四国で見た樹 オウチ

先週、四国の松山と土佐に出かけた。

天気予報では、雨模様ということだったが、滞在中は、
かんかん照りで、暑いぐらいだった。

松山城のお堀端には、薄紫の花をいっぱいつけた
オウチ(漢字は 楝、古語は アフチ。センダン科)
の枝が涼風に揺れていた。
c0128628_14352573.jpg

高知城の入り口、『板垣死すとも、自由は死せず』の板垣 退助の
銅像の脇にも、樹齢250年と言われるオウチの巨木が立つ。

説明板によると、
土佐ではすべての道路に、旅人がその下で憩えるように
センダン(オウチの別名)を植えていた・・・と。

富田 砕花という文人は、土佐路の印象をこう詠んでいる。

  こごしから 北山越しに来し国の 並木の道は せんだんの花

「栴檀は双葉より芳し」の栴檀(せんだん)は、中国のビャクダン
のことで、オウチの別名の場合は、カタカナでセンダンと書く。

漢字で書くと別の樹木になってしまうので、植物名は、私は
すべてカタカナで書くことにする。

梢の高いところで花が咲いていたので、花を間近で見ることは
残念ながら出来なかったが、ウェブ上で見ると清楚な花だ。
c0128628_14363280.jpg

土佐出身の牧野 富太郎先生は、植物名を漢字で書くこと
によって生じる中国固有種との混同の例をくりかえし
述べておられる。

牧野 富太郎 『植物 一日一題』 ちくま学術文庫

オウチの白い実が数珠のようにたくさんなるから、
千珠→ せんだま→ センダン という訛ったのではないか
という俗説もある。ふ、ふ、さもありなむ。
c0128628_14371498.jpg

土佐に着いてすぐ県立牧野植物園へ行った。五台山という小山
全体が植物園になっており、博士の記念館をはじめ、植物好き
には、終日そこで過ごしたいような場所だった。
c0128628_14373162.jpg

博士が愛したアジサイの類が、山道にたくさん咲いていた。
c0128628_14375356.jpg

イワギリソウ(Opithandra primuloides イワタバコ科)は
初見の花。その他、博士が命名した野草をたくさん見ること
ができて、幸せな午後だった。
by tamayam2 | 2009-06-04 14:39 | たび | Comments(10)
Commented by aamui at 2009-06-04 15:08
良かったね~~『植物 一日一題』って難しいですか?学術書かなあ?
Commented by tamayam2 at 2009-06-04 15:52
◆aamuiさん、
牧野先生は、96歳までご存命でした。この本は84歳の時の
エッセイです。自由気ままに書いていて、え?こんなこと書いても
いいの?と驚くようなことも書いてあります。やや古典ですが、
私のようなシロートには何度読んでも何か発見があります。
おじいさんのたわ言みたいですが、日本の植物学の初期の様子が
よくわかって面白いです。文庫本です。
Commented by nenemu8921 at 2009-06-04 19:39
こんばんわ。
ご無沙汰…と思ったら、ご旅行だったのですね。(^^♪
よろしかったですね。牧野記念館、一度訪れたいところです。
オウチ(センダン)の花と実の画像はnamihei先生のお部屋にたしかありましたよ。
すてきな写真だったので…、印象に強く残っています。
Commented by tamayam2 at 2009-06-04 21:41
◆ nenemu8921さん、
>namihei先生のお部屋・・・で検索してみました。
素晴らしい花、実のお写真が!
2006年の5月末のことでした。やっぱり5月末の花なのですね!
ありがとうございました。
Commented by bella8 at 2009-06-05 09:24
四国にお出かけでしたのね。
矢張り、植物園は外せませんよね。
お天気にも恵まれ素敵な植物にも出会えてよかったですね~(^-^)

イワギリソウが素敵!



Commented by 寧夢 at 2009-06-05 11:05 x
牧野先生の植物園に行かれたのですね。素晴らしかったでしょう!
子どもの頃、牧野富太郎の伝記を呼んで感動し、娘を得てからの高知旅行で(答辞は徳島に住んでいましたから)ここを訪れた時は、本当に感動しました。近ければ何度でも行きたい所です。まして、tamayam2さんのように、植物に造詣の深い方は、尚更興味津々、ゆかしい所だったでしょう。よい旅でしたね!
Commented by tamayam2 at 2009-06-05 12:11
◆bella8さん、
あちこち出かけて、火曜のクラスを2度休んでしまいましたが、
とても楽しんでおります。
小石川で青梅を、ですって!私は、2日前に梅酒を漬けた
ばかりですよ。今、ウチの鼠額大の庭はドクダミでいっぱいです
から、そろそろドクダミローションの準備もしないと・・・。楽しみです。
Commented by tamayam2 at 2009-06-05 12:17
◆寧夢 さん、
寧夢さんの故郷は四国でしたね。私は、四国へ足を踏み入れるの
は、初めて。松山で同窓会があったのですが、足を伸ばして
高知まで行ってよかったです。私も子供の時、牧野先生の図鑑を
もっていました。夏休みは植物採集や昆虫採集で夢中でしたね。
なんだか昔の悠長な時代を想い出します。おばあさんになって、
牧野先生にお目にかかったような気分でした。ふふふ
Commented by echoes06 at 2009-06-06 01:19
栴檀とセンダンは別物なのですか。
う~ん、音は「センダン」なのでややこしいです。
大好きな植物たちを堪能できて幸せな時間を過ごされたようですね。

風邪のほうは、もう治られましたか?
健康にはお互い気をつけましょうね。


Commented by tamayam2 at 2009-06-06 07:46
◆ echoes06さん、
ほんとうにヤヤコシイったらキリがないですねえ。詩歌を愛する
人々が雰囲気を出すために漢字で書いたりすると、混乱がおきる
こともあるので、植物の話をするときは、カタカナがべターです(笑)
先月からの風邪は90%良くなりましたが、まだ変なセキがとれません。
セキをすると、人ににらまれますので、なるべく人が集まる場所には
行かないように・・・クローしていますよ。はい、お互いに気をつけ
ましょうね!
<< フェイジョアと ブラシの木 五月に見た樹 >>