6月の 路上ウォチング

6月に入って、都内で見た風景です。
c0128628_1011490.jpg

このお宅の小窓には、アイヴィーの古株が絡みついていて、
窓を完全にふさいでいる。アイヴィーがここまで生長するには
相当の年月がかかっただろう。自然のカーテン越しに外を見る
とどんな感じなのだろうか。              新宿区で。


c0128628_1084320.jpg
こちらのお宅は、
冬ごろから玄関の
扉にツタが絡み
ついていて
家主の不在が
感じられた。

6月に入ったら、
扉がツタに
隠れてしまった。
最近は、玄関前に
赤い自転車が
停めてある。

この家を見ると、
なんだか悲しい
気持ちになる。 
 
豊島区で。



c0128628_10102962.jpg

垣根に絡み付いた
ハンショウヅル
クレマチスの仲間。

半鐘と言っても、
最近は都会に
火の見やぐらが
ないから、
ピンと来ない方も
おられるでしょう。

つり鐘(ベル)の形
ですね。 
                         
杉並区で。







c0128628_10115670.jpg

日本橋の近くで見たクリの花。どうしてこんな都会にクリの
木を植えたのでしょうか。ふるさとの景色をなつかしく思っての
ことでしょうか。辺りに独特な香りを漂わせていた。
                                中央区で。
c0128628_10133658.jpg

クリの木のそばのビルの壁面にあった大きい看板。
TBSの木村 拓哉が出演するドラマのCMなのでしょうか。
私には、ぜんぜん意味がわかりまっしぇん!

純粋な日本語でも、純粋な英語でもない、つまり、
だれが読者かわからない広告が多すぎる。広告は、人に何か
伝えるものでっしょうが・・・!
意味がわからないところがカッコいいのよ・・・と言った
fragment(舌足らずの片言の)外国語を平気で使って
いると、外国人の失笑を買いますよ。
c0128628_1014162.jpg

これは、北区で見た青い自転車。路上に停めるのは違反でしょうが、
アジサイと似合っていました。=*^-^*=♪
[PR]
by tamayam2 | 2009-06-08 10:18 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by 寧夢 at 2009-06-08 11:04 x
都会にも探せばたくさん自然がありますね。
最後の写真・・・、アジサイに青い自転車。ちょっとヨーロッパ風の雰囲気。半鐘ヅル、面白い名前ですね。確かに私も言葉のうえだけで知っている半鐘ですが、植物の和名はいつも面白いなあと思います。
Commented by tamayam2 at 2009-06-08 15:47
◆ 寧夢 さん、
私は、漢字が好きなので、植物名の和名、発想や比ゆの仕方を面白く
感じております。ときどき、英語やドイツ語の図鑑も見ていますが、
ふむふむ、そういう発想か!と関心することもあります。
自転車は、写真の被写体としては、ちょっと面白いのです。人が
いないのに、人を感じさせる雰囲気があります。この自転車は、
子供用かな。ちょっと近くだからって、乗り捨てて行っちゃた
んでしょうね。ふふ
Commented by credenza at 2009-06-09 00:15
もうアジサイが咲いているのですね。そろそろ写真を撮りに出かけないと・・・と思いながらも最近撮影はご無沙汰です。
自転車ってちょっと工夫すると絵になりますね。そしていつも大抵同じと頃に同じ自転車が止まっていて、いつも同じ写真を撮っていました(笑)
Commented by toti51 at 2009-06-09 08:14
たいへんですね、家に引きこもっていたら、ドアが蔦で覆われてた,なぁんてことにもなりかねませんね^^
一度廃屋に蔦が絡まって窓を通り抜け建物全体を歪めてしまったのを見ましたが、すごいものです蔦の力って。
うちも気をつけないと今にこういうふうになるかもです。
Commented by tamayam2 at 2009-06-09 11:01
◆ credenzaさん、
お忙しいのでしょうね。ヨーロッパでは、街のちょっとしたモノが
いい被写体になりました。日本では、見慣れすぎていて新し味が
ないのですが、よ~く見れば、何か見つかります。イス、自転車、
乳母車・・・人の気配が感じられて、面白いですね。鎌倉あたり
のお寺のアジサイなら素敵でしょうが、どうも人ごみは避けたく・・・・
うふふ。お元気で!
Commented by tamayam2 at 2009-06-09 11:01
◆ toti51さん、
時折、都会では、こういう無人になった家を見かけます。寂しい
ですね。
私の母がツタの絡まる洋館を夢見ていたことがあって、家がツタで
覆われていた時期がありました。その駆除に、どんなに金と人手を
要したことか。今でもちょっと油断していると芽が出てきます。ほんに
ツタの威力はおそろしか。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-06-09 21:12
こんばんは
おしゃれな写真集ですね。
各区から・・・これもおしゃれ~

でも人が住まなくなった家は淋しいですね。
Commented by tamayam2 at 2009-06-10 03:41
◆kimiko_shibata1さん、
私は、毎週この家の前を通るのですが、いつも寂しい気が
します。都会には、ポツリ、ポツリとこういう家やビルが見られ
ます。路上ウォッチングしながら、いろいろなことを考えます。
自然も人の暮らしも少しずつ変化しているのを記録したくて・・・
Commented by bella8 at 2009-06-10 14:00
最後の「紫陽花と自転車」いいですね~好きです!
ホント、訳のわからない英語の看板やTシャツは恥ずかしいですね。

都会の住宅地を歩いていて思わぬ発見がありますね。

Commented by tamayam2 at 2009-06-11 03:11
◆ bella8さん、
北区は、駒込から本郷へ行く道なんですが、歩道に(おそらく
商店街の方々の手になる?)ミニ花壇が続いています。
アジサイもその一つです。
下町の路地などでも、植木鉢を並べていらっしゃる家があり
ますね。江戸の風情です。
路上ウォチングのときは、コンデジで撮っています。
Commented by あんず at 2009-06-11 20:08 x
あちこちお出かけされてますね。
あじさいと青い自転車がなんだかお洒落な感じできれいです。 
スイスに行く前は北区にいました。
5年ほど住んでいたので、ちょっと懐かしいな~。
Commented by tamayam2 at 2009-06-14 07:58
◆あんずさん、
北区の六義園のわきの本郷通りは、最近、藍染や和服を加工した
ブティックの店などがあり、女性の散歩には楽しいところでした。
あんずさんは、5年間住んでおられたのね。わたしは、昔、この辺で
仕事をしていたことがあったので、懐かしい気持ちで歩きました。

Commented by nenemu8921 at 2009-06-15 00:49
tamayamさん。こんばんわ。
路上ウォッチングも楽しいですね。
歩くtanayamさん、哲学するtamayamさん!!
お会いしたら、話が弾みそう。

以前、コメントいただいたドイツのニワトコのことUPしました。
お時間のあるときに覗いてみてくださいね
Commented by tamayam2 at 2009-06-15 10:12
◆ nenemu8921さん、
お宅のBlog拝見しました。ニワトコのZaft(ジュース)まで手に
入れられたのですね。おいしいでしょ。ドイツでは、愛飲されて
いますよ。ニワトコのてんぷら、アイスクリームなど・・・健康食品
です。それに、どこにでも生えていて丈夫な木です。ありがとう。
<< 再び 上高地へ フェイジョアと ブラシの木 >>