キツネノ カミソリ

あら、水辺に何やら赤いものが!?
彼岸花には、時期が早すぎる・・・・
c0128628_2315265.jpg

ヒガンバナ科の キツネノカミソリでした。
犬の~、狐の~とつくと、植物のほうでは、
少し品下れるようでございます。

が、この時期にこんな花に出会えるとうれしいもの。
キツネノカミソリ ヒガンバナ科 Lycoris sanguinea】
こんな姿の花です。昔、おじいさんが使っていたヒゲそり用の
カミソリに似ていませんか。皮のベルトのようなもので、カミソリを
研いでいました。
 (知らないだろうなぁ・・・)

c0128628_2325211.jpg





















c0128628_233177.jpg

こちらは、道端によく生えている  ↑
キツネノマゴ ヒガンバナ科 Lycoris sanguinea】
大変小さい花で、直径0.7cmぐらいです。

このごろは、食用や日よけのためニガウリを植えて
いらっしゃるお宅も多いことでしょう。涼しげな葉と花。
ゴーヤという名前も一般的になりました。ツルレイシとも
言います。
ツルレイシ ウリ科 Momordica charantia 】
c0128628_235517.jpg

収穫を忘れると、 熟れすぎてこんな赤い種が
とび出してくるかもしれません。ちょっと、ぎょっとする
色彩感覚ですね。

フィリッピンでは、これをアンパラヤと言っておりまして、
昼ごはんのおかずに、よくこの炒め物が登場しました。

若いときにはちょっと苦手な味でしたが、だんだん食べて
いるうちに、苦さの奥にある深い味わいが理解できる
ようになりました。
やはり、この野菜はしたたる汗をぬぐいながら食べるに
限ります。

写真:1日、つくば市で
by tamayam2 | 2009-08-02 23:10 | 日々のできごと | Comments(12)
Commented by 寧夢 at 2009-08-03 01:29 x
今日偶然丹波篠山に鄙びた祭礼を見に行きました。
その時に、この狐のかみそりというものを見かけましたよ。
私も最初、あぜ道の向こう側竹やぶのそばのこの花を
季節はずれの彼岸花かと思いました。

ゴーヤ美味しいですよね。写真のように熟れていると
甘みが出てくる頃ですね。(若い緑のものは苦い)

本日は昼、篠山特産黒豆ご飯。直売所でズッキーニ3本100円。
嬉しいお買物でした。(笑)
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-08-03 07:58
おはようございます。
tamayam2 さまもキツネノカミソリに会ったのですね。
この植物も彼岸花同様有毒なのでしょうか?
ナツズイセンも有毒・・・・Lycoris 全般が有毒なのかしら?
常々 tamayam2 が学名推奨されていることが頭をよぎりました。
彼岸花だったり、狐だったり、夏水仙・・・・と難しくなりますね。

ゴーヤは今でこそ一般的ですが、以前は関東では手に入らず
有楽町のアンテナショップから取り寄せたりしておりました。
群馬で買えた時期、仙台では手に入らす、
差し迫った事情から福島、栃木、群馬・・・とゴーヤを探しつつ帰宅したことが思い出です。(笑)
(足利のスーパーでようやく買えて群馬の家に帰宅しました)
味も改良されているのか湯がかなくとも食べられるようになりました。(ちょっと淋しさも感じます、なんでも個性が無くなって・・・)
Commented by aamui at 2009-08-03 08:53
ゴーヤの種を沖縄で見たときはほんとにに感激しました もう一本なったらここまでほっとこうと思います
Commented by tamayam2 at 2009-08-03 16:58
◆寧夢さん、
いいですね。丹波篠山と言えば、クリ、小豆など
なんだか鄙びたおいしいものが浮かんできます。
関西に住んでおられると、丹波も明日香も行こうと
思えば、すぐ行ける距離なのですね。夏休みの
日々、子供の心にたくさんの思い出が刻まれます
ように。
Commented by tamayam2 at 2009-08-03 17:17
◆kimiko_shibata1さん、
本当にねえ!>彼岸花だったり、狐だったり、夏水仙・・・・
同じ日にナツズイセンも見ましたが、もう少し大きく、
ピンク色の涼やかな花でした。あれもいいですね。
キツネ~は、湿地を好む花なのでしょうかね・・・。

