五月に見た樹

先週来の風邪が少し、尾をひいています。今は、人前で
ゴホン!とセキをするのもはばかられる雰囲気ですので、
蟄居しておりました。もう、今週は、五月の最後の週です。

五月には、数えきれないほどたくさんの植物を見ましたが、
都会でも見ましたよ。メモしておきましょう。
c0128628_19562273.jpg

ベニバナトチの木】Aesculus carnea トチノキ科
西欧では、よく街路樹になっており、フランス語では
マロニエ。西洋トチノキ(Aesculus hippocastanum)。

ドイツでは、学名の語尾と同じく、カスタニアと呼ばれていた。
この大木の下で、ビールを飲むのがドイツ人の愉しみ!
このごろは、夏のように暑い日もあるから、ビール 解禁!

銀座にマロニエ通り という通りがあるのをご存知?
そこにグニャっと曲がった素敵なビル(デピアス銀座ビル)がある。


c0128628_19551116.jpg
ビルを撮っていたら、
高い梢に咲いている
ベニバナトチノキが
ちょこっと
写っていた。

この写真では、
見にくいわね。






上の写真でどうぞ。
4月29日 
東京大学構内で。



とても高いところにロウソクのような形の花をつけているため、
たいての銀ブラ族に見てもらえないのです。

五月に銀座・マロニエ通りを通られたら、ぜひ上のほうにもご注目
あれ。
c0128628_1957780.jpg

【ザイフリボク】(Amelanchier asiatica バラ科)
こちらは、日本橋の老舗の店頭にあった鉢植。
采振り木。別名、シデザクラ(四手桜)。

神主様が采配を振るうヒラヒラとしたモノや、
神社で見かける四手(和紙を短冊状に切ったもの)を
思い浮かべてください。

実は、ブルーベリーのようにかわらしいですが、
花びらは、やや長めでヒラヒラした紙のようです。

都会でもけっこう、いろいろな木や実が見られます。

知っていれば見えても、知らなければ、通りすぎてしまい
そうです。
by tamayam2 | 2009-05-26 19:59 | 日々のできごと | Comments(10)
Commented by kanmyougama at 2009-05-27 08:05
おはようございます。
都心といってもマダマダ緑は多いですね。
人が住むところから緑が消えることはないし、そうあってはいけないと思います。
でも確率から見ると緑の少ない砂漠に見えますね。ごめんなさい。
そんなでもtamayam 2さんの目にはいろんな珍しい木々や植物が留まりますね。
これも楽しみの一つですね。
Commented by kimiko_shibata1 at 2009-05-27 13:40
こんにちは
都会の自然も素敵ですね。
りきんでいないところが素敵です。
tamayam2 さまのお人柄でしょうね。

銀ブラでは出会いませんが、都会の公園や東御苑で初めて知った花がありますよ。
次回はウインドウとともに上も注意しましょう。

どうぞお大事に!
Commented by echoes06 at 2009-05-27 14:32
マロニエってベニバナトチノキのことなんですね。(知らなかったです。ああ恥ずかしい。)
二枚目のビル、おもしろいですね。
ぱっと見たとき「なんじゃ、この建物は」って思ってしまいましたわ。
Commented by tamayam2 at 2009-05-27 15:03
▲ kanmyougamaさん、
東京は、緑が少ないとは言えよ~く探せば、何かあるのですが・・・
植物の元気が今ひとつ。地方に出かけると、緑はツヤツヤ、花色は
鮮やか、くっきり!やっぱり、空気と太陽の光が違うのでしょう。
南のほうの元気の元のお野菜をいただいていま~す。
Commented by tamayam2 at 2009-05-27 15:08
▲ kimiko_shibata1さん、
栃木の公園のことなど、私が行ったことがないところの自然を
見せてくださり、ありがとうございます。植物、昆虫・・・どれもこれも
心弾むものたち。私のような小母さんは、少数派だと思っておりました
が、同好の士がおられた!(*'▽'*)♪ 驚きです。
Commented by tamayam2 at 2009-05-27 15:27
▲echoes06さん、
大阪の水辺の写真など、楽しませていただいています。東京の
銀座は、最近変わった建築物が増えて・・・建物watcherには
面白いところですよ。このグニャリとしたビルは、中でも絵になるの
です。普段は、植物しか写さない私ですが、銀座に出ると建物、ショー
ウィンドー、道行く人々を狙っています。
インフル騒ぎがやや沈静化してホッとしております。騒ぎすぎじゃ~!
大阪人は、いつものように元気いっぱいにやってください。
Commented by aamui at 2009-05-28 16:48
tamayamさん とちのきがマロニエとは私も知りませんでした 母が大昔 パリのお土産にマロニエの実をくれたのに あれは何処に行っちゃったのか・・・・・今日は息子が良いhpを教えてくれました これはtamayamさんが喜びそう!とおもいました 
http://ze-ph.sakura.ne.jp/index.html
Commented by tamayam2 at 2009-06-01 06:29
▲aamuiさん、
いいサイトを教えていただいてありがとう。早速見てみました。
♪ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!! チョウや虫が好きなので、うっとりと
眺めましたよ。いい坊ちゃんがおられてウラヤマシ!ありがとう。
日曜日に旅行から帰京しました。
Commented by あんず at 2009-06-01 21:25 x
マロニエだ。 懐かしいです。
四手桜は祖父母の家にありました。
祖父はわたしが学生の頃に鬼籍に入り、祖母は先月、祖父の元へ参りました。

植物音痴のわたしが、今回はふたつとも知っている樹でした。
Commented by tamayam2 at 2009-06-02 08:00
▲あんずさん、
わぁ~!よかった。あんずさんにとって懐かしい思い出の樹で。
マロニエは、西洋ではよく見かける木ですね。私にとって何故か
その下でビールを飲む・・・という無粋な経験が鮮明なのですが。
お元気で。
<< 四国で見た樹 オウチ 高尾山で見た植物たち >>