高尾山でウマノスズクサに出会った

c0128628_1401076.jpg

いつも気になる植物がある。それは、ウマノスズクサ
花の形が馬の首にかける鈴に似ているとか、
楽器のサキソフォン? はたまた、
海にいる生物のタツノオトシゴ?
いろいろに形容されている。西洋人は、パイプの形に
に見立てている。
c0128628_142155.jpg

昨日(9日)、高尾山の山頂近くの山道でこの植物に
出会えて、とてもうれしかった。
オオバウマノスズクサ(大葉 馬の鈴草)
(ウマノスズクサ科Aristolochia kaempferi)

ドイツでも、イギリスでも見たことがあるが、日本では
初めて。
          過去ログ:キュー・ガーデンにて

先月訪れた米国のワシントンDCの植物園でも見た。
c0128628_1424778.jpg

これは、名札がなかったが、Aristolochia gibertii  か???
植物というよりは、爬虫類のようではないか。
c0128628_143726.jpg


この花は、形の異常さが示すように食虫花で、ハエのような昆虫
を体内に閉じ込める。また、ジャコウアゲハの食草として有名。
この毒草を食べて育つチョウは、体内に毒素を持ち、天敵である
鳥から身を守っている。高尾山にも黒いアゲハがふらふらと飛ん
でいたが、ジャコウアゲハだったのだろうか。

植物、昆虫、鳥・・・などの連鎖の関係は複雑でよくわから
ないことが多いが、このユーモラスな形の蔓草を見ると、
まことに自然界の巧妙な駆け引きに感動を覚える。
c0128628_1435690.jpg

もう一つ、うれしかったのは、ホウノキ(朴の木)の大きな花を
見たこと。この木は、大木なので、ふつうは高い位置で開花する。
眼近に見ることがなかったが、モクレンに似た清々しい香りが
すると思ったら、モクレン科でした。下は、つぼみ。
c0128628_1442948.jpg


日本では、下駄や将棋の駒を作るのに使われるとか。
高山地方で、朴葉味噌や朴葉焼きを召し上がった方も多いのでは
ないでしょうか。味噌を包めるほどの大きな葉っぱです。

韓国の方の半数以上は、金さん、李さん、朴さんのいずれかと
聞いたことがあります。私の知り合いにも、キムさん、イーさん、
(リーさん)、バクさんがいらっしゃる。

朝鮮半島にもこの木が多いのだろうか、今度うかがってみよう。
[PR]
by tamayam2 | 2009-05-10 14:05 | たび | Comments(10)
Commented by aamui at 2009-05-10 18:17
こんにちは 高尾山は混んでいませんでしたか このお写真からは静かな山の冷気がしますが・・・・馬の鈴も怖い顔の食虫花も見たことありませんでした
Commented by tamayam2 at 2009-05-10 22:41
▲ aamuiさん、
木、金と雨にたたられ、久々の好天でしたから、混んでいましたよ。
私は、できるだけ人が集まっていないところを中心に歩きました。
いろはの森、日影沢への山道は、ほとんど人に会いませんでした。
イノシシがいるらしいので、注意して歩きましたよ。
Commented by あんず at 2009-05-12 21:32 x
馬の鈴・・・
のんびりした田んぼのあぜ道を馬子さんと仲良く通る足の短い馬。
向こうの山には日が沈む・・・なんて情景を描いてしまいましたが
なんか雰囲気違う草ですね(笑)

以前いたアフリカの国で、典型的な食虫植物を見ました。
サキソフォーンの口の中に蝿をつかまえて食べる草です。 
漫画のように人を襲いそうで・・・恐かったです。
Commented by echoes06 at 2009-05-15 15:54
高尾山は人気スポットのようですね。
自然界は不思議です。
昆虫と植物の関係は特に。
花の蜜がなければ昆虫は存在しないし、昆虫がいなければ花は受粉しない。
どちらが先に地球上に現れたのでしょうか?
たぶん同時に現れたとしか思えないのですよ。
考えれば考えるほどわからなくなりますわ。

朴さんと朴ノ木との間に何か関係があるのかどうかは知りません。
朴葉みそはご飯のお供にばっちりというのは知ってますけど(^^)
Commented by tamayam2 at 2009-05-17 15:51
▲あんずさん、
あなた、昔スイスの牧場でお馬の親子の写真をUpされたわね。
覚えておりますよ。この蔓草は、そんな、のどかなものじゃないみたい。
毒草ですし、チョウの食草なので、わたしゃ、気になってしかたが
ないのです。こんなものに興味をもつなんて!バッカみたいでしょ。
あなたがアフリカ某国でご覧になったのは、ウツボカズラの種類で
しょう科。形がサキソフォーンみたいなのね。一旦中に入ったら
最後抜け出せないのね。可哀想な虫さん。そういうのも、怖いけど
見たい・・・っていう心理。日本は、そろそろ蚊やハエのシーズン
です。庭に出ると蚊に食われるので、ウツボグサを吊るそうか・・・
なんて思っておりますよ。
Commented by tamayam2 at 2009-05-17 15:55
▲ echoes06さん、
都会の中の造形美・・・あっちこっちで、おもしろいアングルを
探しておいでですね。楽しませていただいています。
私も植物ばかり撮らないで、人物や街並みなどを狙いたいの
ですが、気が小さいのか、ちゃちゃっと撮って、その場から
逃げ出しちゃいますので、ロクな作品になりません。ふふふ
Commented by echoes06 at 2009-05-17 20:11
いえいえ、植物を撮るというのも楽しいと思いますよ。
ファインダー越しに見ると、それまで気づいてなかったことを発見したりす
ることもあるでしょうし・・・
人物は撮る前にニコッと微笑めばたいていOKです。
もちろん撮らないでと拒否されることもありませけどね(^^)
Commented by toti51 at 2009-05-17 20:16
ウマノスズクサってジャコウアゲハの食草らしいですね。
近くで見つける事が出来たらぜひ植えたい食草です。
Commented by tamayam2 at 2009-05-19 11:23
▲echoes06さん、
>人物は撮る前にニコッと微笑めばたいていOK・・・
そうですね。ニコッという笑顔をもらえたら、しめたものですね。
お祭りなどだと、みんなリラックスしていて撮りやすいです。
これからはポートレートに挑戦するかな。
Commented by tamayam2 at 2009-05-19 11:26
▲ toti51さん、
そうなんですよ!チョウwatcherとしては、ぜひぜひ導入したい
蔓草です。園芸屋ではうっていないでしょうね。丈夫そうな、そこら
へんに生えている雑草のようなものです。蚊やハエを食べてくれそう
だし、いいこと尽くめなんですけどね。
<< 映画『阿弥陀堂だより』のロケ地 フラワー・カーペット >>