映画『阿弥陀堂だより』のロケ地

ドイツにいたころ、訪問者が、読み古しですが、よろしければと、
置いていってくださった文庫本に、南木 佳士(なぎ けいし)と
いう方の小説があった。

私は筆者が信州のお医者さんで、芥川賞を受賞者ということも
知らず、読み進んでいくにつれて、信州の田舎の情景描写や
登場人物の気持ちの動きに、日本人らしい繊細な思いが感じられて、
すっかりこの作家の文章にひきこまれてしまった。

南木さんの書かれたものなら、何でも読みたいと思って探したが、
何しろ筆者は、うつ病なので、そう多作ではないのだ。

お医者さんでもうつ病になるのだなあ、驚いたり納得したりした
ものだ。
生死に関わる患者さんを数多く看ておられると、出版社や読者の
要求に応じて器用に新作を次々にとは行かないのだろう。

先週、信州の友人に誘われて7年に一度の善光寺御開帳のお朝事
いうものを経験した。その帰り、松本市を北上して飯山市の
阿弥陀堂付近を散策した。そこが、 映画『阿弥陀堂だより』(2002年)
のロケ地ということであった。
c0128628_18552923.jpg

車で行けるところまで農道を通り、後は阿弥陀堂まで徒歩でいく。
その辺りは、アスパラガスの栽培農地で、お地蔵様が立っている。
遠くには棚田も見える。堂に上がると、中に阿弥陀仏が鎮座まし
まし、映画のスチール写真がおかれていた。
縁側に腰を下ろして外を眺めれば、千曲川の流れが菜の花畑の向こう
にかすんで見えた。
c0128628_18555812.jpg

阿弥陀堂付近の農道では、イチリン草(写真上)、オドリコ草、
クルマバ草、チゴユリ、クサノオウ、ケマン草、マムシ草など
咲いていてこころが踊った。

c0128628_18563537.jpg

堂の裏手ではウワズミ桜が穂状の花を揺らし満開であった。
なんという平安な空間!
c0128628_18573421.jpg

これは、道端で見たウスバシロチョウ(アゲハチョウ科)。
ちょっと人面みたいね。食草は、紫ケマン草とか、うべなるかな。

帰りにビデオ屋さんに立ち寄り、映画『阿弥陀堂だより』の
DVDを借り、仮寓で見た。

アカデミー賞を受賞した『おくりびと』では、都会での夢に
やぶれた青年が東北地方の郷里に戻ってきて自分を取り戻す
ストーリーだった。その映画のように帰るべき故郷を持っている
人はそう多くない。この『阿弥陀堂だより』でも、仕事の重圧に
バーンアウトした(燃え尽きた)女医の話が中心になっている。

同じ日に実際に見てきた光景が映画の中で再現されるのを
不思議な面持ちで観た。
寺尾 聡、樋口 可南子、北林 谷栄らが好演している。

自然に任せてのんびりと暮す生き方は、今ではだれもが簡単に
手に出来るものではないが、どんな薬にもまさる治療薬である
ことは間違いないだろう。
by tamayam2 | 2009-05-20 19:04 | たび | Comments(14)
Commented by nenemu8921 at 2009-05-21 09:10
いい旅をされましたね。
トップの画像すてきです。
善光寺のご開帳ですか。大掛かりなもののようですね。
信州は古きよき日本の景色があちこちに残っていて、なつかしく感じるところですね。
Commented by tamayam2 at 2009-05-21 15:13
▲nenemu8921さん、
ご開帳は、寺の宿坊に泊まって早朝に見たのですが、荘厳な
儀式でした。信州の山々には、まだ残雪が見られるものもあり、
本当に今の時期美しいと思います。私も多くの東京人の一人
で、ふるさとがないのですが、信州に来るとなんだかほっとして
しまいます。
Commented by aamui at 2009-05-21 22:54
宿坊に泊まるのは格別の雰囲気がありますね 私も6月に同級会がありゆっくりしてこようと思っています 今から愉しみです 阿弥陀堂便り見てみよう!
Commented by tamayam2 at 2009-05-22 09:31
▲aamuさん、おひさしぶり!例のカイカイは治りましたか?
映画「阿弥陀堂だより」は、きっとVTR屋さんにありますよ。
静かないい映画でしたよ。ぜひごらんになってください。
Commented by wakorisa at 2009-05-22 09:50
山育ちだからか,やはりこういう景色を見ると,ほっとします。
信州はいいですねえ。
家にこもってばかりいないで,tamaymさんみたいに自然の中に出かけなくちゃ・・・!
Commented by tamayam2 at 2009-05-22 11:33
▲wakorisaさん、
そちらは、インフル騒ぎはいかがでしょうか。子供たちの学校が
休校になったら、お母様がたは大変ですね。早くおさまってほしい
ですね。wakorisaさんは、山育ちだったのですか?!
母上が園芸関係のお仕事でしたよね。そう、都会生活は便利です
が、なんだか疲れますね。信州を自分のふるさとと勝手に思って
いるんですよ。土地の方は、都会の物好きと思っていらっしゃる
でしょうが。。。。
Commented by あんず at 2009-05-22 19:51 x
自分にもし、夢があって、その夢が破れたときに帰る場所、帰りたいと思う場所って
わたしには ありません。 思いつきません。
だから、たぶん、そういう体験をしたら きっと、誰も自分を知る人のいない土地に行くでしょう。
それは こんな風な 田舎 なのかなぁ・・・
田舎暮らしは拝見する分にはいいけど、自分には出来そうにないな
と 思ったり。。。
自然はいいな とは感じるんですけれど。
Commented by tamayam2 at 2009-05-23 09:02
▲あんずさん、
どこかへ帰るって、安易な方法かもしれませんが、やはり、帰る場所、
こころが安らぐ場所があれば、幸せですね。かつて日本人は、
たいていは、ふるさとをもっていたものですが、今では・・・・うむむ。
われわれのように、あちこち移動している者は、住めば都、そこが
故郷と腹をくくる必要があるかな。ふふふ。
Commented by nick-1 at 2009-05-24 17:59
御開帳に行かれましたか・・・
実は私も10日に同級会の一次会で行ってきましたよ、地元にいながら
初めて、今行っておかないと次回がわからないですからね。
お互いにご利益を期待したいものです。

