フラワー・カーペット

4月29日、銀座に出かけた。連休の後半は、雨に
降られたが、この日は、半そででちょうどいいくらいの
上天気。
松坂屋デパートのわきから、みゆき通りに入ると、
なんだ、なんだ! チューリップの花びらを
敷き詰めたフラワー・カーペットができていた。
c0128628_1012129.jpg

この花びらは、富山から運ばれてきたそうだ。
緑の部分は、針葉樹の葉っぱを使っていた。
富山県は、チューリップの球根の生産県なのですね。
もう何年も続いている行事らしいけれど、あまり知られて
いないのはちょっと残念。
c0128628_1021088.jpg

フラワー・カーぺットと言えば、ベルギー、ブリュッセル
で二年に一度ごとに開かれるショーがみごと。

私は、2004年8月に、赴任したばかりのケルンから
出かけた。ケルンからタリスというフランスの特急に
乗って2時間余り。お目当てのフラワーカーぺットは
市の中心にあるグラン・パラスの石畳みの上に敷かれている。
この広場は、市庁舎をはじめ、ハンザ同盟の商館の荘厳な
建造物でぐるりを囲まれている。ここに佇めば、人はだれでも
この広場で展開された、さまざまな歴史的できごとに思いを
馳せずにはおれない。まばゆいばかりの生花で作られた
巨大な造形に、人々は声もなく時を忘れて佇んでいた。
c0128628_102327.jpg

材料の花びらは、チューリップではなく、ここでは、
大量の球根ベゴニアの花びらが使われていた。
色の鮮やかなこと!おそらく、お隣のオランダから集めて
来たのだろう。これだけのカーペットに敷き詰める花びらの
量は、半端ではない。雨が降ったらどうするのだろうか。
2008年のフラワーカーペットの様子は、
当時ブリュッセルに住んでおられたBlog仲間のcredenzaさんの

過去ログでどうぞ


偶数年にベルギーに訪れる計画のある方は、8月中旬の
フラワー・カーペットをお見逃しなく。

みゆき通りの街路樹は、ヒトツバタゴ。
ちょうどこの日、梢近くに、白い優雅な花が満開だった。
人々は、地面のカーペットに見とれて、この目立たない花に
関心を寄せる人は少なかった。もったいないわね。
c0128628_100437.jpg

ヒトツバタゴ(Chionanyhus retusus モクセイ科、
別名、ナンジャモンジャの木)
[PR]
by tamayam2 | 2009-05-08 10:05 | 日々のできごと | Comments(14)
Commented by toti51 at 2009-05-08 11:40
こんな催しがあるんですね。知らなかった。
これは、花びらが敷いてあるだけなのですか?風が吹いたらどうなるのか、など余計な心配を。。
ベルギーのは圧巻ですね。球根を作る為には何でもみな花は咲いたら摘み取るといいますものね。こうした形でそれを利用するのはいいことですね。
銀座の並木がヒトツバタゴとはこれまた驚きです。いいですねぇ、夏も日を遮って涼しそう。 神戸がタイサンボクを植えているのにも感激しました。
Commented by tamayam2 at 2009-05-08 17:41
▲toti51さん、
風がふいたら、雨が降ったら・・・どうするのかしら。私も同じこと
を考えました。チューリップの球根を太らせるためには、花序を
摘み取るようですね。
銀座の並木は、ヤナギとばかり思っていましたが、みゆき通りの
管理者は、粋ですね。ヒトツバタゴは、貴重な樹木の一つだと
思います。
Commented by kanmyougama at 2009-05-08 22:23
こんばんは。
花のカーッぺットすばらしい。僕が始めてtamaya 2さんの外国の花のカーッペットのことでした。

2週間の個展が終わって工房にたどり着きました。
アメリカ旅行からあとがつながりませんで、妙な風邪のことも気になっていました。
宿題にはもう少し時間ください。これからです。

Commented by asako at 2009-05-09 02:13 x
え~~、銀座で? 知らなかった! もっと宣伝すればいいのに~~。
10年ほど前、GWに富山の友人の家に行き、チューリップ公園(だったかな?)に連れて行ってもらいました。球根を取るために、花をどんどん切っていて、それを勝手にもって行っていいというような場所があったので、ビニール袋2杯分ぐらいもらってきて、色とりどりのディスプレイを楽しみました。あんな贅沢したことなかった。
Commented by nenemu8921 at 2009-05-09 08:21
わあ。いいな。見てみたいです。
チューリップの球根を太らせるために花をきるということは聞いていましたので、
私も今年はチューリップをベランダのプランターに植えて咲くそばから次々切って、
部屋に飾りました。
すごくゴージャスな気分でしたよ。
なんじゃもんじゃの木は粋な計らいですね。
銀座で見たことがありません。
野原ばかり行かないで、時にはひるまの銀座にも行ってみよう(^^♪
Commented by namiheiii at 2009-05-09 09:44
濃いブルーをバックに白いヒトツバタゴ、やっぱり銀座は洒落ていますね。違う花のようです。もう遅いかな?今年もヒトツバタゴを見損なってしまったようです。
Commented by credenza at 2009-05-09 10:12
銀座にもフラワーカーペットがあるとは知りませんでした。
やはりもう少し大きな規模で見たいですね。
リンクありがとうございました。
Commented by あんず at 2009-05-10 00:52 x
ブリュッセルのはハナシにはよく聞きますが、銀座のは初めて知りました。
着物のご夫婦がいかにも「銀ぶら」って雰囲気で素敵です♪
ナンジャモンジャノキってこんなおとなしい感じなんですね。
Commented by tamayam2 at 2009-05-10 14:19
▲ kanmyougamaさん、
そうでしたか!credenzaさんのところから、いろいろのBlog仲間
につながりました。いい友人に恵まれてうれしいです。
個展を終えられてほっとなさったでしょう。少しお休みしてくださいね。
Commented by tamayam2 at 2009-05-10 14:22
▲asako さん、
私も全然しらなかったのです。毎月定点撮影のごとく、銀座に
ふらりと立ち寄り、ビールを飲んでくる怠惰な生活をしております。
ふふふ。
チューリップでも、バラでも花束を呉れるんなら、どこでも飛んで
いくぞぉ!
Commented by tamayam2 at 2009-05-10 14:26
▲nenemu8921さん、
はい、はい、我々はどっちかと言うと野原を駆け回っている人たち
ですよね。ときどき、銀座にもお出ましください。あそこは、なんと
言ってよいか、大人の町で、新宿、渋谷にはない落ち着きがあり
ます。何にも買わないのですが、なんだか幸せな気分になるん
ですよ。ふふふ
Commented by tamayam2 at 2009-05-10 14:29
▲ namiheiiiさん、
このバックは、みゆき通りの素敵なお店の日よけフード(?)幌の
ようなものです。細かい白い花びらをうまく撮れなくて・・・青い幌を
バックに持っていきました。涼やかないい木ですね。
Commented by tamayam2 at 2009-05-10 14:31
▲credenzaさん、
リンクをさせていただきありがとうございました。グランパラスの
ビアホールで飲んだビールのおいしかったlこと!懐かしいですね。
Commented by tamayam2 at 2009-05-10 14:33
▲あんず さん、
よくぞ、気づいていただきました!銀座を通る人々、みなうつくしき・・・
本当に着物姿の粋なご夫婦でしたよ。洋装の男女もなかなか、でした。
密かに人物ウォッチングを楽しんでおります。へへへ。
<< 高尾山でウマノスズクサに出会った タミフルの原材料、トウシキミ >>