですねえ。
Commented by wakorisa at 2009-10-05 20:45
旅行会社のパックじゃない旅行は,
一緒に行く人によって全く違ったものになりますよね。
tamayamさんとご一緒したら,今まで見たものも,
違う角度から見ることができて興味深いだろうなあ~。
もう当分ドイツへ行くことはできないだろう,と思っていますが,
tamayamさんの一連の記事で,私も旅行した気分になりました^^
ありがとうございます。
Commented by tamayam2 at 2009-10-07 11:41
♪wakorisaさん、
お久しぶり!ケルンからゴスラーに向かう途中、Bielefeld
という駅に停まったとき、あっ、Frau Kochのところだ!と
叫んでしまいましたよ。また、ぜひお出かけください。このごろ
は刺繍に凝っていらっしゃるのですね。刺繍や編み物好きな
人が見たらドイツや北欧など、きっと楽しめるところだと
思います。私もやりたいけど・・・視力が。若いときにこそ
しておくものですね。
<< ドイツで見た木の実 ドレスデンにて >>