7月の路上ウォッチング 危険な植物

都内を歩いていると、ゴーヤアサガオなどで
上手に“緑のカーテン”をこしらえておられるお宅を
見かける。陽よけにもなるし、目隠しにもなるし、
最近かまびすしいエコロジーの見地からも
良いことなのだろう。
c0128628_17284985.jpg

こちらのお宅は、↑ 年がら年中アサガオのような濃い青の
花が絡みついている。晩秋まで花が咲き、この家自体
が蔓草に覆われているようだから、宿根花みたいだと
思っていたら、はたして宿根花。

宿根アサガオ ヒルガオ科  Ipomoea indica】   
別名:ノアサガオ、リュウキュウアサガオ
園芸種名:オーシャン・ブルー または、サフィニ・ブルー)
種はできず、挿し木で増やす。葉は、ハート形。
                       豊島区で

c0128628_17305915.jpg

この ↑ トランペットが吊り下がっているような花を最近
都会でよく見かけるようになった。四谷駅前の土手の
傍らにもある。
                 こちらは、渋谷区の町角。

看板、標識、ミラー、郵便ポスト・・・たくさん
立ち並ぶ通学路の角地に、大輪の南国の花が咲きこぼれ
花がらが地面にも落ちていた。

ダチュラ ナス科 Datura metel】
別名:チョウセンアサガオ、曼荼羅華(まんだらげ)
園芸種名:キダチチョウセンアサガオ
       エンジェル・トランペット

江戸時代の蘭学医、華岡 青洲がこの種の植物を使って
日本初の全身麻酔術を行ったことが知られている。

ダチュラの種類は多いが、どれも触ったり、口にすると
非常に危険な植物である。
       (通学路に植えるとは、モノ識らずねえ。)

都会の街路樹の植え込みの中で、うす紫いろの花が
咲いている。 ↓ ジャガイモの花によく似ている。
c0128628_1739434.jpg

 ワルナスビ ナス科 Solanum carolinense】
全身トゲトゲで覆われており、触ることもできない。
繁殖力が旺盛で、毒草。明治時代に北米からもたら
された。要注意外来生物の一つ。  渋谷区で

和名の植物名のつけ方を観察していると、
人間の犯しやすい悪意のない勘違いや、
多少偏見を含む独断もあり、思わず笑ってしまう。

琉球とか、朝鮮や蝦夷という接頭語は、
日本を中心にして考えると、やや亜流の、正統から
外れたという意味があるようだ。
一昔前のどーしようもない旧弊な考え方だと思う。

ワルナスビという名から、よくよく嫌われている
らしいことがわかる。この草を駆除しようとして、苦労している
人々の憎しみがしっかりこめられている。

ダチュラが麻酔薬として使われていたころには、
キチガイナスビという異名もあった。文字通り、
精神障害を引き起こすほどの毒性があるからだろう。

ナス科の植物は、ジャガイモ、トマト、ピーマン、
トウガラシ
・・・夏野菜の代表格だが、大変クセが
強い。共通点は、花びらが一枚ずつ離れていないで、
底が筒のようにつながっている点である。

エンジェル・トランペット(天使のラッパ)などと
呼ばれる園芸種は、ちょっと見には素敵だが、
植える場所や扱い方をよく知っていないと、どんな
悪さをするかわからないぞ~。
外来種が増えすぎると怖いとtamayam2は思っています。
[PR]
by tamayam2 | 2009-07-11 17:42 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by ふく at 2009-07-11 22:47 x
名前も花もきれいだと思ってたのに、ありますよ近所に。有毒と知らせるべきかしら。いかにもなロックバンドのサイトで解説してあるし。園芸品種なんですって。へん!
Commented by nick-1 at 2009-07-11 22:48
おっしゃる通りです。
話は少し違いますが近隣のアヤメの自生地に花しょうぶを植えた馬鹿な関係者がいます、理由がアヤメを見に来た時に花がないと
悪と思ったとのこと・・・
他にもカタクリの自生地の入り口に園芸種のスズランを植えたりと
訳のわからない人が多いです。
きょうも、山に行ったらあってはならないマリーゴールドが咲いていたので、
花を倒してきました。
どうも花さえあれば言いと思ってる人が多いですね。
花一杯運動もいいですが、山際の土手を削って、園芸種を植えるのはいかがなものでしょうか??
そこにはホタルブクロやユウスゲが咲く場所だったのですよ。
Commented by nenemu8921 at 2009-07-12 00:36
こんばんわ。
本当にこの世のあれこれには、首を傾げてしまうことが少なくないですね。
外国産の植物は繁殖力が強いですね。
八幡平ではかなり上の方までフランス菊が繁殖していて愕きました。
ボランティアの方たちが駆除していると聞きました。
在来種の高山植物を脅かしてしまいます。



