千畳敷カール(1)クロユリ

2千メートルを越す中央アルプスの高山に、
砂礫地が広がっていて、夏のひと時、高山植物の
お花畑が出現するという。

ま、そういう高地には、訓練を積んだアルピニストしか
行けないと思い込んでいたのだが、連れて行ってくれる
というツアーがあったので、申しこんでみた。

お花畑までは、長野県駒ヶ根市、菅の台からシャトルバスと
ロープウェイで一気に1800mほど上昇してしまうという
信じられないコース!(日本人は、すごいこと考えちゃうのね!)

駒ケ岳ロープウェイは日本で一番高地に設置されていると
あって、非常に人気が高いコースなのだそうだ。しかし、
夏には、ロープウェイの待ち時間がなんと○○時間とか・・・
恐ろしい噂も聞こえてきて、ちょっと不安になった。

歩いて登れば、何時間もかかるアルプスの高山に、私のような
シロウトがノコノコ出かけてもよろしいのでしょうか・・・と
オズオズと出かけたのですが、いやぁ~驚いたことに、
何度も来ているという経験豊か、元気いっぱいの中高年の方々
にたくさんお目にかかりました。
c0128628_1559364.jpg

ゴロゴロした岩場や雪渓の上を歩くときには、さずがに登山靴
でないと歩きにくい個所もあった。
雪渓の上の豆粒のような点々は、登山客の群れ。
このあたりは、シラビソなどの樹林帯を過ぎて、ハイマツの
ような低木が強風に身を縮めるようにして、這いつくばって
いる。植物にとって過酷な環境です。
ハイマツ マツ科 Pinus pumila 】
雄花の赤が生き生きと輝いていて美しかった。
c0128628_15592445.jpg

訪れたときは、降水確率85%ぐらいの雨の日であった
から、写真撮影は期待せず。
よかった点は、人出が少なかったおかげで、待ち時間なしで
シャトルバスやロープウエイに乗れたこと。

蒸し暑い東京を7時に出て、午前10時すぎには、気温12度、
標高2612mの地点に立つことができたのです。
c0128628_1604646.jpg

キバナノコマノツメ スミレ科 Viola biflora 】
まん中の花の唇弁が突き出ていて、全体に長細い感じ。
黄色のスミレは、日本で見たことがなく、珍しかった。
1cmのぐらいの小さい花。
c0128628_161353.jpg

クロユリ ユリ科 Fritillaria camtchatcensis 】
黄色のスミレのそばにクロユリが咲いていた。黒いので、
始めは見落としていたが、目が慣れてきたらたくさん咲いて
いるのが見えてきた。
c0128628_1614837.jpg

北海道のクロユリよりも、中央アルプスのものは、やや色が
薄いそうだ。ユリ科と言っても、じつは、バイモの種類の
ようだ。
学名の類似性から言っても、西洋でよく見るスネークヘッドリリー
(写真下)と呼ばれる園芸種の親類かもしれない。
花弁の鹿の子模様が、なんとなくヘビの肌の模様に
似ていると言われますが、そう見えるでしょうか?
c0128628_162987.jpg

フリチラリア メレアグリス ユリ科 ↑ 
Fritillaria meleagris 英名:snake-head lily】ドイツで
by tamayam2 | 2009-07-30 16:05 | たび | Comments(12)
Commented by nick-1 at 2009-07-30 20:56
ありゃー、こちらでしたか。
雨粒が見えますが、雨は大丈夫でしたか?
こんな天候だと12℃なんでしょうか・・・・やっぱ寒そうですね。
晴れていればもう数度は高いでしょうに。

花は、他にも一杯咲いてたと思います、順々に見せてください。
Commented by 寧夢 at 2009-07-30 23:18 x
少女マンガに庭に黒百合が咲くと・・・という怪奇ものがあって、その印象が強いせいか、心なしか怖い花というイメージが強い。鎌首かどうかは別として、英語で言うと迫力倍増の百合ですね。
Commented by tamayam2 at 2009-07-31 07:56
◆nick-1さん、おはようございます。
駒ヶ根市に来ながら、ご挨拶もせずすみません!(笑)
あの辺は、いいところですね。nick-1さんがうらやましい
です。さて、雨に降られ、写真はあまり撮れなかったの
です。生まれて初めてあんなにたくさん高山植物に
出会えて、呆然としてしまいました。今度は、晴れた日に
出かけたいです。
Commented by tamayam2 at 2009-07-31 08:02
◆ 寧夢 さん、
私もそうです。黒百合とか黒いチューリップと聞くと何か
おどろおどろしい感じを持っていました。この世にこんな
変な色の花があるのにびっくり。これじゃ、チョウや虫に
も見にくいと思われますが、意外にかわいい感じの花
でした。東京は、毎日蒸し風呂のような暑さなので、
こういうツアーに乗ってしまいました。自分で運転しない
で、ぜぇん~ぶお任せというのも気楽でよかったです。
へへへ 明日からいよいよ8月ですね。
Commented by kanmyougama at 2009-07-31 13:42
taamayam 2さんカールめぐりお疲れさん。
「お花畑」・千畳敷カール・・・・・・同窓の仲間3夫婦で訪ねたところです。お花畑を堪能してそれから宝剣岳に。
カールから乗越浄土(ノッコシジョウド)を超えて宝剣へ。
これは難行苦行のコースでした。
いまとなっては二度とないすばらしい思い出です。

駒ヶ根市での一泊の夜は雨・・・・朝もも曇り・・・諦めていたら・・・・なのに突然晴れて決行。
宝剣を降りてカールにかえったころ雲で覆われていて・・・。
これも下山してみて最高に恵まれていました。
もう一度登ることないでしょう・・・・
Commented by tamayam2 at 2009-08-01 09:35
◆kanmyougamaさん、
ああ、こちらにいらっしゃったのですね。お友達とご一緒に。
>カールから乗越浄土(ノッコシジョウド)を超えて宝剣へ
このコースは、友人によると大変きついらしいですね。
その方は、死にそうになった! と言っていました。
でも、天候に恵まれ、仲間もご一緒だったのですから
ラッキーでしたね。文明の利器でシロウトがこういう
高地に行けるとはありがたいことです。そういう僥倖
に恵まれた人は、自然を破壊しないように心して
鑑賞しなければ、と思いましたよ。
Commented by aamui at 2009-08-02 07:37
私も20年前に宝釼に登りました 中学3年の時以来2どめでした ほとんど垂直の岩壁に張り付いてキャーキャー言いどうし 子供たちはへっちゃらでした もう一度必ず行きます キッパリ(^^♪宝釼は勿論パスです
Commented by nenemu8921 at 2009-08-02 07:43
tamayamさん。おはようございます。
まあ、私も今週出かける予定なのよ。
こんなにたくさんの植物に出会えるの!!わあ、たのしみ。
天候が心配ですが。
何か、注意しなければならないことがあったら教えてくださいね。
Commented at 2011-09-29 12:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-01 18:49
♡ HKHSS さん、
そうですか!? 白いものは、見たことがありませんが、
見てみたいです。snake-head lilyというちょっと怖い名前
がついていますが、私は、地味で好きです。HKHSSさんの
お庭は広いのですね。どなたが世話をなさっているのですか。
Commented at 2011-10-02 02:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-02 21:48
♡ HKHSS さん、
そうですか。庭仕事は、切りがないから、ついついやりすぎ
でしまいます。私も以前は、地面に植えていましたが、この
ごろは、鉢植えだけにします。自分のできる範囲で楽しみます。
<< 千畳敷カール(2)草原の主役シ... モノが壊れる日 >>