上野動物園 その2

上野動物園では、動物も面白いが、植物も楽しめる。

まず、不忍池のハス。今日あたりから花が咲き始めたらしい。
西園の入り口の近くには、メタセコイヤが涼しい木陰を
つくっている。
c0128628_10402487.jpg

池のそばに咲いていた黄色い花は、
ジャケツイバラ マメ科 Caesalpinia decapetala
                        var. japonica】
この花に似ているマメ科の植物を、春にワシントンDCの
植物園で見た。


c0128628_1042953.jpg
カッシア
ディディモポトリア

マメ科
Senna
didimobotrya】

英語では、
Popcorn senna。
たしかに
ポップコーン
のような花
をしている。

アフリカ原産







日本では、センナ茶と言って減量用のお茶になっている
ようだが、もともと下剤としての薬効があるそうだ。
和名で、フタホセンナ とか コヤシセンナとも呼ばれる
ものが同じものか。

c0128628_10443773.jpg

東園の正門近くに、素晴らしい五重塔がそびえている。
周囲を一周することができ、放し飼いにされた
カモ、サギなどの野鳥が見られる。これは、旧・寛永寺
の五重塔で重要文化財。1645年(寛永16年建立)
建物は、立派なのだが、鳥が白いフンを落とすので、
管理が大変だろうと思われた。鳥に重要文化財の大事さを
理解させるのは、無理じゃ~ないの。
c0128628_10453029.jpg

私にとって初めて見たのは、アオギリの花。
アオギリ アオギリ科 Firmiana simplex】
街路樹や公園でよく見かける樹木だが、高いところに
花をつけるので、今まで見る機会がなかった。
甘い香りがしてハチがたくさん群がっていた。

鳥や小動物の檻の中にどんな植物が植栽されているのか、
とても関心がある。

鳥が止りたい木は何か、どんな葉を啄ばみたいのか。
動物園を設計する人は、そういうことも考えて樹木を
配置しているのだろうなぁ。
[PR]
by tamayam2 | 2009-07-02 10:50 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by nenemu8921 at 2009-07-02 21:54
tamayamさん。
ジャケツイバラの写真いいですね(*^_^*)

園内のカモやサギが放し飼いにされているのですか?!
野生のカルガモではなくて…ですか?!





Commented by tamayam2 at 2009-07-02 22:49
◆ nenemu8921さん、
そうなのよ(声を落として・・・言いますけど)普通のカモじゃ
なくて、ちょっと変わった外国の(?)カモらしい水鳥、サギ
がいました。五重塔の中には見物客は立ち入れないので、
そこが彼らの楽天地。立派な塔の高いところに止ってフン
をしていたわ。東園の入り口のすぐ脇ですから、普通の人
ゾウ、白熊などを早く見たくて、五重塔に足を向ける人は
少なそう。行ってみて確かめてみてください。五重塔の右
に日本の野鳥館Iがあるわよ。それも面白かったです。
Commented by 寧夢 at 2009-07-03 03:22 x
黄色い花、一瞬キンエニシダのように見えました。
あ、やはりマメ科の植物なのですね。

青桐の花は白いんだ・・・。
この時期咲く樹の花は、白いものが多いような・・・。
Commented by tamayam2 at 2009-07-03 09:27
◆ 寧夢さん、
お仕事がいそがしそうですね。かーちゃん、ばんがれ!
(これは、私の若き友人の造語)
マメ科の植物は、頑健なものが多いです。エニシダも
江戸年間に渡来した外来植物だったようです。これも、
きっと外来種ですよ。幹にトゲがあり、漢字で書けば、
蛇結茨ですから、へびのようにあちこちに絡みつく
らしいです。この時期白い泡のような細かい花々が
本当に多いです。どれがどれだか・・・・秋になって
実がなって初めて名前がわかるものもあります^^^
<< 行田市 古代ハスの里 上野動物園 マダガスカル館 >>