Commented by kanmyougama at 2009-07-12 07:37
tatayam2 さんの主張に全面的に賛成。
あまりに無造作に植えられているのに驚きです。
夾竹桃なども子供の遊ぶ公園に植えられていますね・・・怖いです。
ヨウシウヤマゴボウも目につきます。
トランペットエンゼルを器の文様にしている方・・・無神経だな・・・・思ったりします。
Commented by tamayam2 at 2009-07-12 07:41
◆ふくさん、
ご近所にお知らせするのは、止めたほうがいいかも。
園芸を愛する人々には、それなりのリクツがあるようで・・・
植物を愛する人、商売する人、環境問題を声高に語る
人、みんなそれぞれにリクツがあるので・・・難しいのです。
ふふふ
Commented by tamayam2 at 2009-07-12 08:27
◆ nick-1さん、
nick-1さんのように自生している植物の姿を求めておら
れる方の眉をしかめさせるような事態が
起きていること・・・帰国してから日本の
”野生植物”がなんか「違う」と感じる点です。
愛好者や環境を守る人たち、村起こしの人々・・・
なんだか噛みあっていないと思うこの頃です。
「花いっぱい運動」みたいなものが怪しいわね。
>花を倒してきました・・・
nick-1さんらしくもない過激なコトはしないでね。
静かに、クールに考え方を語っていくしかない
のかなあと思っています。
Commented by tamayam2 at 2009-07-12 08:35
◆ nenemu8921さん、
じつは、先日、奥日光へ行ってきたのですが、そこにも
白いフランス菊が野生化していました。神社や湖のほとり
に白い花がゆらゆら風に揺れていました。西洋ぽい花だ
なぁと感じました。世の中の変なこと、自分の眼で見て
変なことは変だと言うほうがいいわね(笑)
Commented by tamayam2 at 2009-07-12 08:45
◆kanmyougamaさん、
こういう南国の花は、逞しく、生き生きとしていて
嫌いじゃないのです、じつは。見ているといい感じ
ですが、何も通学路に・・・???と思ったわけです。
そういう都会の変な現象を見つめる路上ウォッチングを
楽しんでいます。ところで、田中 一村の作品に
「ダチュラとアカショウビン」という素晴らしい絵があり
私は、その絵で初めてダチュラを知ったかもしれませ
ん。造形的には、みごとな美しさをたたえた植物です。
このごろ東京も亜熱帯に近くなり、南国の植物が
よく成長するようです。生態の構成が少しずつ変化して
いるのかもしれません。寒冷地向きの植物は、どんどん
縮こまって居心地悪そうですから。
Commented by 寧夢 at 2009-07-12 16:05 x
綺麗な花には棘がある、そして毒も・・・というわけですね。
使い方を間違えると、エンジェルの吹くトランペットを天国で聞く羽目になりそう。くわばらくわばら。通学路に咲いているのは、本当に怖い。そして面白い和名も独断と偏見の歴史の賜物なというわけですね。(苦笑)
Commented by tamayam2 at 2009-07-12 19:24
◆ 寧夢さん、
植物の和名のつけ方は、本当に興味深いです。
漢字のものは、中国からお借りしたのか、読めない、
書けないものもあります。今は、洋物が巾を利かせて
いて、カタカナ語のオンパレード。畢竟、日本人って
外来文化を有り難がる性分があるのかも。昔は、
漢籍、今は、西欧語。ふふふ
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-07-12 20:04
こんばんは
深い視線でのブログ、まったく同感です。
特にエンジェルトランペットには・・・・
名前に惹かれて増えているのでしょうが、毒草と知っている人は何割でしょう?
特に通学路などには・・・・

外来植物をいともたやすく珍重する日本人はよくないです。
ナガミヒナゲシやビロードモウズイカなどどんどん日本の花を追いやっていくのでしょう。
フランス菊も困りものです。
Commented by tamayam2 at 2009-07-13 11:56
◆ kimiko_shibata1さん、
せまい日本、あんまりいじくりまわさないで自然で
行こうよ!と言いたくなります。日本本来の動植物の
真価を知っているのは、外国人だったりして。
kimiko_shibata1さんが日光でごらんになったキレンゲ
ショウマは、ドイツの友人の家の庭にありました。彼らと
学名で話すことが多いのですが、学名がkirengeshoma
ですね。日本原産ではなくても日本人が命名したものです。
ちょっとうれしくなります。
Commented at 2011-10-03 13:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tamayam2 at 2011-10-03 22:47
♡ HKHSS さん、 
>園芸種とは?ハイブリットということですか?
そうです。日本では、今はbiotechnologyで、種から育て
なくても、細胞の断片から子をつくりだすことができるそうです。
そして、なんでもかんでも、新種をつくり、それに、とんでもない
意味不明な名前をつけるのです。だから、原種が何なのかも
だんだんわからなくなります。園芸ビジネスは、きっとお金になる
のでしょう。自然のものがだんだん隅に追いやられていきます。
<< 尾瀬で見た花 覚えきれません >>