阿弥陀堂付近でイチリンソウが咲いてましたか、やはり田舎ですね。
私は今年やっと会えたとこですよ。

ウスバシロチョウも良く見かけますが、ハルジオンやヒメジオンにも群がってるますね。
Commented by tamayam2 at 2009-05-24 18:44
▲nick-1さん、お宅のBlogでちょうど、一日ちがいで同じところ
にいたことを知りました。ニアミスでしたね。精進料理がおいしく、
お坊さんのご案内でとても貴重な経験をしました。3時起きした
せいか、ちょっと風邪を引きました。

飯山市は、一度も足を踏み入れたことがありませんでしたが、いい
所でした。長野県って、南北にも長い県なのね。まだまだ知らない
ことがいっぱい。nick-1さんのページでスミレのあれこれ楽しんで
います。私は、一応は撮るのですが、どれがどれだか、さっぱり
名前がわかりません。スミレのことは、もっとお勉強しなくちゃ。
nick-1さんの写真で勉強しま~す。よろしく。
Commented by Yozakura at 2009-05-26 16:57 x
Tamayam2さま
 私の書き込みが歓迎されている模様なので、引き続き図々しくも、
こちらにもコメントを付けておきます。

> 何しろ、筆者(南木佳士)は鬱病なので、そう多作ではないのだ

 彼の作品には、鬱病人や、鬱気味の人物などが、様々な性格
や経歴を携え、多彩なプロフィールにて登場します。

 彼の作品の中では、比較的よく読まれている自伝的な小説に
《医学生》があります。これは、自身が都立・国立高校卒業後の
初めての大学受験に失敗し、一浪後の入試で第一志望校に不
合格となり、
 失意の裡に受験した国立二期校の秋田大学医学部に「不本意
にも」合格。新設の無名の二期校医学部にイヤイヤながら入学
した自分自身の挫折に基づく、「等身大の自伝小説」です。

 この小説中でも、「嗚呼、何と云うことだ!二期校に合格してしま
った!!それも、田舎もド田舎、豪雪の田圃の真ん中に校舎がある
だけだ!!!」と云う調子で、
(字数過剰のため、後半部を割譲します)
Commented by Yozakura at 2009-05-26 17:01 x
(後半部分です)

 主人公の冴えない日々が、飾ることなく陳述されていくため、
確かにパッと見栄えはしないのですが、時間の経過と共に
生活環境も変化し、医学生から青年医師へと変貌していく
過程が、医学部の学習事情にも疎い部外者にも、腑に落ちる
様に分かり易く叙述されていく展開には、確かな説得力が
あります。
 医学生や、自分の進路や職業選択を懐疑している人々
には、馴染み易い小説かと思われます。

 但しTamayam2さん、私も一介の読者に過ぎないので
あり、南木の小説は数冊しか読んでいませんから、彼の鬱的
な性格が、昔から幼少の頃より胚胎していた個人的・生得的
なものなのか、それとも、大学入試に失敗し、第二志望の雪国
の二期校で鬱々と暮らした6年間で植え付けられたものか、
その点は不明です。

 ただ、南木は生きるのが実に不器用で、ヘタで、そうした自分
自身の性格や志向に自分で向き合い、その下手さ加減を丹念
に綴ろうとする手法が、彼の創作の原点であり、そうした生き
方が、読者からの共感を呼んでいるものと、推測しております。
(字数過剰に就き、更に割譲します)
Commented by Yozakura at 2009-05-26 17:04 x
(第三部です)

 上述しました《医学生》でも、亦、Tamayam2さんが御覧に
なった映画《阿弥陀堂だより》でも、不器用な人間の愚直な生
き方がテーマとなっています。そんな処が、Tamayam2さん
の心の琴線に触れたのではないでしょうか?

 また、珍しい植物を紹介して下さい。お元気で。
Commented by tamayam2 at 2009-05-26 20:28
▲Yozakuraさん、
そうなんですね!不器用な人間の愚直な生き方がテーマ・・・それを
筆者が淡々と語るのですが、よく理解できるのです。TVなどを見ている
と世間には躁の人が多いように見受けられますが、私はうつの人と
話すほうがほっとできるみたいです。ふふふ

<< 高尾山で見た植物たち 高尾山でウマノスズクサに出会った >>