戦場ヶ原で見た花と虫

尾瀬に行く前日、奥日光・戦場ヶ原に出かけた。
湯滝から赤沼まで、4、5Kmのウォーキング。

有名なワタスゲは終わりかけていて、ノアザミ、イブキトラノオ
ホザキシモツケ、カンボク、アヤメなどを見ることができた。
c0128628_2272157.jpg

休憩したところで見たノイバラ。思わずシューベルトの曲が
聞こえてきそう。
   ♪ わらべは、見たり、野中のバラ~
 ノイバラ バラ科 Rosa multiflora 】

以下の三つは、たまたま石川県白山に関連がある名前。


c0128628_228182.jpg
【 ハクサンフウロ 
フウロソウ科 
Geranium
yesoemse var.
nipponicum

学名にニッポニクム
があるから、
この亜種は
日本原産
なのだろう。

左の低木は、
ヤチヤナギ
(フトモモ科)
葉にユーカリの
ような芳香
がある。






c0128628_22192728.jpg
【  ハクサンシャクナゲ
ツツジ科 
Rhododendoron 
branchycaroum】

シャクナゲのことを、
英語で
ロードデンドロン
というが、初めて
発音したときには、
舌を噛みそうだった。







c0128628_22122366.jpg

カライトソウ バラ科 ↑
Sanguisorba hakusanensis 】

ワレモコウの仲間、日本原産種で、学名に白山の文字が見える。
文字通り、白山地方で発見されたそうだ。
c0128628_22161530.jpg

【 オカトラノオ サクラソウ科 Lysimachia clethroides 】
モンシロチョウに好かれているユーモラスな花。
トラの尻尾みたいで、かっこいいわね。
c0128628_22164896.jpg

【 クロヒカゲ  ジャノメチョウ科 】
気持ちよい高原の散策が終わって、赤沼に着いたとき、
休憩所の手すりに止まっていた。

うれしかったなぁ~。
こんな素敵なチョウに出迎えられて!
by tamayam2 | 2009-07-13 22:21 | たび | Comments(12)
Commented by 寧夢 at 2009-07-13 23:53 x
カライトソウがバラ科。びっくりです。オカトラノオがサクラソウ科、
何だか不思議な世界ですね。写真と名前の関係が複雑・・・。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-07-14 05:23
おはようございます。
戦場ヶ原も歩かれたのですね。
クロヒカゲが多いところです。

カライトソウも「ハクサン」でくくられるとは学名にお詳しいのですね。
ハクサンを冠する花は多いですね。
一度は登ってみたい山でしたが・・・・
Commented by tamayam2 at 2009-07-14 06:07
◆寧夢さん、
私も意外な組み合わせにびっくりしました。桜もカライト
ソウもバラ科ですが、その共通点は???ですね。
植物学者は、花だけでなく、根、茎、葉、種のつき方
など多方面からチェックするのでしょうね。
ハクサンフウロは、ゼラニュームと同じ仲間ですって!
学名から分かる情報はけっこう役に立ちます。
Commented by tamayam2 at 2009-07-14 06:14
◆kimiko_shibata1さん、
あ、クロヒカゲが多いところでしたか!きれいなチョウだと
思いました。天気がよくなかったせいか、あまりチョウは
お出ましではありませんでしたよ(笑)
石川県の白山は、遠くから見たことがありますが、
高山植物の宝庫のようなところなのでしょう。
学名に関心をもっているのは、海外の植物好きな
友人もこのBlogを見ているからです。和名だけですと、
なかなか通じなくて。キレンゲショウマは、通用しますが(笑)
Commented by kanmyougama at 2009-07-14 10:03
学名の表示・・・大事なことだと思うようになりました。
毎年佐久にいる友人が信州散策を中心に計画してくれます。
高山植物にも興味を持ち始めています。
あとのほうの4種ボツボツ記憶にあるものです。
オカトラノオ・・・しっかり記憶していました。
Commented by tamayam2 at 2009-07-14 10:46
◆kanmyougamaさん、
オカトラノオは、虎の尻尾がみんな同じ方向に向いて
いるんですよ。おかしくて!
佐久にいらっしゃるのですね。aamuiさんもこの間、行かれ
ました。上田にある無言館はお勧めですよ。もういらっしゃ
ったかしら。
ドイツでは、高校から(高等教育を受ける予定の人は)
ラテン語を習います。難しい文法は無視して、単語
でも知っていると、西欧では意外に話が通じることがあり、
私はラテン語に関心をもつようになりました。そういう素養
が少しでもあれば・・・いいなあと思っているのです。
ラテン語は実際に話し言葉として使われることは
ありませんけど。
Commented by credenza at 2009-07-14 23:32
オカトラノオは確か皇居東御苑にもあったように記憶しています。
ラテン語、大学の頃暇つぶしにやりましたがもうすっかり忘れ果てました。少しでも覚えていると役立つこともあるのですが、全くダメです(笑)。
Commented by aamui at 2009-07-15 14:09
ああ野いばらを生けたいなぁ この頃はみなくなりました
Commented by tamayam2 at 2009-07-15 17:14
◆credenzaさん、
あら、東御苑にもありますか?今日は、室内ですでに30度!
出かけるには勇気が要りますね。
梅雨が明けてよかったけど、この暑さ!ふぅ~。
Commented by tamayam2 at 2009-07-15 17:16
◆ aamuiさん、
ほんと!昔どこにでもあったモンが今ないわ・・・・あわわ。
オシロイバナ、ホウセンカ・・・。
み~んな、洒落た洋花ですわね。ふふふ
Commented at 2011-10-03 13:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-03 22:36
♡ HKHSSさん、
オカトラノオがアメリカでは、Gooseneckだって?ほほ、
本当に面白いです。アメリカの大地ではインベーダー扱い
ですか、日本では貴重な山野草の扱いで大事にされて
います。ところ変われば、品変わるですね。
<< だまし絵展 尾瀬で見た花 >>