ジャコウアゲハを見た!

8日午後、小石川植物園で、
コンニャクの葉の広がりの見事さや茎の翼を呆然と
見とれていると、汗が額や首筋からポタポタ落ちた。
コンニャク  サトイモ科 Amorphophallus konjac 】
c0128628_21333534.jpg

朝から垂れ込めた空は、どんよりと重く、風がソヨとも
吹かない。
あぁ~、こんなところを歩き回ったところで、
蚊に刺されるのがオチだ…と思ったとき、ひょっと
眼をやると、眼の前にうつくしいチョウが止まって
いた。

ジャコウアゲハ ♀ アゲハ科 Atrophaneura alcinous】
私が長年ひと目でも見たいと思っていたチョウだ。
c0128628_21343774.jpg

ジャコウアゲハは、ウマノスズクサしか食べない。
ウマノスズクサは、私がヨーロッパでも日本でも気になって
しかたがないツル草で、Blogでも何度となく取り上げた。
       都市の緑化とウマノスズクサ(2007年6月)
       キューガーデンにて (2007年10月)
       高尾山でウマノスズクサに出会った(2009年5月)

c0128628_2135174.jpg

ウマスズクサは毒草であるから、このチョウは、体内に毒を
蓄えている。そのおかげで、鳥に食べられずに済む。
なぜ、この草しか食べないのか??
いろいろ謎が多いチョウだ。
この事実については、Blog仲間のnamiheiiさんの文章にくわしい。
   「黒蝶の戦略」…ジャコウアゲハの超能力(2005年8月)

食わず嫌いで、個性ばかり主張していたら、絶滅の危機に
あうよ、ウマノスズクサはあまり都会で見かけないし…
と心配するが、ジャコウアゲハ自身は比較的繁殖力の強い
チョウということだ。 ♂は、真っ黒なチョウ。

私はこのチョウを見たとたん、カメラを構えたが接近しても
逃げる風情がなく、数分後、左右の葉に立ち寄りながらゆら
ゆらと静かに飛び去っていった。まるで夢を見ているような
幸せな数分間だった。
c0128628_21354410.jpg

ウマノスズクサ ウマノスズクサ科 Atistolochia debilis】
この近くにウマノスズクサがあるに違いない。そう思って
探すと、花壇の中に一株、花壇の外に数株まとめて植えて
あった。国内外のコレクションができていた。しかし、
いずれも暑さのせいか、発育が今ひとつの感じだったが、
その中の一株の葉に幼虫とタマゴを認めた。

間違いなくジャコウアゲハの幼虫だった。さっき見たものは、
羽化してまもない個体だったのだろうか。

(幼虫だのタマゴだの、気持ち悪いとおっしゃる方がおられ
たらゴメンナサイ。チョウの幼虫は、こんな段階を経て羽化
し、あの美しい姿になるんです。)


