千畳敷カール(2)草原の主役シナノキンバイ

8月に入りました。

千畳敷カールで見た花々は、名前がわからないものも
含めて15種類ぐらいありましたが、この日の撮影の
出来が悪く、トホホ・・・の画像ばかり。(×_×;

一番目立ったのは、この黄色い大ぶりの花。
シナノキンバイ キンポウゲ科 Trollium riederianus
 var. niponicum 】
直径4cmぐらい花が草原を埋めつくしています。
今の主役です。この種は、学名にniponicumとあるから、
日本原産。初めて見たので、感動しました。
c0128628_97399.jpg



c0128628_995935.jpg
シナノキンバイ
と並ぶ もう
一つの主役は
コバイケイソウ

数年に一度、
群生するとか、
今年は、
当たり年。

有毒なので
動物が
食べない。

奥日光でも
たくさん
見かけた。


コバイケイソウ ユリ科 Varatrum stamineum 】 ↑

c0128628_9104471.jpg

その他の花々。  ↑
右から、コイワカガミ、ハクサンイチゲ、ショウジョウバカマ
c0128628_9114423.jpg

中でも、ハクサンイチゲは、初めて見る花だったので、特に
印象が深かった。岩陰に肩を寄せ合うようにして小さな群れ
を作っていました。これは、直径2mぐらいの小さい花。
ハクサンイチゲ キンポウゲ科 Anemone narcissiflora 】
学名から見ると、スイセンのようなアネモネ。

イチゲの種類やショウジョウバカマなどは、ふつう、春先の
花です。ここでは、まだ雪渓が残っているぐらいですから、
春の花が咲いているのもうなずけます。

もう一つ、初めて見た花。
c0128628_9123791.jpg

ミヤマダイコンソウ バラ科 Geum calthaefolium
var. niponicum】 これも日本原産。ダイコンだなんて!?!
無粋な名前がついているが、かれんな花でしたよ。
[PR]
by tamayam2 | 2009-08-01 09:19 | たび | Comments(12)
Commented by nick-1 at 2009-08-01 14:08
雨の中の撮影でしたか、それは大変でしたね。
歩くだけでも必死なのに撮った結果が悪くてもいた仕方ないですよ。
雨でなければ、いっぱいのコバイケイソウが見事だったでしょうね。
Commented by pfaelzerwein at 2009-08-01 16:11
私にとってもここは憧れの場所でした。結局行かず終いですけど。どうも天気はいまいちだったようですね。

手元の本を見るとシナノキンバイに近いものはどこにでも欧州にあるように思いますが、微妙に違うようです。
Commented by 寧夢 at 2009-08-02 01:30 x
曇り空だとお花の写真もソフトフォーカス気味で、それがまたふんわりとした味わいを出しているのですね。毒があっても清楚に小さい白い花をたくさんつけているコバイケソウが気に入りました。
Commented by tamayam2 at 2009-08-02 05:43
◆nick-1さん、
雨のためせっかくの絶景が見られなかったのが残念でした。
だいたい行き方がわかりましたので、また訪れたいです。
新田次郎の「聖職の碑」という駒ケ岳遭難事件(大正2年)
の話を読みました。駒ヶ根、箕輪辺りの教育熱心な風土が
よくわかりました。
Commented by tamayam2 at 2009-08-02 05:54
◆ pfaelzerweinさん、
ずいぶんご無沙汰しております。アルピニストの pfaelzerwein
さんなら、中央アルプス、南アルプス・・・憧れだったでしょう。
私もここにシロートが行けるとは夢にも思っていませんでした。
このごろは、こういう聖域にアクセスしやすくなったのは、いい
ことですが、自然保護の面からは問題も多そうです。ゴミ、
トイレ、盗掘・・・など等。こういうところに来ている人は、
中高年が多く、若い人々の姿はあまり見かけませんよ。
ふふ。この黄色い花は、Gelbes Windroeschenという
のに似ていますが、かなり大ぶりの花です。お元気で
ご活躍ください!
Commented by tamayam2 at 2009-08-02 05:58
◆寧夢さん、
コバイケイソウは、葉も立派でおもしろい形をしています。
でも、花を見たのは、今年が初めてでした。やはり、当り年
だったのね。東京地方は、曇り空でまだ梅雨の続きの
ようです。きっぱりと夏らしい天気になってほしいです。ふふ
Commented by aamui at 2009-08-02 07:41
 ↓のはいまつの花の色素敵まさかそんな色と走りませんでした はいまつの上に寝転んだ感触 今もはっきり覚えています
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-08-02 08:39
おはようございます。
私があこがれている千畳敷カールにお出かけでしたか!
いいですね~!
花も大きく、鮮やかですね。

ミヤマダイコンソウ、花に比較して葉が大きいですね。
この天気が続きますと農作物が心配されますね。


Commented by kanmyougama at 2009-08-02 10:15
乗越浄土から先はだめとしても「お花畑」はマダマダ何回も行けそうです。
今が一番綺麗でしょうね。
Commented by tamayam2 at 2009-08-02 15:31
◆aamuiさん、
ハイマツの雄花の赤はとてもきれいでした。こうして
虫を引き付け、運んでもらうのかもしれませんが、
マツの類は花粉症の人には鬼門ですね(笑)私は、
針葉樹の雄花・雌花がどれか、いつもしげしげと見て
観察しています。なかなかわからないものも多いです。
Commented by tamayam2 at 2009-08-02 15:35
◆ kimiko_shibata1さん、
我々のような人種はあっと驚きわくわくするような場所
です。なにしろ8分足らずで、
2600mの地点に到着すると、そこは別世界!
人の混まない時期をうまく見つけるのがポイントでしょうね。
私もぜひ別の時期に行ってみたいです。
Commented by tamayam2 at 2009-08-02 15:38
◆ kanmyougamaさん、
「お花畑」だけで十分です。時間が許せば、もっと長く居た
かったのですが、滞空時間2時間でした。このツアーの
名前が、「雲の上のお花畑」 でした。晴れていれば、
雲が下のほうに見えたはずです。このところ梅雨のようで
野菜の出来が心配です。お宅の作物はいかがでしょうか。
<< キツネノ カミソリ 千畳敷カール(1)クロユリ >>