熊田 千佳慕展

8月15日(土)、銀座に買い物に出かけた。たまたま
立ち寄ったデパートで、熊田 千佳慕展をやっていた。
c0128628_910316.jpg

熊田 千佳慕(ちかぼ)については、何の知識もなかった
のだが、ポスターの昆虫や花の精密画を見て心惹かれた。

子どものころ読んだ『みつばちマーヤの冒険』や
『ファーブル昆虫記』の挿絵は、この方の絵だったと
あとから知った。夏休みとあって、子供連れが多く、混んで
いたが、作品数もすごかった。おそらく100点以上展示
されていたことと思う。
c0128628_9104851.jpg

99歳の精密画家とポスターに書いてあったが、年表を
見たら、2日前の13日に亡くなっていた。
年齢を考えれば不思議なことではなかろうが、驚いた。
心からご冥福をお祈りします。

こういう絵はボタニカル・アートの一種なのだろう。
この画家は、子供に見せるのだから、うそは描けない、
そう言って、生物を観察し、観察しつくして丁寧に
細い筆で描かれたそうだ。この方のすがすがしい生き方に
ついては、子供だけでなく多くの人の心を捉えているようだ。
詳しくは、こちらをご覧ください。

展覧会は、24日まで。銀座松屋デパート8Fで。
[PR]
by tamayam2 | 2009-08-16 09:13 | 日々のできごと | Comments(7)
Commented by toti51 at 2009-08-16 10:03
熊田千佳慕さんは、以前NHKの特番で見て、とても感動しました。
そうでしたか、13日に亡くなられたのですね。
とてもいい番組で、描くことだけを考えていらして、それをそっと支えてミシンを踏んでいた奥様の姿も印象的でしたし、おうちの庭も、ちょっとうちみたいな(笑 ジャングルでした。自宅に来る虫を這いつくばって描いておられたようです。すばらしい絵ですね。ほんとうに、筆の毛一本で描いておられるようでしたが、実物ご覧になれてよかったですね。
Commented by tamayam2 at 2009-08-16 14:57
◆toti51さん、
Webで調べますと、NHKで何度か放映されたらしいです。
私は、あまりTVを見ないので、知らなかったのですが、
ちょっと仙人的生活をしておられたようです。ファーブルも
そういう人ですね。心のまっすぐな青年のような志をもって
おられた方だと思いました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-08-16 20:50
こんばんは
今日、この展覧会の為に上京し、素晴らしい絵をじっくりと拝見してきました。
この日を楽しみにしておりましたので亡くなったとの報道にはとても驚きました。
昆虫をみるやさしいお顔が印象に残ります。
Commented by tamayam2 at 2009-08-17 07:07
◆ kimiko_shibata1さん、
前からこの画家をご存知だったのですね。こういういい意味で
職人気質の方が少なくなりましたね。今では、グラフィックの
世界は、コンピュータを使えば、できないことがないくらい。
一筆、一筆に魂を込めて丹念に描く絵の迫力はまったく別の
ものですね。
Commented by mui at 2009-08-17 18:17 x
今自分のブログにログイン出来ないトホホな状態です 困りました
なんてラッキーな!tamayamさんにぴったりな展覧会でしたね こういう時神様が・・・・と思いませんか?!99まで描き続けられる幸せでしたね
Commented by tamayam2 at 2009-08-17 18:58
◆muiさん、え?どうしたの?
ケセラセラからはできるの?

こういう時、ピッタリ時宜にあったもの神様は備えて
くださるのです。ありがたいことでございます。
Commented at 2009-08-18 19:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 半夏生のころ オニバス >>