私はこのチョウに出会えただけですっかり満足し地下鉄の
駅に歩いて行ったら、花火会場に向かう浴衣姿の少女たち
が大勢歩いていた。

雑踏の中をチョウがひらひら舞っているように見えて困った。
by tamayam2 | 2009-08-09 21:41 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by aamui at 2009-08-09 23:53
シックな裾模様を着た美人みたいですね この幼虫から?!おめでとうございました
Commented by kanmyougama at 2009-08-10 07:57
孵化したばかりでこれから飛ぶエネルギーを蓄えていたのかも知れませんね。模様がシンプルですね。
ゴマムシの親指ほどをすう匹見つけて大慌てでつぶしました・・・・、ゴマの大敵とばかりに駆除しました。
もう余裕がないですね・・・画像も取っていません。
今度はカメラに収めてから処分します。
毒草も多いですね。
Commented by 寧夢 at 2009-08-10 11:09 x
一連の記事、大人の理科の自由研究を読んだ気分になりました。
綺麗な花には毒がある、そして蝶にも。
大人の魅力に溢れている黒の着こなし、でも幼虫はこんな色・・・。
自然って不思議ですね。
Commented by tamayam2 at 2009-08-10 11:59
◆aamuiさん、
>シックな裾模様を着た美人・・・本当にそういう感じ
ですね。羽化したばかりなのか、とてもきれいなチョウ
でした。長年の夢がかなってうれしい!
Commented by tamayam2 at 2009-08-10 12:04
◆寧夢 さん、
初めてnimiheiiさんのBlogにお近づきになったとき、この
チョウと食草の関係を知りました。どうして鳥は、毒がある
虫を見分けることができるのでしょうね。
なんだか日本中、豪雨や台風で大変ですね。ちっとも
夏らしくカラリと晴れません。このまま秋に突入するのか・・・
ヤダ、ヤダ。
Commented by tamayam2 at 2009-08-10 12:07
◆ kanmyougamaさん、
すわ!ゴマムシの発生。大事なゴマを助けなくちゃ。
おいしいものは、虫もよく分かっているのですね。
創作、菜園、お孫さんたちの夏のプログラム…こう
して忙しくしているのが一番幸せですね。
Commented by tamayam2 at 2009-08-10 12:21
◆nenemuさん、
TBありがとうございました。水元公園でも観察できるの
ですね。また、品川区のチョウを増やすプロジェクトの
お話、興味深く拝見しました。チョウとその食草の関係
を子供に教えたいですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-08-10 19:40
暑い中、このような素晴らしい観察をされて
掲載して下さってありがとうございました。
とても興味のあったこと・・・嬉しく拝読。
また「黒蝶の戦略」もご紹介下さって・・・・
とても素晴らしい世界で、神秘でさえあります。

今年は「日高敏隆撰集」に出会った年。
tamayam2さまとも知り合いになれてなにか不思議なご縁を感じます。
Commented by namiheiii at 2009-08-10 22:15
「黒蝶の戦略」に書いたのは勿論私の観察したものですが、学問的な知見は友人の深見浩氏の京都大学での研究によるものです。彼の一般向けの書にはこのほかにも沢山の生物たちのの面白い話が書かれています。

深見浩著 生物たちの不思議な物語 化学同人社 1992
Commented by tamayam2 at 2009-08-11 09:16
◆ kimiko_shibata1さん、
大人になってから昆虫少年のような「おっかけ」をやって!
われながら変だと思います。でも、世の中には、同好の士も
おられることを知りすこしは安心しています。人に迷惑を
かけないし、お金も使わないし・・・ネ。下にnamiheiiさんが
深見先生のご本を紹介してくださっています。Blogを通じ
良書を知ることができて幸せですね。
Commented by tamayam2 at 2009-08-11 09:27
◆namiheiiiさん、
深見先生のご本をご紹介くださり、ありがとうございました。
デュッセルドルフでウマノスズクサを初めて見たときから、
ジャコウハゲハに会いたいと思い続けてきました。昔は、
ただきれいな花ばかりに眼が行っていましたが、今では
自然界の複雑な関係に興味を持つようになりました。

Commented by tonko♂ at 2009-08-19 21:46 x
 数年前にオオバウマノスズクサをプランターで育てていて、かなり大きな株になったので今年の春にジャコウアゲハの蛹数頭を手に入れました。 それが羽化し、ウマノスズクサなんてこのあたりじゃ自分家にしか生えていないので、ヒラヒラと空中を泳ぐジャコウアゲハを何時も近くで愛でる事ができていいなー、と思ってました。 
 が・・・、そいつが卵を産んで、すべて幼虫になり、パンデミック状態に陥り、ウマノスズクサを食べ尽くしていまう有り様。今年は春からウマノスズクサを求めて多摩川の土手や神奈川の藪の中を探し回ってどうにか確保、おかげでウマノスズクサの事に詳しくなってしまいました。
<< 異常気象の空の下 チョウが好きな植物 >>