だまし絵展

先月の末、渋谷Bunkamura で開催中の、
奇想の王国・だまし絵展に行ってきた。
                   展覧会のHPはここ
こういう系統の絵は、昔から好きだ。
マルグリット、エッシャー、ダリ、歌川国芳や北斎も。

今回の展覧会のポスターの表紙に載っている
ルドルフⅡ世の肖像画は、全体が野菜、果物、花から
成っていて、ワクワクさせられた。
c0128628_16274784.jpg

あなただったら、自分の肖像画が、
リンゴのほっぺや、サヤインゲンの眉毛などで
面白おかしく戯画化してあったら、怒りますか?

この王様は、この絵を見て、カンカンになるどころでは
なく、この絵を描いた画家アルチンボルト(Archmboldo)
の着想の奇抜さをこよなく愛されたのだ。

神聖ローマ帝国の王であったルドルフⅡ世(1552-1612)
は、政治には無関心であったが、文化・芸術の
よき理解者であり、擁護者であったらしい。

この作品は、スェーデンからの出品であったが、私は、
2007年にオーストリー、ウィーン美術史美術館で、
アルチンボルトの奇妙な肖像画を三点観て面白く感じた。
たまたま絵葉書が残っていたので、ご紹介しよう。


c0128628_16285899.jpg
【野菜と果物
 原題は夏】











c0128628_16301556.jpg
【海の生物
 原題は冬】











c0128628_16522282.jpg
【木の幹や根
 原題は不明 
  秋かな?】
















魚介類を素材に使った肖像画は、グロテスクで、ぞっとする
ような迫力がある。魚介類を生で食する日本人は、こんな顔
に見られているのではないかと、そっと辺りを見まわして
しまった。

いろいろなタイプのだまし絵が展示されており、だまされて
びっくりしたり、作者の意図を見抜いて得意になったり愉快な
時を過ごした。

一番面白かったのは、逆遠近法という手法を使った現代的アート。
パトリック・ヒューズ(英国人)の「水の都」という不思議な
作品。
どんな作品か、彼のHPでどうぞ。

8月16日まで開催されているようだから、一度だまされて
みては、いかが?
(夏休みに入ると、子供連れで混雑するかも・・・)
[PR]
by tamayam2 | 2009-07-15 16:37 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by あさこ at 2009-07-15 21:35 x
私も、開催早々行ってきました。その日、ちょっと疲れていたので、最後の逆遠近法を見たら、クラクラしてしまいました。危険な絵です。でも、あれ、すごい作品でしたね。
あと、私は、日本のだまし絵が好きでした。浮世絵って、しゃれっ気たっぷりですね。
アルチンボルドの絵をおもしろいと言って許した王様もステキ!
Commented by wakorisa at 2009-07-15 23:06
アンチンボルドの絵,なんとなく見覚えがあります。
私もウィーンの美術館で見たのでしょうか?!
と,全然覚えていないところが,辛いです(大汗)
こういうおもしろい絵を見る機会は滅多にないので,
うちの子どもたちは絵を見る楽しさを知らないかもしれません。
子どもたちの反応を見るのも楽しいでしょうね。
Commented by tamayam2 at 2009-07-16 08:43
◆あさこさん、
そう、私も頭がくらくらしました。危険な絵ですね。
あそこに展示されていた日本の浮世絵の類もとても
面白かったです。日本人と西洋人は、けっこう同じような
ユーモアのセンスがあるのだと思いました。北アメリカの
ものは、精巧にできているけど、あまり面白くなかったです。
Commented by tamayam2 at 2009-07-16 08:48
◆wakorisaさん、
この展覧会には、ずいぶん子供たちが来ていて大騒ぎ
でした。きっと忘れてしまうけど、脳裏のどこかにこびりついて
いて大人になったら、ああ観たことがある。。。とつながる
んでしょうね。この展覧会は、名古屋でもあったようです。
親が好きなものを(押し付けでも)たくさん見て育つといいの
でしょう。私、じつは、まだ宝塚見ていません。ドイツの友人
が来たときには、時間が合わなかったので。
Commented by toti51 at 2009-07-16 20:13
アルチンボルドという名前がなかなか覚えられず、ほら、あの野菜の顔の・・とか言ってしまいます。
上ふたつはよく見ますが、下の二点は初めてです。魚は不気味ですね^^
Commented by tamayam2 at 2009-07-16 21:57
◆ toti51さん、
ルドルフⅡ世はウィーンの政治の舞台を避け、主にボヘミヤ
(今のチェコ・プラハ)に住んでいたのです。アルチンボルドは
お抱え絵師でしたが、その後の30年戦争のせいか、たくさん
の作品が散逸してしまったそうです。私の見たこの3点は、
夏、秋、冬のシリーズで、春の部分が欠落していたようです。
人の老いの最後が気持ちの悪い魚介類・・・らしい。秋も
相当クロテスク。枯れ枝や古根っこのようです。頑迷な
老人を思わせます。植物を観察していても、春夏秋冬
それぞれの表情があるわねえ。
Commented by 寧夢 at 2009-07-17 00:44 x
春先にも似たようなものを見たのですが、小4の娘にはこの手の絵は面白いより気味が悪いそうです。でも、大抵の美術展は付き合って貰っているので・・・。でも、遊び心というには、ちょっと刺激が強すぎるかな・・・。
Commented by nenemu8921 at 2009-07-17 23:30
こんばんわ。面白い企画ですね。
たまには都心まで出かけてみようかな…という気持ちになりました。
こんな絵の原画を見ると、わすれられない体験になるでしょうね(^^♪
ダリをはじめて見たときの衝撃は今でも、まざまざよみがえります。
Commented by tamayam2 at 2009-07-18 07:56
◆寧夢さん、
さあ、いよいよ夏休みですね。ママと美術館へ行ける
お嬢様は幸せですね。分かっても分からなくても、
いいの、いいの。この展覧会に関しては、ちょっと刺激
が強すぎるのね。私が行ったとき、子供がたくさんいま
した。騒ぐのとそれを制する親の声がうるさくて・・(嘆)
仕方がありませんね。
Commented by tamayam2 at 2009-07-18 08:00
◆ nenemu8921さん、
ダリやマルグリット、エッシャーを見ると、発想の面白さ
にうなってしまいますね。日本では福田繁雄、安野光雅
私の孫がもう少し大きくなったら、いっしょに美術館めぐり
をしたいわ。
<< 今日の切手(11):マルタの切手 戦場ヶ原で見た花と虫 >>