私、リコリスというのにちょっと思い出があって、調べまし
たら、甘草のことで、甘みがあり、薬効があるそうです。
キツネ~と甘草の関係は????
米国で、子供のおやつに「リコリス」という真っ黒な紐
みたいなものがありましてウチの子供が口を真っ黒に
してなめていました。薬っぽい味がして(練り歯磨や
root beerのような香り)です。日本人は、ぞっとする
ような味です。米国の子供はこんな漢方薬のようなもの
与えられて満足しているのかと驚きました。

リコリスには、薬効と毒と両方があるのかもしれません。
だいたい、薬か毒かはサジ加減一つですわね(笑)
Commented by tamayam2 at 2009-08-03 17:22
◆aamuiさん、
お宅のゴーヤは、こんなになるまで放っておかないで、
食べてください。秋には、真っ赤な種を取っておいてね。
ゴーヤの葉は涼しげで見ているだけでもいいですね。
コンクリートのむき出しの壁を緑で覆う運動は、あちこち
で見られますね。私はツル性の植物の逞しさが大好き
です。
Commented by kanmyougama at 2009-08-04 08:21
チョット油断するとゴーヤはこんなことになります。
実を確認したら一両日で収穫時期。
第一早つると実の色が同じですので、アレッ・・ということにまります。この様子を画像にとどめるtamayam2さんさすがです。
赤い種についた果肉は甘いです・・・ゴーヤの香りがして・・チョット生くさいですが珍しい味・・・
Commented by tamayam2 at 2009-08-04 11:06
◆ kanmyougamaさん、
ゴーヤの成長は早いのですね。どんどん食べないと
熟れすぎちゃう。うれしい悩みですね。我が家のキューリ
は、この天候の不順で弱々しい感じです。早くカーッという
夏の日差しがほしいです。
Commented by asako at 2009-08-05 23:02 x
ゴーヤがこんなになるなんて、知りませんでした。そうですか、野菜売り場のゴーヤは、まだまだ未熟ものなんですね。ゴーヤは、アンチョビと炒めるとおいしいですよ! 私の夏の定番です。
Commented by tamayam2 at 2009-08-06 15:28
◆asakoさん、
お暑いですね。頭から湯気が出そう!それでも創作活動
やっておられますか。私も日々何か作ってkおります。(笑)
蓼科のセミナーにはいらっしゃいますか。私はそれはパス
して自然に触れに…来週行く予定です。でも高速道路が
混むので、いい時間帯をみつけて…ゴーヤとアンチョビの
意外な組み合わせ!よかよか。私もアンチョビが大好き
です。海外生活では、非常に威力を発揮してくれたので、
キッチンの常備アイテムになりました。西洋では、けっこう
お高いものでして、Saleの時にまとめ買いしていました。
暑さにめげずに、創作集団はがんばりましょうね。
Commented by namiheiii at 2009-08-08 21:42
ゴーヤは熟れるとこんな色になるのですか?大きくなるとすぐもいで食べてしまうので気がつきませんでした。こんど熟らせてみよう。
キツネノカミソリは花が終わってから出て来る鋭い葉が剃刀に似ているのだと言います。私は意識して見たことがないのですが・・・
Commented by tamayam2 at 2009-08-09 22:11
◆ namiheiiiさん、
私も育てたことがないので知りませんでしたが、ちょっと
ギョッとする迫力でした。nmiheiiさんとお近づきの
きっかけとなったジャコウアゲハに昨日出会いました。
うれしくて、うれしくて!
<< チョウが好きな植物 千畳敷カール(2)草原の主役シ... >>